🐈修羅場🐈


    669

    116: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/08/10(日) 13:52:36.15 0
    叩かれるのは覚悟の上で

    我が家はネトゲで知り合い、それから色々経て結婚したゲーマー夫婦
    付き合ってた頃は、お互いの家に行ってゲーム:外でデート=9:1ぐらいだった

    結婚を機に私は仕事を辞めて専業主婦になり、夫の分も頑張るようになった(Lv上げを)
    直に子供が生まれたけど、子供の世話する時間以外はずっとネトゲ
    してた人ならわかると思うけど、一度パーティーとか始めると手を離せなくなる
    なので子供が泣いてもちょっと待ってね、と後回し


    子供が2歳の夏、夫の夏休みに夫婦揃ってネトゲをしていたら、ふと見ると


    633

    450: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)14:38:35 ID:Rli
    10年以上前で記憶が曖昧
    中学生の時自宅の電話に「芸能界興味ありませんか?」とかかってきた
    漠然と声優っていいなー思っていた私は興味があると答えた
    じゃあ会ってみてやっていけるか見極めようという事で後日会うことに
    両親には反対される可能性.があるから内緒にするように言われた
    ドーンと売れてから告白すればいいような事を言われたと思う



    604

    804: 名無しさん@HOME 2012/09/27(木) 22:58:36.28 0

    障害者のある人に関する(?)修羅場
    もしかしたら気分が悪くなるかもしれないんで、嫌な人はスルー


    前の会社に中途入社した私(女・23歳)
    そこに知的障害のA(男・25歳)がいた。
    最初は普通に接していたが、どうやらAが私のことを好きになったらしく
    「○○さん(私)、彼氏いるんですか?」とか
    他の人に「僕は○○さんが大好きです!」とか言うようになった。

    まあそこまでは別によかった。

    でも段々と行為がエスカレートしていって
    ・与えられた仕事もせず、私を凝視する
    ・私が席を立てば、後をついてくる
    ・私が近くを通り過ぎると奇声を上げながら、残り香(?)をふんがふんが嗅ぐ
    (その後は「イエェエエス!イエェエス!!」と雄叫びを上げる)

    極めつけは、
    私がお昼休みに自分の机で昼寝をしていた時、
    なんか耳元に気配を感じると思って顔をあげたら
    Aが私の髪のにおいを嗅ぎながら
    ハァハァと荒い息づかいで、自家発電(モノむき出し)


    591

    638: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/06/03(水) 10:30:09.65 ID:XY8vGObN.net
    昔、腹部の手術をした

    縫合が悪いのか変な場所からもジワジワ出血が続くと伝えたら
    担当医がミスじゃないと怒鳴りこんできた
    暗に“謝罪しないと今後治療しない”と言われた
    ムカついたので、謝罪せずに過ごした

    病院内を普通に歩きまわり
    外来を通って頻繁に売店にもいった

    担当医は偉い立場だったらしく
    担当医が問題無しと言っている以上、問題無しらしい

    2日後くらいには真っ赤なパジャマで出歩く私は目立った
    しかし、私が謝罪しないので誰も止血できない
    外来患者らのヒソヒソ話は止まらない

    1週間目くらいに、部下らしき医者が縫合させてくれと頭下げに来た
    担当医本人に頭下げさせたかったが
    さすがにフラフラで危険を感じ始めていたので折れた

    1週間、血みどろのパジャマを着替えられなかったのが愚痴
    グロい姿を見せつけられた周囲の患者に申し訳ない


    574

    907:恋人は名無しさん2011/01/29(土) 23:13:32ID:lcviJTwp0
    文才無いんで簡単に投下。

    俺27歳、彼女34歳。
    婚活サイトに何となく登録して、そのうち彼女と知り合って付き合いだした。
    『まぁまぁ美人だけど齢を喰い過ぎているから結婚相手には不適だな~』
    と思いつつ、会ってすぐやらせてくれたし面倒な事もあまり言わないでそのまま
    ズルズルと約半年愛想良く応対しながら風●行く代わりに付き合っていた。
    ある週末、いつも通りやり終わった後いきなり唐突に彼女から
    『もうそろそろ、私の親に会って欲しいんだけど・・・・』
    と言われたんだけど、そのつもりが皆無の俺は
    『えっ、なんの話なの。 俺貴女と結婚したいとか言った事あったっけ?』
    と簡単にかわして
    『俺、明日用事があるんで帰るわ』
    と、彼女を速攻出て月曜日の昼休みに彼女に対してさよならメールを送信&受信拒否。


    562

    960: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)02:04:28 ID:KCT
    私は実の親が他界し親戚に引き取られたものの食事さえ与えられず育児放棄されていた
    でも小学校低学年から中学校卒業まで近所の独身男性から食事を与えられお小遣まで貰ってた
    いつか性的にお返ししなきゃいけないんだろうと思ってたけど何もされず、ずっと兄のような父親のような存在
    その人は自営業で要はイラストレーターで在宅仕事
    境遇の似た私に自分を重ねていたらしい

    私の人生最大の修羅場はその人が近所で起こった杀殳人事件の容疑者として捕まったこと
    結局は別な人間が犯人だった
    私は自分のことばかり考えて本当に一人になると思って怖かった
    再会したときは足に力が入らなかった

    私は高校には行かずにその人の家に押しかけ昼はバイトで働くようになった
    やっぱり性的な関係には及ばず一緒に暮らして8年経った

    そして結婚して欲しいんすけど、と8年お願いし続けた結果来月の7日に結婚することになった
    刷り込みだと自分でも思う

    そして彼にとっての人生最大の修羅場は


    527

    473: 恋人は名無しさん 2008/09/15(月) 21:11:21 ID:x/QSWTET0
    ぶったぎって投下。

    彼氏のご両親に挨拶を済ませ、何度も行き来するうちに仲良くなったつもりでいた。
    彼氏の実家で夕飯をご馳走になったときの修羅場。
    終始にこにこと笑顔のお母様。
    私が台所にいき手伝おうとすると「いいのいいの~」と追い返され、
    悪いな~と思いつつも、彼氏と彼氏父と一緒にマリオカートすることに。
    彼母の「できたわよ~」の声で、テーブルにつくと、
    皆が座った前に食事を並べてるお母様。

    私の前に並べられたのは黄色いご飯、白い膜がうっすらかかった変なにおいの味噌汁、
    裏側が真っ黒なのが横からうっすらわかるコロッケ、緑色のかびがついてるトマト、
    崩れたものやコゲのある煮物。


    499

    134: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/06(月) 22:01:35.75 ID:nL2xKr/J
    最近あった修羅場。
    自分は20後半会社員。
    知り合いに頼まれて一度だけパーティーコンパニオンをした時、
    30後半の地味な独身女性Aと知り合った。

    仕事の後番号交換をし、一度お茶しようと会う約束をし、
    何度か飲みにも行く仲に。

    Aは普段は穏やかに見えるが、とにかく何事も否定的。
    男は皆バカ、子供はうるさいから嫌い、今の若い女はチャラい、とにかく世の中の9割を否定。

    私に対しても、最初はパーティーコンパニオンが本業かと思ったらしく、年収いくら?と
    見下して聞いてきた。普通の会社員と知ると手のひらを返した。(彼女はフリーター。


    498

    491: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 14:04:11.64 ID:iNJm/K3q.net
    母、と言うか両親の修羅場
    母は出産するまで双子を妊娠してたのを知らなかった。
    48年前は超音波?もなかった時代、一人産まれたあともう一人いる!!
    と医者も母もパニクって、あとから聞いた親父も相当パニックだったらしい。
    一人だと思ってたし貧乏だしどうやって二人育てていこうかと。
    まぁ、何事もなく無事に二人産まれたから良かったけど。
    ちなみに俺はついでに産まれてきた方


    497

    389: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/09(月) 18:48:17.36 ID:RGwv/997.net
    先日父の命日だったので色々思い出話をしていた時に出た話。

    父は田舎の建設会社に勤めていて、なんだか結構ウロウロしていた。
    現場監督?かなんかしてたのか。
    ある日、山の中でツチノコを見た。と言い出した。
    アル中に近い酒好きだった父を家族で笑った。
    どうせ飲んでたんだろ。
    とか
    ネズミかなんか食った青大将だろ。
    とか。

    しかし、父はあれは確かにツチノコだった!!
    と言い張り、次の日からツチノコ捜索を始めてしまった。

    そして何日か後に見つけたよ。

    このページのトップヘ