アパート


    433

    929: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/06(火) 02:52:30.11 ID:vrNFcEBX
    9年住んでいるアパート。
    入居した時既に設置してあった、台所の食器棚の裏に
    書類を落として伸ばしたハンガーも届かなかったので、棚をずらした。
    ・・・・・・引き戸があった。
    鍵とか何にも無い、普通の木の引き戸。
    迷ったけど開けてみた。


    405

    10/07/21
    ほんのりスレから。時空の歪みと思えなくもない。


    603:本当にあった怖い名無し 2010/07/18(日)01:49:24ID:xk9ta+DF0
    学生時代は大学近くのアパートで一人暮らしをしていた。

    1階だったので、入居前は上の階の人の生活音なんかを心配していたが、いざ入居してみると上の階の人が静かな人なのか、はたまたアパートの造りが良いのか、足音、テレビの音、音楽、話し声なんかは全く聞こえてこなかった。
    ただ一つ気になったのが、2週間から1ヶ月に1回くらいのペースで聞こえる「落下音」だった。

    手に握れるくらいのサイズの何かを、人の腰くらいの高さから床に落とす「カタンッ」という音が時々聞こえてきた。

    でもまぁ他は静かだったし、物を落とすのは仕方ないな、と思って大して気には留めていなかった。

    ある日、アパートの大家さんに会ったときにその話をすると、その部屋には誰も住んでいないと言う。

    落下音は確かにするのでおかしいと思い、大家さんと一緒にその部屋を確認しに行った。確かに人は住んでいなかったし、家具類もなく人が生活している様子もなかった。


    354

    26: 名無しさん 2014/04/04(金)07:44:25 ID:mBhjnB2Tm
    オカルトじゃないがスレタイには沿ってるから投下。

    初めての子供が生まれたころ、1階に大家が住んでいるアパートを借りて、家族で住んだんだけど、この家での体験談。

    平日、育児休暇をとってたまたま家族3人で部屋にいたとき、ふいに鍵を開けるがちゃがちゃという音がして、扉が開いた。
    妻と2人、何が起きたかわからずぽかんとしていると、大家がづかづかと部屋に入ってくる。このときはまだ事態がのみこめず

    「何かご用ですか?」

    なんて間抜けな質問したんだが、冷静に考えると勝手に鍵開けるのも変だし、玄関口ならともかく部屋にまで勝手に入ってきたのもおかしい。

    大家は変な薄ら笑い浮かべながら勝手に押し入れとかを開けつつ

    「わかってるのよ?」

    とつぶやく。

    さすがに異常さに気がついて、ちょっとむっとしながら

    「いや勝手にそこら見るのやめて下さい。何のご用ですか!?」

    と強めに言ったところ、相変わらず薄ら笑いを浮かべながら大家は


    334

    386 :36:2013/07/12(金) 09:11:15.00 ID:JI81GBl90
    30年程前の洒落にならない実話。

    当時、だいぶ下火になっていたものの全国的に心霊ブームで、週刊誌でも「心霊写真」コーナーなるものが普通にあった。

    女子大生だった私の友人は、学生アパート住まいの女友達の部屋でパジャマパーティー(ねまき姿での飲み会、当時流行っていたw)をやっていて、盛り上がった勢いで写真を何枚か撮った。

    現像が上がってくると、その内の一枚の窓の外に人の顔が。いかにも心霊っぽい不気味な顔がボンヤリ写っていて


    313

    14/01/19
    2年前まで大学生してた時の話。特にオチはなく、霊現象ではない事を先に言っておく。

    アパートの1階で一人暮らしをしてたんだが、2週間ほど毎晩窓を思いきり叩かれた事があった。

    近くに友達(以後A)が住んでるのでそいつの仕業だと思い、窓を開けるも誰もいない。

    メールしても大学で会っても

    「知らねーよ、俺じゃないしww」

    と。
    結構本気でAのイタズラだと思っていたのだが、Aと俺の部屋で飲んでいた時、また窓が叩かれた。少しの間沈黙が流れ、Aが口を開いた。

    A「最近お前言ってたのって今の?」

    俺「うん、つかお前じゃねぇのかよマジで誰だよ!!」

    窓を恐る恐る開けるA。だがいつものように誰もいない。

    A「いねーな…つかヤバくね、お前。何かやっただろ」

    俺「何もしてねーよ」

    実際本当に心当たりがないのだ。そしてこの翌日の夜、ついに窓叩き最後の日が訪れる。



    272

    414: 大学2年のときの話 02/09/02 00:25
    オカルトとはぜんぜん関係ないと思うんだけど、本当に俺が体験して、マジで怖かった話。

    大学2年の夏休みの時の話なんだけど、俺はアパートで1人暮らししていて、毎日サークルの朝練で、目覚まし時計を朝6:30にセットしてた。

    わりと音が大きいやつで、スイッチを入れ直さなくても、自動的に朝鳴るやつだった。
    で、夏休みになって実家に帰ったんだけど、目覚まし時計のスイッチを切っていくの忘れてしまっていた。おそらく約1ヶ月間、毎朝6:30に鳴っていたはず。


    293

    659 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/19(土) 16:48:21.15 ID:+MDEq7kM0.net
    前に住んでたアパートで起きた出来事だ。

    俺が住んでたのは、築30年以上の古い木造2階建てのアパートだった。駅の近くだったが、古いせいか周りの物件より安かった。

    当然、安いところに住む住民はみんな生活状況は悪かった。1日中咳き込んでる老人。四六時中わけの分からない言葉でケンカしてる外人夫婦。そんな所に住んでた。

    当時の俺はフリーターで、働いてはいたが収入は少なかった。

    ある頃から部屋の異変が始まった。最初はささいな事から始まった。捨てた記憶がないのに、ゴミ箱が空になってた。ゴミなんか盗むやつはいないだろうから、俺の勘違いって事にした。


    291

    868:
    おさかなくわえた名無しさん 2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:agl+6MtM
    10年近く前に6畳1間のアパートで1人暮らししていた頃の話。
     
    ある日、隣に住む専門学生の部屋が余りにうるさくて
    日付が変わる時間になってもおさまる気配がなかったので 
    大家に相談、その大家も80歳近いご老体だったので
    近所のお巡りさんを呼んで一緒に学生の部屋に行って注意をしてもらう事にした。

    何度かドアを叩いて漸く姿を現した学生は

    「これ位いいじゃないッスか!」

    とベロンベロンに酔っていたものの、大家と警官の説教で次第に無表情に。

    そして玄関先での出来事を悟った中の人々も次第に静かになって行った。 
    (私は逆隣の住人と一緒に大家の背後で見てた) 

    衝撃だったのがその直後、大家が


    173

    618: おさかなくわえた名無しさん 2013/05/14(火) 02:26:41.69 ID:aQQGtIms
    俺はかなりの安アパートに住んでる。 

    隣に引っ越して来たAさんが

    「よろしくお願いします。これつまらないものですが…」


    145

    463:
    本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 01:30:26.37 ID:w3sFOMC00
    俺の家は地方の大きな大学の近くにあって、近所にアパートが多い。家の右横と斜め前がアパートだ。

    2年ほど前の話なんだけど、俺が夕方5時頃、高校の帰り道にその家の斜め前のアパートの前を通りかかったときに、2階の一番俺の家に近い部屋の窓とカーテンが開き、電気がついていているのに気づいた。

    そこは空き部屋だと思っていたんだが。よく見るとベランダごしに中の様子がわかる。といっても部屋の上部なんだけど、なんだか首をつってる人がいるように見える。

    まさかと思って何度も角度を変えて見直したんだけど、ロープがはっきり見えるし、その下に人の頭のようなものがある。

    顔の表情はわからないけど、全体として首つりとしか思えない。

    それで家に戻って、早く帰っていた親父に相談して一緒に見にいってもらったら、やっぱり首つりじゃないか!ということで警察に連絡した。

    その後に親父がアパートの大家にも電話をかけた。

    家の前で待っていたらパトカーと救急車が来て、警官が2人俺らのほうに出てきてその首つりを確認した。

    「たしかにそう見えるね」

    と警官の1人が言って救急隊員らと一同でアパートに入っていった。そのすぐ後にミニバンが来て、大家さんらしい人がアパートに入っていった。

    そして警官が部屋に入ったらしくカーテンが引かれ窓が閉められて中の様子は見えなくなった。

    俺と親父はアパートの前で待っていたら、15分くらい後、恐縮した様子の大家さんと警官、救急隊員がそのまま出てきた。

    大家さんは、すみません、すみませんという感じで警官の1人に謝っている。救急車は帰って行った。

    さっきの警官が俺らを見つけて近づいてきて、

    「ご苦労さんでした、心配をかけましたね。いや自サツではありませんでした」

    と言う。

    このページのトップヘ