🐈衝撃体験🐈


    428

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/04/06(月)20:24:30 ID:ktX
    動画に撮って見せてやろうかと録画して最初に自分で見てみたら


    437

    633: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/02 09:21:37.36 ID:lQ3enczL.net
    自分が女だと分かったとき。
    自分は男だと思ってた。
    が、高校生の時にやっぱり女だと気付いて衝撃を受けた。
    性同一性障害だと思ってて、名前の変更とか準備してたからしばらくは現実が受け止められなかった。

    それから何年かは女の前提で話をされると???となって、
    会話が成り立たたないおかしな人だった。


    420

    64: 1/2 04/07/06 16:46 ID:VxEwi22h
    大学時代のお話。

    朝起きて、学校行くかーと支度していたら突然天井から水が染み出してきた。

    何が何やらワケが分からんけど、学校休むわけにもいかず
    とりあえずマンションの管理人に伝えておいて自分は出かけることに。
    で、帰ってきてから事の次第を聞いてみると、どうやら上の階の住人が水を
    漏らした(洗濯機か何か)らしく、あとでご挨拶に伺うとの事。
    夕食を食ってしばらくすると夫婦で謝りに来た。

    「この度はご迷惑をおかけしまして・・・」

    真面目そうな旦那さんが一歩前に出て謝罪。
    当事者と思われる奥さんも後ろでひたすら頭を下げまくり。

    ご迷惑といってもポスターが何枚かしわくちゃに
    なったぐらいで後は大したこと無かったので逆に困ってしまったw

    結局、

    「お詫びの品に・・・」

    とビール券貰った。一万円分ぐらいだったか。

    「食費が浮くなぁ、ラッキー♪」

    と近くの酒屋で米やら醤油やら買いこんで
    さっさと使ってしまいました。

    それから数ヶ月して、水漏れ事件やらビール券やらすっかり忘れかけた頃。

    授業が休みで家でまったりしていた昼下がり、突然の訪問客。
    何だろう、とドアを開けて応対するとそれと見てすぐにわかる新聞記者風の男性2人。

    「??」

    あまりに突然の出来事に( ゚Д゚)ポカーンとする自分に
    差し出された某スポーツ紙の名刺2枚と

    「上に住んでらっしゃる方について知ってる事とかありますか?」

    という質問。

    「へ?上?あぁ、そういやこんな事がありまして」

    と水漏れ事件の事とか適当に話した。すると、


    400

    661: 名無しさん@HOME 2012/12/18(火) 12:45:05.25 0
    学生の頃一人暮らしをしていた。
    隣に新婚夫婦が引っ越してきて、夕方から夜にかけていろいろ物音がするようになった。
    遊びに来た友人に愚痴ったら

    「そりゃあ新婚さんだからね」

    と言われて、あわあわした。
    その日から隣の物音が気になる気になる。
    でも音がおかしい。
    ごんごんごんとか鈍い物音。

    ある日、お隣の旦那さんと廊下で鉢合わせ。

    「夕べもうるさくしてすみません」
    「はあ・・・」
    「俺、DVが趣味なんですよね。でも音に気を付けますんで」


    431

    649 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2013/06/04(火) 00:58:48.14
    まだ新婚2ヶ月なんだけど、うちの嫁は天然というかいろいろと感覚がおかしい。
    晩飯に好物の納豆が出たんだけど、なぜか臭いがしない。
    嫁があまり納豆好きじゃないから匂わないやつ買ってきたのかなと思ったら


    433

    929: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/06(火) 02:52:30.11 ID:vrNFcEBX
    9年住んでいるアパート。
    入居した時既に設置してあった、台所の食器棚の裏に
    書類を落として伸ばしたハンガーも届かなかったので、棚をずらした。
    ・・・・・・引き戸があった。
    鍵とか何にも無い、普通の木の引き戸。
    迷ったけど開けてみた。


    414

    190: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/03/04(木) 10:04:54 ID:/9VDoLxx
    とあるバス会社のスキーツアーに参加した時の事。
    添乗員が出発前に乗客の点呼を取っていたのだが、
    みんな雑談していて聞いてなかったり、声を出して返事せずに
    小さく手を挙げるだけなんで添乗員から見えなかったりで
    なかなか点呼が進まなかった。
    「○○様4名いらっしゃいますか~?○○様~?」

    って何度もやってるうちに交代運転手のおっちゃんがとうとうキレた。
    「おうっ!おまえら名前呼ばれたら返事くらいせんかいっ!」

     
    424

    391:名無しの心子知らず投稿日:2010/09/28(火) 21:10:03ID:xKiliW6X
    子供の頃、生活保護とか在日とか何も知らなかった頃。
    父兄参観日に作文を読まされたんだが、同級生のひとりが
    「うちのおかあさんはひとりで苦労してわたしを育ててくれました。
    わたしが家に帰るといつもおかあさんはおやつを用意して待っててくれます。
    おかあさんはせいかつほごではたらいてないから、
    いつもわたしをお家で待つことができるんだと言います。
    よそのはたらいているおかあさんは、子供を鍵っ子にしておやつも用意しないです。
    わたしは、いつも子供を家で待っているやさしいおかあさんが好きです。
    わたしは大きくなったらおかあさんのような立派なせいかつほごになりたいです。
    (中略)




    439


    756: 名無し:11/08/12 02:17

    中学の頃、教師からの評価を良くしたかったのと、ケミカルな雰囲気が格好いいと
    思い込んで理科室の手伝いを良くしていた。
    (といってもゴム栓に穴をあけたり、ビーカーを掃除したりする程度)

    でも当時の俺は、自分がだんだん子供ながら天才的な化学の知識を持つすごい奴だと
    勘違いし始め、ある日友人を無理やり誘って理科室に忍び込んだ。





    426

    106: sage 2005/05/20(金) 19:26:42
    単なる痛い話でしかない気もするが、驚愕もしたので書いてみる。

    私が高2の時、帰宅途中の道に建設中の家があった。
    半月程前から工事が始まって家の枠組みがなんとなくできてきた感じ。
    その日もなんとは無しに工事中の家を横目に歩いてたんだが、
    その日に限って資材を運んでたおっちゃんがバランスを崩し、
    2階の高さから細長い中が空洞の鉄の棒(正式名称ワカンネorz)が落下。
    ちょうど下を歩いていた私に直撃、胸に「ドンッ」っと衝撃が来て
    一瞬息が詰まっただけだったんだが、おっちゃん達がすぐに真っ青な顔して下りてきた。
    当の私自身は、まぁ危なかったけどそんな慌てんでも・・・ とか思って

    「大丈夫ですよ」

    って意味で軽く片手を上げようとしたら、なんか手に当たったんですよ。
    「なんだ?」

    と思って見るとなんと 鉄 の 棒 が 左 胸 を 貫 通 し て た。

    それに自分で気づいた瞬間さっきまではなんとも無かったのに急に息が詰まって
    「ふらぁ」と後ろに倒れこみそうになった、だがちょうど身体に
    刺さった鉄の棒がつっかえ棒みたいな役割になって倒れることができなかった。
    それどころか自重で「ズズズズッ」っと音を立てて更に深く鉄の棒が
    体に抉り込んでくるので反射的に身体を起こしたとこに
    おっちゃんが駆けつけて来て肩を貸してくれた。(今でもあの音はちょっとしたトラウマ・・・)
    その後は野次馬が集まってきたり、相変わらずおっちゃん等が騒いでたりしてたがよく覚えてない。
    鉄の棒が刺さっているため座り込むことも地べたに寝転がる事も
    できなかったので救急車がくるまではずっと立ちっ放しだった。

    10分位して救急車が来たんだが鉄の棒が邪魔で救急車に入れない、
    仕方ないのでその場で邪魔な部分を切り落とす事に。
    切る時の振動とか滅茶苦茶痛いんじゃないだろうか、と思ってたが
    痛みはそれほどでもなく、むしろ振動そのもの方がきつかった。
    直に振動が身体に伝わってきて吐きそうな感じ。

    んで切断が終わると救急車に乗せられ即病院、そのまま緊急手術。

    「私タヒぬんだな・・・」

    とか思ってたんだが、あっという間に手術終了。検査も含めて翌日には退院してまった。

    鉄の棒は位置的に心臓、肺共にジャストミート。
    正直もう助からないんじゃないか、と医者も思ったらしい。

    じゃあなんで助かったかっつーと 幼少の頃に私は大病を患っていた。

    このページのトップヘ