いじめられっ子


    432: おさかなくわえた名無しさん 2007/05/18(金) 14:23:26 Array
    24歳、既婚男、交際2年、結婚4年目 
    嫁は26歳、臨月妊婦、今月24日が予定日 
    俺姉のマンションでボヤがあり、改修の間煩いから
    (実際は建前で嫁の為のようです。いろいろ家事をしていた)としばらく滞在していた。 

    年明けに中学の同窓会があり、
    欠席していたいじめられっこ優等生が風呂屋の嬢になった事を聞き、
    興味本位で友人数名と行ってみる。 
    優等生は予約が入っていて無理だったので別の子とプレイ。

    一緒に行った友人の一人が家族ぐるみで親しくしているが、
    同じく妊婦の友人嫁にそれがバレて、一回切りだと納得して貰う為に全てゲロ。 
    友人嫁が嫁にちくって全てバレたのが四月中旬です。 

    結婚前にお触りありのキャバに行ったのを浮気認定されて別れ話が出た時に 
    そういう店NGで話がついていたのでひたすら謝り、話し合いを続けていました。 
    話し合いといってもひたすらサンドバッグ状態で、俺は嫁の質問に答えるのみでした。 

    姉滞在時は入浴中(嫁の洗髪の為に一緒に入っていた)に話していたが 
    俺がいない時に姉が「浮気したわけじゃないしそんな店くらい我慢すべき」
    と火に油を注いで、それを聞いた俺が大喧嘩の末、姉を追い出したが 
    収まらず翌日仕事から帰宅したら嫁がいなかったのが金曜日。 
    冷蔵庫のホワイトボードに「実家に帰る」のメモがあった。 


    202

    485: 名無しさん@おーぷん 2016/07/11(月)18:43:25 ID:igd
    元夫と離婚したのは、今成人を過ぎた娘が中1だった頃のこと。
    離婚理由は、夫が家庭内暴力で家を1/3ほど破壊した甥を勝手に引き取ってきた事だった。

    甥はいじめられっ子で、登校拒否→家庭内暴力に発展した。
    勝手な想像だけど、甥がいじめられたのは元夫の妹がやってた「叱らない育児」のせい。
    まったく我慢のできない子供に育ち、小1の時点で魔の2歳児で止まったような精神年齢だった。
    当然団体行動はできず、友達もできず、小4あたりからいじめられ始め
    中学には数日しか行かず登校拒否するようになった。
    その後は母親(元夫の妹)に八つ当たりして暴力の日々。
    元夫の妹旦那は家に帰らなくなり、元夫の妹は義実家に泣きつく毎日だった。
    そして甥が15歳になった時、
    「妹はもう限界だ。甥にはもう俺達しかいないんだ(キリッ」
    と、承諾もなしに甥を連れ帰ってきた。

    甥がおとなしかったのは最初の4時間だけだった。
    (今思えば、あの甥がよく4時間我慢できたなと思うけど)
    リビングのTVを独占したがってうーうー唸り、ソファを一人で占領。
    夕飯は「何コレ」と食べず、冷凍庫のアイスを勝手に食べる。
    娘に向かって「コンビニ行って何々買って来いよ。行って来い。行ってこーいー」とブツブツ。
    たまりかねて娘をお風呂へ行かすと、トイレに行くふりをして娘を覗いた。
    この時点でブチっときて、私は娘を連れ、ビジホへ避難した。
    元夫は「薄情」と責めてきたけど、甥なんかより娘が大事だと無視して出て来た。


    752

    635: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/12/14(月) 02:43:10.24 ID:6yJSvtAx.net
    既にレスしたこともあるとおもうけど
    小学時代真面目で虐められっ子が菱の金バッチのヤクざになって同級会に出席したこと
    酔っぱららった女子が「お前、なんでクリスチャンディオールのバッチ付けたんでよ」と
    小学時代の状態でからかってた。男子は菱金パッチに恐れを抱き距離置いてたけど
    何も知らない女子たちは「クロコの靴履いて馬鹿じゃない?酒つけ」と
    小学時代同然で召使の敷いてた

    彼は小学時代は超真面目でご両親も真面目で会っただけに、まさか横道にそれてヤバイ仕事についている知らずに
    虐めまくっていた。
    菱の幹部だよーと忠告しても同級生の女子達は頭叩いたり酒つがした小学時代と同様にコキ使っていたのでびっくりしたが、
    本人も威張ることなく元の虐められっ子に徹していた。
    昔の様に虐められっこに徹して私が菱の幹部だよと女子に忠告しても
    女子らは忠告を聞かず彼をコキつかっいてたわ
    菱の幹部だよーと言っても「それがどーした」と開き直る主婦って凄いと思ったわ

    このページのトップヘ