🐈馴れ初め🐈


    399

    198: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/12/03(月) 00:55:55.84
    図書館で借りた本に栞が挟まってた。
    タティングレースで編んだいかにも手作りっぽい可愛いしおりは、
    すごく手が込んでる様に見えたから、返却する時に司書さんに頼んだ。
    俺より前に借りた何人かのうちの誰かが忘れたものだと思ったので。
    「すごくきれいで勿体無いので、できれば返してあげて下さい」
    「はい、お預かりします」
    自分で頼んでおいてアレだけど、そんなの本来の仕事じゃないだろうに、
    いわゆる文学少女がそのまま大人になったみたいなメガネの司書さんは、
    愛想良く笑った。きっとこの人に預かってもらえれば持ち主に戻るって、
    根拠も無く俺は思った。そういう笑顔だったね。

    自分の手を離れて安心してしまい、そんな事すっかり忘れた一ヶ月後の
    図書館で、司書さんに話しかけられた。


    905

    620: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/14(金) 01:29:54.03
    俺と嫁は生まれた時からの幼馴染で、好きになったきっかけわりと変わってる
    俺が6歳くらいの頃のある日、近所を自転車の練習がてら散歩してた
    嫁の家の前を通ったら、前庭に大きな穴が空いてた
    びっくりして近寄ると穴の中に嫁がいた

    思わず「何してるの?」と声を掛けたら穴の中の嫁が振り返った
    呆気に取られてる俺に嫁はにっこり笑って答えた


    697

    903: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/24(日) 23:45:18.13
    俺「今日はおじさんといっぱい遊ぼうね!」
    嫁「嫁ちゃん、ママに捨てられたの?( ;∀;)」

    当時、俺27歳、嫁5歳。
    俺に預けられる前日、嫁母に怒られて、言う事を聞かない自分は、俺にもらわれたと勘違いしたらしい。

    嫁母は当時離婚したばかりで就活中。面接行くのに、どうしても嫁を預ける人がいなくて、ばったり会った同級生の俺に嫁を預けた。
    嫁母とは同じ地元だったので、それまでもちょくちょく話したりしてた。
    そして、当時の俺は新婚だったし、嫁母に職場もしられていたので、安心して預けれたらしい。


    578

    251: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/09(月) 14:07:45.41
    俺と嫁の初めての会話は、新幹線での席の確認だったよ

    嫁「すみません、そこ、私の席だと思うんですが…」
    俺「(切符を見直し)…いや、俺の席で合ってますよ」

    二人で切符を確認したら、俺も嫁も、席は合ってるが乗車時間が違ったwww


    564

    406: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/20(日) 19:03:55.93
    森で自サツしようとしていた(樹海じゃない)ところを嫁に止められたのが馴れ初め


    545

    828: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/14(水) 21:30:46
    成人式帰り、同中同高、が、話した事が無かった嫁に呼び止められて、
    立ち話もなんだからと喫茶店に入り、

    俺「何ですか?(告白されるのかな♪)」
    嫁「最後まで冷静に聞いて下さい」
    俺「…」

    嫁「私、貴方に謝らなくちゃいけないんです」真っ青な顔で、
    俺「え、でも君とは接点無かったじゃん」


    395

    661: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/08(火) 23:48:45
    某大手の役員の身内のうちの嫁さん。 
    最初は、その育ちから来る上品さと豊かな教養、豊富な話題に惚れた。 

    結婚して俺の田舎の実家に住み、田舎は退屈そうで不安だった。

    ある日のこと、

    「ねえ、あなた1人で遊びにいかないで連れてってください」

    ・・・・しかし俺の趣味は絶対に合わんのと違うか?
    試しに、海釣りに連れて行った。 
    俺の大事な釣竿を2本へし折ったorz 
    ひっかかったルアーを取ろうとして、海に転落した。 
    おまけに上下白の服だったため、濡れたおかげでスケ下着を大公開して 
    俺がコンビニにパンツ買いに行かされた。 

    化石掘りにも連れて行った。 
    岩にあてたタガネをハンマーで思い切りぶん殴って
    ハンマーが手から飛んで自分の額に当たり、うんうん言いながら帰ってきた。 

    川遊びに行きたいと言い出し、魚すくいの網を買ったつもりで 
    虫取り網を買ってきた。しかも2本。(「これ、あなたの分よ」とのこと) 
    仕方なく、いいトシしてセミ捕りにでかけた。 

    近所の沼に出かけて、ペットボトルに水を汲んできて顕微鏡で覗いては
     
    「ツリガネム~シ♪ ミドリムシ♪」

    と不思議な鼻歌を歌っている。 

    学生時代はちゃんとした都会の娘だったのになあ・・・・
    でも、田舎で開花した奇行も含めて大好きだ。

    あんまりこういう女おらんしw


    43

    12/03/13
    自分が小学生の頃、近所に斎藤慶子似の綺麗で
    優しそうな奥さんが住んでた。正直憧れてた。

    学校帰りにいきなり激しい雷雨が降ってきて、
    びしゃびしゃになりながら走っていたらその奥さんが
    「もう大丈夫。おばさんの家で雨宿りしなさい」

    と、自分を部屋に招き、びしょ濡れだった体を優しく拭いてくれて、
    傘まで貸してくれた。帰りがけに自分の名前と住所を聞いた後で、
    「傘ならいつ返してくれてもいいからね。気をつけて帰ってね」

    と笑顔で手を振ってくれた。


    その時は土曜の夕方だったんで、休み明けてから返しに行こうと
    思ったら、翌日の夕方に奥さんから電話があり、


    42

    12/05/08
    プールで泳いでたら誰かとぶつかったっぽいので、
    立ち止まったら競泳水着の女性が居た。

    とりあえず謝るだけでいいやと思って女性の容姿を見たら、えらい綺麗なお姉さんだった。

    本来謝るべきだったのを


    「あの・・・付き合ってください」

    と言ってしまった・・・

    にゃんこ速報:名無しさん@お腹いっぱい。 2018/01/10(水) 11:35:01 ID:mIudm9Tw0.net
    今日は朝から冷えると思ったら雪降ってたよ
    めったに降らない地域なのに
    雪が降ると思い出すから書く

    嫁との出会いは俺が大学二年の頃の年末
    粉雪が降る夜だった
    バイトの帰り道、ふらふら歩く嫁を発見
    夜中に、しかも粉雪とはいえ雪が降ってる中傘もささずに、しかもコートとかもなんもなし
    最初情けないけど幽霊かと思って本気でビビったし、できる限り見ないようにスルーして通りすぎようとした
    けどよくよく見たら顔中あざだらけで、しかも口も切れてる
    ちゃんと足があること確認したうえで、心配になって声をかけた
    不審な出で立ちじゃなきゃお近づきになりたいと思うくらい可愛かったっていう下心があったのは否定しない
    嫁は立ち止まりはしたけど、こっちを見つめるだけで返事しないし、今だから言うけど声をかけたことちょっと後悔した
    とりあえず怪我してるんだし救急車呼ぶなり警察なりって言ったとこで嫁過剰反応してそれだけはって懇願してきたんだよ
    それでなんともないのでってどっか行こうとする嫁に、カツ丼作れますか?って聞いたのがきっかけ

    このページのトップヘ