サボリ


    42

    37: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:cUdJJyLN
    旦那に離婚したいと言われた。理由は専業で家事サボる+私が浪費家と言う理由らしい。 
    とは言うものの専業主婦希望したのは旦那なんだけど。それに家事サボるって言っても昼間家にいないお前に何がわかるんだって話。 
    疲れてサボる事なんて人間だし1回はある。 
    それに浪費家とか言うけどあんた年収相当あるうえにお金もてあましてるでしょ。 

    家事だけで家に居ればたまには外で遊びたくもなる訳で…
    旦那がどれだけ苦労して金稼いでるかなんて興味ないけど、この生活を選んだのは旦那。
    なのに突如離婚したいとか不安煽って私の怒りは頂点に。

    旦那の趣味で集めてたプラモ?を全てリサイクルショップに売ってあげた。
    軽はずみに言っていい事と悪い事の区別もつかない人間にはいい薬だったと思う


    82e94335-s

    660: 可愛い奥様 2019/09/19(木) 08:42:00.85 ID:tRWSY4XT0
    相談があります
    転職したばかりの主人がどうやら仕事に行っていないみたいです
    事の発端は先週、私が仕事上がりに車で走っていると、
    主人らしき人物(バイク)を見ました

    一瞬だったのですがバイクのナンバーが主人のだった
    ような気がしました


    服装は上下黒でバイクの色も黒なのでまぁ似た人だろう
    と思ったのですが、主人は転職先が気に入らないようだったので
    「まさか」とモヤモヤしていました

    それで今日、私が出勤した後に忘れ物を取りに家に帰った所、
    主人のバイクが駐車場に停まっていたのです
    忘れ物は大した物ではなかったのでそのままUターンして出勤しました

    昨日は主人が休み(と言っていた)ので
    今日突発的に休みになったとかでは無いと思います

    主人は一回り上で良くも悪くも亭主関白なので、こちらが怒ったら
    逆ギレします
    怒ってなくても責め口調だと感じたら逆ギレすると思います

    今日の夜にでも問い詰めた方が良いのか、このまま泳がしておいて
    新たに仕事先を見つけるまで見守るのかどうすれば良いでしょうか?

    私は年収300万くらいなので普段の生活費は何とかなるとしても、
    早く仕事を見つけてくれないと家のローンと養育費(主人はバツイチ)が
    払えなくなるので気持ちは焦っています

    思ったままにつらつらと書いてしまい、言いたい事が
    まとまっておりませんが、どうか知恵を貸してくれませんか?


    ad7c9f72-s

    650: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/03/23(土) 00:08:48.73 ID:YmpWvgqs0
    最近嫁が嫌で仕方ない。ぶっちゃけ別れたい
    結婚6年目
    年少の子供1人
    俺の年収500万強
    嫁は専業主婦。なのに掃除をきちんとしてくれない。


    食卓を並べる机の一部に物が散乱していたり、
    掃除機は毎日かけているか怪しいレベル。
    室内干しの洗濯物がそのまま放置されてたり、正直家に帰ると
    そんな光景でイライラして休まらない。

    元々掃除が苦手らしく、結婚前からちょっとサボる度に注意してたんだけど、
    全然治らない…
    本人もおこられたら「気を付ける」って言ってるけどすぐ元通りになってくる。

    そりゃ俺だって脱いだものや飲んだコップとか放置してるけど、
    専業主婦ならそれらも片付けるのが仕事だと思っている。
    嫁の言い分としては片付けてほしいらしいけど、
    掃除もまともにできないなら、それくらいしてほしい。

    しかもやたら偉そうで、俺が休みの日なんかは
    「私は家事をしてやってる」って態度をとってくる。
    無駄遣いはさせない為に食費雑費で月6万渡してあとは状況次第で追加。

    嫁もフリマで小金稼いで家計に1、2万程入れてくれるのは有りがたいけど、
    それも微々たるもんなのに
    「私は家計にも貢献してるのに、あなたは何もしない」って偉そう。

    何かもう何でこんな女と結婚したのかわからん。
    金は言い値で払うから離婚したい、それかせめて別居したい。

    今まで実家に居たような奴だから、
    1度一人でやっていくのがどれだけ大変か知ってもらいたい。
    でも世間体なのか、一向に応じてくれなくて困ってる。
    調停とかは最終手段として、何とか円満に解決する方法があれば知りたい。


    9facc3c1-s

    421: 名無しさん@HOME 2019/01/19(土) 21:14:57.82 0
    実家に同居してる弟嫁が、
    弟が交通事故で入院し出してから一切家事しなくなった。 

    両親どっちも要食事制限(塩分)だから大変だろうし
    調整されたお弁当とかにしたらって提案したんだけど
    自分で作るからってお弁当代を手間賃としては
    嫁におこづかいとして渡してるのに食事の準備もしない。 

    朝も起きなくて昼はなにもせずただボーッとしてて 
    夜になると遅くまで寂しいって泣いてたりする。 
    弟がいなくて心細いのはわかるけど子供じゃないんだし
    専業なんだし普通に生活しろって思う。
    おかげで仕事帰りに疲れてるのに
    こっちが親の愚痴聞かされたり買い物に連れていかないといけなくなってるし迷惑。


    155b621a-s

    267: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/15(土) 22:42:48.15 ID:WQVVXjAL0
    家事しないヒス嫁(元)に嫌気がさしてきた頃に出会ったのが嫁 

    数年感はただの知り合いだったけど
    今嫁から誘われて不倫→元嫁と離婚して今嫁と再婚した 
    小料理屋の娘だったのでメシウマだし、割と年の差婚だったので肌もピチピチだ


    90cf20ab-s

    568: 名無しの心子知らず 2012/11/14(水) 16:05:02.78 ID:Hmp31PXH
    相談させて下さい 
    上手くまとめられないので時系列で書きます 
    妊娠中(共働き)、私は育休とって復職する気があったのですが、
    夫は3歳までは母と一緒にいるべき!という考えで、
    私は仕事を辞めようか迷いました

    そんな中、夫の会社が上手くいかなくなり
    クビになるかもしれないと聞き、
    「そんな不安定なのに仕事は辞められない。私は復職するね」
    というと夫も渋々了解しました 

    そして無事1月に出産…結局夫の会社は持ち直せず
    夫は5月に失業しました。 

    失業する前に何度か
    「夏に保育園に入園させるから私は復職、あなたは求職してね」
    という話をしたのですが、毎回
    「それは嫌だ母親が無理なら父親がついていてあげないと…
    俺は主夫になる」
    の繰り返し… 

    お試し期間のような形で何週間(通算1ヶ月ぐらい)か
    夫だけに家事をさせたりしたのですが、
    その時は文句無しに出来ていました
    (元々家事を手伝ってくれる人で料理も上手です) 

    安心して9月から復職したのですが、ここ1ヶ月ぐらい、
    ちょっとどうなの?という事が続いています。 

    まず、帰ったら(18時)ご飯が用意されていない。 
    最悪準備だけでもしててくれたら私が作るのに、材料すら買ってない… 
    お風呂、トイレの掃除をしてない。 
    洗濯をしてない。 
    (全て私が休みの日や帰宅後やっている) 
    ただ、子どもの離乳食や外遊び等はちゃんとしているんですよね。 

    一般的な主夫や、子どもを持つ専業主婦の生活がよくわからない
    (私もその期間が短かったので…)のですが、こういう場合は
    もっと家事をやるように指摘してもいいものでしょうか? 

    たまに、「今日ご飯はー?買い物はー?掃除はー?」と聞くと
    「子どもがグズグズでさ、ずっと抱っこだから無理だった」と言います。 

    たまに2ちゃんでも子どもがグズって家事できなかったのに
    夫に指摘されてイラついた等の愚痴をみるので
    私も指摘するのを我慢していましたが、
    これからも我慢するべきでしょうか? 

    ちなみに義実家は義母が他界、義父は疎遠 
    実母と実父は現役で働いているのですが、
    実母は少し余裕があるので「お手伝いにいこうか?」と
    言ってくれているのですが夫は嫌がります…


    75cf8097-s

    381: 名無しさん@HOME 2018/12/10(月) 22:17:14.20 0
    愚痴らせてください。 

    次男夫婦が嫁の妊娠(5ヶ月)による退職と息子の会社の不景気で残業がなくなり、
    金銭的にキツイから同居させてほしいと頼んできて同居3ヶ月目。 
    嫁は家事は一切せず、昼は極力私に合わないように私がいない隙にトイレ行ったり、
    私の作ったお昼ご飯を部屋に持ち込んで、
    息子が帰って来たら部屋から出て来て一緒にご飯食べて、お昼の食器も一緒に置いて行く。

    いきなり嫁に言うのは可哀想かなと思い、
    息子に「お嫁ちゃんは何も出来ないぐらい体調悪いの?
    挨拶もしない人の食事用意して洗濯して洗い物するなんて私は女中じゃないのよ」と言ったら
    「話してみる」と言ったが嫁からの返事は「Wi-Fiつけて欲しい」だった。 
    旦那が「そんなに同居が嫌ならお嫁さんのために出たらどうだ?団地に申し込んだらどうか?」
    と提案したけど嫁の返事は「Wi-Fiは我慢します」だって、何も響いてない。 

    今日の夕食の時に息子と嫁にもう一度
    「家事が一切出来ないぐらい体調悪いのか?
    日中、部屋から出て来ず挨拶もしない人の世話だけをさせる為に同居したのか?
    団地に申し込んだらどうか?」と言ったが「体調悪くてすみません」しか言わない。 
    月1で孫連れて遊びに来る長男夫婦の孫とお嫁さんは可愛くて仕方ないが、
    次男夫婦に孫が生まれても同じ様に可愛いと思えない。 

    今週も部屋から出て来ず挨拶も無ければ1月いっぱいで出て行ってもらおうと旦那と話し合った。 
    我が子ながら本当に情けない。


    324

    973 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/01/13 11:06
    1年前のことです。

    当時、ぼくは現役で合格した夜間の大学に通っていたのですが、その頃のぼくは、大半のだめ人間がそうであるように新しい環境になじめず、毎日が暗い日々の連続で、しばらくして

    「こんな学校を卒業しても意味がない」

    という甘ったれた考えを持つようになって、ちょくちょく学校をさぼっていました。

    その結果、進行した講義にまったく付いていけなくなり、ほぼ登校拒否になってしまったのですが、甘ったれなものでそのことを親に言えず、仕方なく学校に行くふりをして、毎日ふらふらとファストフード店に入り浸って、途方もない時間をつぶしていたのです。
    その日も、そんな1日になるはずでした。

    夕方の六時過ぎ、いつものように明るく家を出たぼくは、自転車を適当に漕いで銀座へ向かいました。

    そして、今はもうなくなってしまった晴海通り沿いのケンタッキーの前に自転車を停めて、ホットティーを注文し、店員に聞かれる前に

    「ミルク」

    と言うと、トレイを持って2階にあがったのです。

    2階は、通路をはさんで4人掛けのテーブルを2つ置いただけでいっぱいになるような幅の細長いフロアで、階段を昇って左側がトイレと喫煙席。そして右側が窓と禁煙席でした。

    ぼくはタバコがだめなので、いつも禁煙席にトレイを置きます。こちらの席は、なぜか2人掛けのテーブルが多い印象があり、実際、ぼくのように1人で座っている人もちらほらと見かけます。

    あのころは、これを見るたびに

    「タバコが吸えたら、ぼくも友達ができたんじゃないか」

    と考えて、暗くなっていました。その日も、そんなような事を考えながら、本を読んでいたのです。

    30分くらいそうしていたでしょうか。人の動きが視界に入ったので見ると、1人の女性がトレイを運び、ちょうどぼくの真向いのテーブルに座るところでした。

    その女性は40代くらいで、胸まである長い髪をとかさないでボサボサにしていたのを覚えています。

    そこまで見ていてなんですが、特に興味もなかったので、ぼくは本の続きを読むことにしました。1人の客なんて他にもいるし、なによりぼくもその1人だからです。

    ところが、しばらくして不思議なことが起こりました。1人のはずのその女性の席から、話し声が聞こえてきたのです。

    「電話?マナー悪いな」

    そう思ったぼくが何気なく彼女の方を見ると、電話などどこにもなく、彼女はただ、うつろな目をして、誰もいない空間に向けて言葉を発していたのです。

    ……あのさ……ねってやっぱ……でもきの……つい……やめ…

    しゃべり続ける彼女を前に、ぼくは席を立とうと思いました。実際、彼女の影響でまわりの客はみんな帰ってしまい、禁煙席には彼女とぼく以外誰もいなかったのですから。

    しかし、時計を見ると帰るにはまだ早く、最低でもあと30分はここにいなければ親に疑いをもたれてしまいます。

    仕方なく、ぼくは本の続きに目を走らせましたが、内容は全く頭に入ってきませんでした。

    それから10分ほどたったでしょうか。彼女は相変わらずしゃべり続け、ぼくの方も少しずつ馴れてきた頃、ぼくの胸の中で先ほどまでの恐怖心が薄れ、かわりに好奇心が出てきました。

    「一体、何を話しているのだろう?」

    彼女の声はとても小さく、内容までは全く聞き取れなかったのです。念のため目を本から離さず、耳だけに全ての神経を集中させました。

    このページのトップヘ