セクハラ


    23a753da-s

    222: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2019/01/16(水) 20:15:36.25 ID:ddvl8w8H.net
    前の会社に気分屋でパワハラセクハラ上司(課長)がいた。

    そいつのパワハラに耐えれず事務員が辞め、中途で入った子がギャルっぽいけどサバサバした明るい子で、ある朝痴漢にあったらしく警察と話をするから遅刻すると連絡があり、遅れて出社してきた。

    課長が彼女を見るなりニヤニヤしながら「触りたくなるほど魅力的だったってことだね~、女忄生冥利に尽きるね」と、痴漢にあったことが名誉なことみたいな言い方をした。

    そしたら彼女が「そうなんですか?じゃあ課長の娘さんと奥さんが痴漢に遭いますようにってお祈りしておきますね。」と返した。
    次の日も出社するなり「昨日の夜も暇だったんで課長の奥さんと娘さんが早く痴漢に遭いますようにって4時間ぐらいお祈りしておきましたよ!早く痴漢に遭うといいですね!」と言い
    それから数日間は毎日「おはようございます課長!昨日も奥さんと娘さんのことお祈りしておきましたよ!娘さん、そろそろ通学中に念願の痴漢されてるかもしれませんね!女忄生冥利ですね」
    「課長、奥さんはまだ痴漢に遭われてませんか?毎日毎日お祈りしてるのに、まだなんですね…明日も頑張ってお祈りしておきますね!」と、まるで呪われたみたいに爛々とした目で嬉しそうに報告していた。

    週が明けて月曜日、また課長出社してくると彼女はニヤっと笑って「課長~!」と声かけたら、課長が突然土下座して「悪かった!あんなこと言って悪かった!もう嫁と娘を呪わないでくれ!頼む!」と絶叫した。
    結局、土下座事件が広まって話が大きくなって社長案件になり、課長は違う土地に飛ばされた。

    課長の土下座も、彼女のニヤっと笑った顔も土下座した瞬間に冷たい真顔になり細い目で見下していたのも衝撃的だった。

    彼女とはお互い会社辞めた今でも今でも仲良しだけど、
    あれ以降あんな彼女は見たことない。


    6be45919-s

    490: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/14(火) 18:41:01.91 ID:GhysoZ1S
    流れ切って投下。スーッとしたのは私だけかもしれないけど、未だに覚えている話をさせてください。
    数年前、とある短期バイトで一日スーパーの臨時売り子をした。 
    初めてだったので緊張していたが、お昼のピークもすぎると店内も落ち着いてきて、心の余裕もでてきたそんな矢先。
    六十は越えた爺さんが「あんた新顔だね」と話しかけてくれた。
    軽く立ち話なら…と思ったが、続く続く爺さんの話。かれこれ30分経過して、どう対処していいか分からず、かといって蔑ろにも出来ず、おろおろしていたところを店員さんがバックヤードに引き入れて助けてくれた。
    店員さん曰わく、「あの爺さん、暇だからって若い子にずっと絡むのよ、災難だったね」ということらしい。
    店員さんからのフォローも頂いて、有り難いと思いながら持ち場に戻ると、帰ったと思ったはずの爺さんはすでにスタンバイしていた。


    b1faf092-s

    509: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/11/21(水) 12:33:17.96 ID:N4kWnMBX.net
    5日で来なくなった派遣社員からセクハラで訴えられた

    「課長の田中努(仮名)に食事に誘われて断ったら粘着された。 
    隙を見てベタベタ触られたり卑猥な事を言われるので警戒していたがコピー機の所で背後から抱きつかれて固くなった股間をこすり付けられ胸を揉まれた 
    抵抗したが「派遣社員が逆らってやっていけると思ってるのか」と脅された 
    翌朝から出社しようとすると涙が止まらなくなって外に出られなくなった。男の人が恐い。心療内科の診断書もある。謝罪と賠償を」 
    との事。身に覚えがないどころか派遣は主任の管轄なので挨拶されたっけかな?くらいで顔もわからない 
    法務部が「本当に田中努(仮名)がやったのか?」と確認するも「課長の田中努(仮名)で 間違いない。身体的特徴はこれこれこうで服装はこれこれこう」の返答の特徴に該当するのは自分しかいなかった 
    勤務時間的に不可能な犯行も多々あり周囲は潔白を信じてくれたし法務部も「会社都合退職にして失業保険即貰おうって腹じゃないかなー」と云う見解だったが 
    それだけに内々に済ませるわけにもいかず労務審判となり初めての裁判所しかもセクハラときて個人的にはかなりの修羅場だった 

    まぁ調停で「どうも、田中努(仮名)です」と固くなる股間を持ち合わせていないアラフィフのおばちゃんに名乗られた派遣女と弁護士の方が修羅場だったような気もするが


    8942c255-s

    269:名無しさん@おーぷん2015/02/14(土)01:11:16ID:zVt
    昨日起きた修羅場です

    昨年結婚し、仕事を辞めて主人の実家で義両親と同居を始めました
    主人の祖父母の代まで農家だったので、田舎の広い家です
    義父はサラリーマンで、義母は専業主婦
    私が嫁いだ時には義父は既に引退して優雅な年金生活
    私と義母で家事を分担していますが
    二世帯の家族で働いているのは主人だけなので
    義父母は基本的に毎日家にいます
    嫁いびりもなく義父母共にいわゆる良ウトメでした


    e99da53a

    499: 愛とタヒの名無しさん 2013/10/08(火) 13:58:14.74
    三度目のデートで、偶然手が
    当たったように装って
    何度も胸やお尻を触られた…
    正直痴/漢に遭ったみたいで
    非常に不快。
    ブサデブだけど話の面白い人で
    結構いい感じだったのに、
    もう痴/漢かセク八ラオヤジにしか見えない。
    四度目のデートに誘われてるけど、
    なんかちょっと鬱…
    そのくらいたいした理由じゃないと仲人
    には言われそうだが、もう
    お断りした方がいいのかな…?


    6f6ec7c8-s

    894: おさかなくわえた名無しさん 2007/10/15(月) 02:30:11 ID:ImJjskis
    前の職場の上司だった奴。既婚37歳。
    私がそいつの下に配属されてから暫くして、
    終業後仕事のことで話があるから
    軽く御飯でも食べながら話そうと言われた。
    その日は本当にほぼ仕事の話だけで普通に帰ったんだけど、
    次の日からなぜか私を見る目がネットリしてきた。


    9a936554-s

    840: おさかなくわえた名無しさん 03/06/07 23:07 ID:qqZu8UZM
    会社に勤めていた頃、下品なセクハラオヤジがいて、飲み会の度に、○女?
    もうやってんの?激しい方?だのの発言から始まって、体に触りまく
    りのやつがいた。いつものように絡まれたとき、「最近の子は何やって
    るかわからんからなあ」に対して、「(あなたの)娘さん程じゃない
    ですけどね~」とやってしまった。


    85271ef2-s

    132: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/05/31(月) 12:36:06
    舅「おっ!嫁子ちょっと痩せたな!」
    私「そうですか?嬉しいです」
    舅「若い頃の○○ちゃん(姑)にそっくりだ。ムラムラするなあ~」


    118

    322: 1/2 2008/12/22 23:40:51 ID:???
    じゃあ妬みたいな出来事。
    正直吹っ切れてるから書くけど。

    もう何年も前だけど
    結婚して義実家とは別居、ウトメは良くも悪くもなく空気だったけどコウトが最悪だった。
    セクハラは勿論、トイレに入ってるのにドアを開けたり、胸を触ってきたり尻を触って着たり。
    その度に叱ったりウトメや旦那に訴えたが「気にしすぎだ」「偶然だ」とリピート。
    で、段々を味を占めたのかエスカレートしてきて、コウトとその友人にレ〇プされそうになった。

    旦那が出勤してすぐコウトが友人引き連れて押し掛けてきた。
    ゴミを出そうとしたときにコウト襲撃、チャイムも鳴らさずドアを開けてズカズカ入ってきた。
    何の用かと思ってたらなんかニヤニヤして、玄関の鍵を閉めた。
    何で鍵を閉めるのか最初分からなかったけど、コウトの日ごろの行いから「ヤバイ」と悟った私はゴミ袋を
    コウトたちに投げつけ、鍵のかかる部屋に逃げようとした。
    だけどコウト友人に肩をつかまれバランスを崩し押し倒されてしまった。
    服を破いてネ果にしようするので思いっきり抵抗したら「杀殳すよ?」と脅してきて、首をつかまれ思いっきり糸交められた。
    無我夢中で抵抗したら足が相手の玉を蹴り上げていた。


    946

    930:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2014/10/30(木) 23:08:11.32ID:g0iMpGcl
    高卒で入った会社での初めての宴会で体験した話 
     
    その場での一番の上司がかなり酔っていたようで 
    座っている私の前に立つとズボンをいきなりズリ下げて 
    いきりたったアレを見せながらポケットから取り出した札束で私の頬を叩き 
    「新人ちゃんはいくら出したら俺のチ○コをしゃぶってくれるのかなー」とのたまった 

    このページのトップヘ