おばさん


    499

    134: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/06(月) 22:01:35.75 ID:nL2xKr/J
    最近あった修羅場。
    自分は20後半会社員。
    知り合いに頼まれて一度だけパーティーコンパニオンをした時、
    30後半の地味な独身女性Aと知り合った。

    仕事の後番号交換をし、一度お茶しようと会う約束をし、
    何度か飲みにも行く仲に。

    Aは普段は穏やかに見えるが、とにかく何事も否定的。
    男は皆バカ、子供はうるさいから嫌い、今の若い女はチャラい、とにかく世の中の9割を否定。

    私に対しても、最初はパーティーコンパニオンが本業かと思ったらしく、年収いくら?と
    見下して聞いてきた。普通の会社員と知ると手のひらを返した。(彼女はフリーター。


    481

    473:おさかなくわえた名無しさん2013/10/23(水) 09:23:26.47ID:ImGjMlWE
    私自身の武勇伝ではないのだけど。

    うちの職場に49歳なんだけど、若い子向けのカジュアルな服を身にまとって
    それが似合ってると本気で思っている同僚がいる。
    スタイルは悪くないんだけど、姿勢というか骨の歪みというか
    パッと見た感じのハツラツさがないから、顔を隠しても若くないのは分かるんだ。
    顔も若い頃はキレイだったんだろうなというパーツではあるが
    法令線や笑ったときの目尻の皺、肌ツヤ等、やっぱり年相応っていうか。



    912

    16: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/12 18:56:52.88 ID:gtb3ROsw.net
    私の体験を書かせてください。
    私は現在、妊娠6ヶ月です。
    先日あったことについて、妊婦仲間に聞いてもらいたいけど、
    直接はなかなか言いにくいことなのでここで言わせてください。
    ※喫煙話です。

    ショッピングモールで買い物をしたあと食事をしていたら、
    隣の席の男性がタバコを吸い始めました。

    ちょっと怖かったけど、勇気を出して声をかけました。

    私「すいません。タバコやめてもらえませんか?」
    男性「はあ?ここ喫煙席だけど?」

    まさか言い返されると思ってなかったです。
    そしてもう一本に火をつけようとしたので、もう一度声をかけようとしたところで
    「ちょっとあなた!」とおばさんの声。

    以下やり取り

    おばさん「あなた(私)ここ喫煙席なのよ、ご存じ?」
    私「それは分かってますけど、いま私妊娠してるんです。」
    おばさん「この方(男性)とのご関係は?」
    私「えぇ…?いや知らないひとですけど」
    おばさん「でしょうね。あなた妊娠していらっしゃるのよね。
    じゃあなおさらなぜ禁煙席にお座りにならなかったの?
    親であるあなた自身は禁煙席に座るという配慮や努力もしないのに、
    他人にばかり配慮を求めるなんてダメよ。」

    私「禁煙席が満席で仕方なくここに、午後からの予定もあるので急いでて…」
    おばさん「あなたその荷物をみるとお買い物をなさっていたのよね?
    午後から予定があるならきちんと考えて行動しないと!
    自分に計画性がないからお腹の子を危険に晒しているのよ?
    もちろん時と場合によって、周りの人の助けや配慮を求めることもあるでしょうけど、
    その前にまず親であるあなた自信がまず第一にお腹の子のことを考えて行動しないと!」


    なんというか助け船を出してくれるとばかり思っていたところに、
    こうも丁寧かつはっきりと言われてしまってすごく衝撃的でした。

    もしかしたらこのおばさんの言い分にも賛否両論あるかも知れません。

    ただ、私はこれを期に考え方ががらりと変わりました。
    これが親になる覚悟みたいなものなのかな?

    以上です。
    ありがとうございました 。


    559

    236: 名無しの心子知らず 2010/07/17 06:16:36 ID:Lgv/IhVw
    結構前のお話。
    初投下なので読みにくかったらゴメンナサイ。

    学生の頃、ゲームショップ(古本も取り扱ってた)でバイトしていた。
    オープンしたばかりで広くキレイなお店だったが、たまに変な人も来る。
    その中に自転車で来るホームレスおばさんが居た。
    冬でもネ果足にサンダル、真っ黒な肌、脂まみれの真っ黒な硬い髪。

    地方都市でホームレスは本当に滅多に居ないんだが、さすがに異様な姿で、おそらくは
    (元)ホームレスだろうって話だった。

    そのおばさんは最初はボロい本を持ってきてたんだが、いつの間にか
    キレイな高額で買い取るコミックを売りに持ってくるようになった。
    それも20冊くらいを、毎週1~2回欠かさず(タイトルも時折被ってた)。
    当然怪しんだが、警察に相談しても現行犯でも無いし製造番号で特定も出来ないからと
    アクションは無かった。

    2ヶ月もするとなんだか身なりが良くなってきて、しかも子連れ(3歳くらい?の女の子)で
    やって来るようになった。
    もちろん硬い髪や肌の色は簡単には戻らないが・・・。
    その後もずっとコミックを毎週持ってきて、数ヶ月後にはまともな格好と大きなお腹(妊娠
    してた!)、店の外には男の乗った車が待っているという状況にまでなった。

    続く


    254

    514:
    1 2013/09/09(月) 20:09:37.40 ID:NJ3KZrv6
    俺の親戚間では、お年玉は高校生までという協定があった。 

    そんなわけで大学入学後はじめての正月の親戚の集まりでは、 
    俺(親戚の子供組では一番上)はお年玉はもらえないし
    チビ連中からは請求されるしで、「切ねえww」って状態だった。
    大学も忙しかったのでバイトもそんなできなかったし。

    そんな時、親戚のおばさんが

    「はいこれ」

    と封筒をくれた。

    表書きは「寸志」。

    「お年玉はあげられないけど、普通のお小遣いならいいよね~」

    とニコニコ顔でくれた封筒の中には、5000円が入っていた。
     
    そのおばさんの家のお年玉は、高校生は1万円。 
    後から考えてみれば、多分本来ならもらえない年齢の俺が
    お年玉らしきものをもらえてズルいという不満感を減らすための措置だったんだろう。
    まあその時はそんな事考えることもなく、 
    普通にありがたい気持ちで5000円をいただいた。
    で、その後、俺はさっきのおばさんの夫にあたるおじさんに話しかけられた。


    232

    778:
    名無しさん@HOME 2014/01/07(火) 07:51:33.77 0
    自分が養子なのはうっすら知ってたけど、養子になった経緯は知らなかった。
    自分が養子になった経緯を知った時が、人格崩壊するくらいの修羅場だった。 

    社会人になって初めての帰省をした夏、隣家のオバさんと立ち話になり 
    仕事のことや何かを根掘り葉掘り聞かれた。

    悪い人ではないけど、ちょっと距離感がなくて苦手なタイプで、適当にはぐらかしつつ話してると


    78

    124: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/09 22:00:48.92 ID:FkNGsLuT.net
    今日起きた最悪な出来事

    今日俺は仕事の帰宅中とあるスーパーに寄った
    いつも行くスーパー、いつも通りの寄り道、いつも買っている物
    何ら変哲もないただの"日常"になるはずだった
    ところが俺はその行きつけのスーパーで危うく万引き犯にされそうになった

    最近はどこの店も防犯システムがハイテクなそうな
    店の出入り口付近にセンサーのような物が設置してある
    おそらくアレはレジを通していない商品を検出する為の物だろう
    買い物が済んで俺は店から出ようとしたその時ブザーが鳴ったのだ
    慌てて中の従業員がすっ飛んできてた
    当然疑いの目で睨まれた訳だが
    実は店のドアをくぐったのは俺だけではなくもう一人オバサンがいたのだ
    従業員がどちらかのお客様が・・・と言いかけた時
    オバサンは、あたしじゃないわよと言って一目散に去っていった
    従業員はそのオバサンを引き止めもせず
    何故か俺だけに容疑がかけられることになってしまった
    俺は従業員に呼ばれ再び店内に引き戻された
    買い物袋の中を必タヒで漁り、別の従業員と何やら相談をしている
    俺はその光景を唖然としながら黙って見つめた

    ↓続く

    19:にゃんこ速報 2009/09/23(水) 02:35:05 ID:/xhjYHtF
    すいません、遅くなりました。
    子供は一緒にいなかったけど、会話内容から子持ちと思われます。

    自分は学生。

    ちょっと事情があって、今日やっとポケモンゲット。
    友達がゲーム屋でバイトしてるので、予約した物を代わりに買っておいてもらい、それを受け取りました。

    帰りの電車でさっそくプレイしようとSSの箱を開けていたところ、見知らぬおばさんが話しかけてきた。
    言ってたことをまとめると、

    ・それ新しいポケモンよね
    ・売り切れで全然買えない
    ・うちのこはポケモン大好きなのに持ってなくてかわいそう
    一応クレクレとは言わなかった。が、鞄の中のHGを目ざとく見つけたとたん

    ・ふたつも持ってるなんてずるい!
    ・ひとつ私によこせ!
    と、いきなりクレクレと騒ぎだした。
    自分は予約したし、二つとも自分で使うものだと説明しても意味なし。
    あげく、いい歳してゲームなんて!!と言われさすがにカチンときた。
    「いい歳して学生にゲームをたかるあんたはなんなんだ!」
    と言い、タイミングよく止まった電車から逃げました。

    以上、五分足らずの出来事。
    初セコケチ遭遇にビビったヘタレ学生でした。

    このページのトップヘ