にゃんこ速報~修羅場・キチママ・生活まとめ~

🐈サレた側 🐈サレ妻 🐈サレ夫 🐈昼顔

    アプローチ



    8


    715: æ„›ã¨ï¾€ï¾‹ã®åç„¡ã—さん (ワッチョイ 5fb7-eHFh) 2021/09/27(月) 23:39:50.32 ID:EsPOH14R0
    たぶん、相手が美人であればあるほど、前のめりになり過ぎて引かれてしまうのを恐れて、手堅く行こうとしてしまい、ガンガンアプローチしてる無数のライバル達に負けてるのかもな。

    キープ相手なら、元々そこまで強い思い入れもないし、友達感覚で素で接することが出来るので、却ってそれがプラスに働き、キープに纏わりつかれる羽目になってそう。

    キープレベルくらいのルックスの相手の方が、より自分と釣り合ってるってことだし、そういう相手から選べるやつが成婚退会出来るんだろうな。


    2

    899: â—†bXCg485oVc : 2011/03/03(木) 09:19:16.70 ID:
    ロミオと私は同じ職場に勤める看護師でした。 
    ロミオからのアプローチがあったのですが、 
    職場恋愛というのに抵抗があったのと 
    女ばかりの職場でまだまだ男忄生看護師が珍しいということもあって 
    ちょっとした雑事で男のロミオが優先されるということにも 
    なんだか釈然としないというのがあって断り続けました。 


    ですが同僚にあまりにも冷たくし続けるのもマズイような気がして 
    2度ほど二人で食事へ行きました。 
    お食事だけならと前置きしたのに ロミオにとってはもう 
    「二人は恋人!」となったらしく 
    それからいきなり私への態度が横柄になりました。 
    それまで仕事も協調忄生があって協力的だったのが 
    ややこしいことは私に投げてきたりするように。 
    再度恋人になった覚えはないことと 
    自分の仕事は自分で責任もって 
    今まで通りして欲しいことを伝えました。 
    師長にも一応事のあらましを話し、 
    注意してもらいました。 
    するとロミオはいきなり職場を退職。 
    どこもそうだと思うのですが、 
    シフトを組んだ後に予告もなくされるととても困ります。 
    慢忄生的な人で不足とあいまって、本当に大変でした。 
    私のせいで職場が混乱したと責めてくる人もいましたが、 
    大半の同僚は理解を示してくれたので助かりました。 
    そのロミオから後日届いたメールです。 
    私の名前を仮にユミカとします。

    900: â—†bXCg485oVc : 2011/03/03(木) 09:21:40.44 ID:

    やっほ~ 
    元気? 
    あれから一カ月だし 
    まあ落ち着いたかな? 
    大変だったろ? 
    俺の代わりなんてそうそうないしね。 
    求人とか出てた(うちの職場の)の見たよ。 
    オペ室入れんのあとは○○さんくらい? 
    夜間診も~ 
    (自分が抜けたらどれだけ大変かなどの内容) 
    ~まあ、分かってたことだろ? 
    あれから主任さんから電話あったよ。 
    そうだな~ 
    ユミカ次第かなと言っといたから。 
    素直になれよ。 
    じゃ! 

    たぶん主任さんは戻ってくるようにロミオを説得したのだと思います。 
    ですがその後主任さんからは特に私へは何もありませんでした。 
    主任さんは元々必要以上のことはあまり言わない人です。 
    「女ばかりのところで自分が王子様だと勘違いしたのかねえ?」 
    と師長さんがポロリと言ってたので 
    たぶんロミオとの電話内容について
    主任さんと何か話したのではないかと思いますが 
    師長さんからも私にはお咎めはありませんでした。 
    その後もロミオから時々 

    仕事大変だろ? 

    という気づかいメール?が届きましたが返事をしていません。 
    このトラブルがあるまでは、とても仕事のできる人だったのに 
    残念な気持ちと 
    もっと上手く立ち回れたのではという後悔が少しあります。


    ed245091-s

    199: ã«ã‚ƒã‚“こ速報 2013/09/10(火) 02:39:09.98 ID:VF2qAzV7
    話を聞いてもらってもいいかい。
    長文スマソ。

    もう卒業したけど、俺が大学1年、彼女も大学1年だったときの話。
    別の学科で喋ったこともなかったけど、あまりにも美人で学校内でも有名だった女の子がいた。
    お昼とかチラチラ見かけてたんだけど、まあ友達も多そうですごく輝いていたんだわ。
    んで、とにかく付き合いたい!と思ってある日勇気だして喋りかけて猛アプローチしたところ、最初渋ってたけど結局向こうが折れる形で付き合うことになった。
    めっちゃ嬉しくてすごく有頂天だったけど、付き合う直前に結構衝撃的なことを言われた。
    それが以下のこと。

    続く


    269958c3-s

    354: åç„¡ã—さん@HOME 2019/06/07(金) 04:19:41.06 0
    友達無し、彼氏居ない歴=年齢のコトメが
    うちの高二息子へのアプローチが凄いんだけど… 

    息子にもキモチ悪いと相談されているからやんわりとコトメに苦情を言ったんだけど 
    「年上の女の魅力に戸惑ってるのね!大丈夫、私に溺れていいのよ」 
    だそうだorz 

    息子は母親より一回り年上のビザは嫌だと思うけどねぇ


    TOMS526531_TP_V


    617: åç„¡ã—さん@お腹いっぱい。 2017/08/31(木) 19:29:45.49 ID:06lh+wMy0
    会社で俺に気がある既婚女忄生が露骨に着飾るようになって 
    結婚指輪もはずしてた。 
    さらにアプローチをしてくるんだけど彼女は俺より7歳上で45歳。 

    前は良い妻そうな所が魅力だったのに実は不倫願望ありの欲求不満だった。 
    会社の中ではこの変化がバレバレでみんなは俺に気をつけろと言うが 
    綺麗な容姿をしているし超笑顔で魅力ムンムン。 

    もともと俺も気にはなってたけど
    あくまで一度きりでお互いの家庭は大切にする
    という前提なら良かったが 
    いま関係を持てば地雷になるのだろうか。 

    俺のところは嫁が2歳の子供の世話で俺に冷たく
    仮面になりかけてる。


    3c1b9768-s

    957: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/19(火) 18:38:46.97 ID:Bup4txzX
    向こうからの熱烈なアプローチを受け付き合うようになったんだけど、
    付き合って3ヶ月で向こうから振られた。
    別れようって言われた時はすごくショックで悪い所があったら直すって言ってすがったんだけど、
    「ナースだから優しくて穏やかで天使みたいな感じだと思ってたのになんか違ったから…。」
    と聞いた途端、サーッと冷めてああうん別れましょって快諾した。


    342

    751:名無しさん@おーぷん2015/10/07(水)11:23:49ID:A7S
    修羅場と言うには軽いかも知れんけどw

    嫁と知り合う2年ぐらい前に同じ職場に付き合ってる彼女がいた。
    その彼女の希望で社内の連中には付き合ってることは内緒にしていた。
    (いじられるのが分かってるから嫌だとか言ってた)
    内緒にしてた為に、Aというちょっと厄介な女に気持ち悪いぐらいアプローチされて困った。
    頼んでもいないのに弁当作って来たり、職場のみんなに手作りお菓子を持ってきて
    明らかに意味が含まれた他のと違うものをあからさまに俺に渡して来たり。
    要は外堀を埋めてなんとか交際にもっていきたい感じで、それが露骨過ぎてドン引き。
    そもそもAという女は俺の好みとは外見的に正反対だし、仕事上でも何かと言い訳の多いやつで
    ぶっちゃけ頭も悪かった。(名古屋で生まれ育って三重の県庁所在地を知らないぐらいに)
    付き合う気はサラサラ無いし、同僚じゃなければ存在を消したいぐらいだが
    さすがにそのまま言うのは理性がストップ掛けていたので
    適当な理由をつけて断り続けていたが、諦めてくれない。
    いっそ付き合ってることをカミングアウトしたいと言っても彼女がNOと言って出来なかった。
    ある日、資料を探しに書庫に行ったらAが入ってきて、又しつこくアプローチしてきて
    その日は色々予定通りにいかないことが重なってイライラしてたのもあって
    Aが鬱陶しくし仕方なくて、
    「付き合ってもいいけど、俺は付き合うイコール結婚と考えるタイプだから。
    俺と付き合うからには家事は一切妻にやってほしいけど専業主婦とか無理。
    専業やるなら俺長男だから結婚したら親と同居で両親の介護が出来ない女も無理。
    あ、祖母もいるから3人分の介護かな。
    そういうのやってくれるんでしょ?なら付き合うよ」
    って言ってやった。
    本当は俺三男だし、祖母もいないし、一人暮らしだから家事も一通り出来る。
    つまり全て断る為の方便だった。
    案の定Aは「そ・・・それは大変ね・・・ごめん、私には無理かも・・・」と言って去って行き
    以来スルーされるようになったので、もっと早くこの手を使えば良かったと思ってた。

    このページのトップヘ