222

279: 1/2 2012/07/27(金) 04:14:57.71 ID:El6efvv0
流れを読まず、深夜にひっそりと吐き逃げ。
初カキコ・フェイク込み・長文ですがご容赦願います。

バイト前にとある大好きな音ゲーをプレイするべく、近所のゲーセンへ。
いざ筺体へ向かうと、小学校低学年ほどの女の子が、別機種の音ゲーをプレイしていた。
(真横ではないが、十分互いの音が聞こえる範囲)
そしてその隣には、子供を見守る母親の姿。

リズムに合わせて小さく手拍子をしたり、
「がんばれ!」と子どもを応援している母親の姿を見て、
「微笑ましいなー」と思いながら自分もプレイ開始。

自動選曲モードでとあるアニソンが選曲されてびっくり。
その曲はちょうど女の子がプレイ真っ最中の曲だった。
「絶対女の子にも聴こえてるよなー」とむずがゆさを感じつつプレイしていると、
「ああ~」と女の子のガックリした声と、「残念だったわね~」という母親の声。
どうやらその曲がクリアできなかったらしい。
その後、曲につられたのかプレイ光景につられたのか、背後にその母子がやってきた。
「母親まで見に来るのかよ…」と心の中で苦笑しつつも、自分は無事にクリア。

その瞬間、突然肩をガシっと掴まれた。
え?と思って振り向くと、そこには般若の顔をした母親もといキチママの姿が。

「なぜこの曲を選んだ、娘への当てつけか」
「あげくクリアしやがって。娘がクリアしていないのはわかっていただろう」
「普通は気をつかってクリアしないものだ」
「このことで娘は傷ついた、慰謝料を払え」
「学生のようだし、1万円に負けておいてやる」
「大体いい年してゲーム三昧だなんて、恥ずかしいと思わないのか」
「お前みたいなクズが、娘を傷つけるなんて言語道断」
「これで1万円で済むなんて、お前は感謝すべき」
みたいなことを、超早口でまくし立てられた。