デブ


    83

    886: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)06:47:13 ID:eCi
    昔、職場に重量級女子がいていろんなダイエットに挑戦しては失敗して当たり散らしてた。
    とにかく行動がおかしくて、そんなんでダイエットなんて無理だろうって感じだった。
    食事の前にリンゴを食べると良いと聞いて、3食毎回りんごを1個”追加”で食べて痩せないって騒いで
    野菜を先に食べると良いと聞いて、サラダを”追加”で食べるようにして、しかもドレッシングだぼだぼで
    「御嬢さん、ドレッシングはサラダに掛けるものであって、サラダを浸けるものではないですよ」と言いたくなる感じ。
    どう考えても本人に問題があるのに、このダイエット法は駄目だ。騙されたって。

    で、あんまりにも痩せないおかしい、どうしてだ。って騒ぐから

    「コーヒーとかジュースを止めて緑茶とかウーロン茶にするだけでだいぶ違うよ。」と教えてあげたんだが

    1ヶ月続けてもまったく効果がないってキレられた。
    会社にいる間だけでも、毎日ペットボトル3本飲んでるし、確かに緑茶やウーロン茶にしてるのに効果ないとか
    よっぽど痩せにくい体質なのかと思ってたんだけど、ある朝、ちょうどその子が出勤してきたところに居合わせて
    見てたら、コンビニの袋から緑茶のペットボトルを取り出して、蓋を開けて、机の引き出しからスティックシュガー取り出して、
    シャーってでかいの丸々1本入れてシャカシャカ振りだした。

    「なんで砂糖入れるの?!」って聞いたら「えっ? 普通入れるでしょ? だって、コレ、甘くないんだよ?」って

    やせるわけないだろう!


    877

    502: おさかなくわえた名無しさん 2011/10/15(土) 00:54:14.58 ID:QFfUtC3X
    とある人とGWに知り合い、その年の秋に付き合うことになった。
    見た目は太っていたけどとてもいい人で、その点はまったく気にならなかった。
    夏に友人達とみんなで会ったり、二人だけで会ったりしたときに、いつも汗だくで
    「デブでごめんよ~」なんてニコニコしてるのがむしろ可愛いと思ってた。

    付き合い始めて季節は冬になった。
    彼は相変わらず優しくて思いやりがあって頭カタイくらいの常識人で、
    惚れ直すばかりだったんだけど・・。

    冬になったら一気に「超寒がり」に変貌した。

    夏はあれほど暑がっていつも汗だくでいたのに。
    寒さに弱くて靴下の重ねばき・ヒートテックシャツの重ね着はあたりまえ。
    暖房をガンガンにかけて耐え切れず私が一枚脱ぐ中、寒い寒いずっと言ってる。



    理不尽だとは思う・・。
    でも、デブな人が暑がりなのはいいんだけど寒がりなのはどうしても納得いかず冷めた・・。
    「優しい人」が一気に「単に自分にも他人にも甘い人」に見えてしまった・・。
    別れ話の席でも「寒い寒い」言いながら暖房ガンガンの中でアイス食べてた。


    88

    438:
    おさかなくわえた名無しさん 2011/06/24(金) 10:28:06.12 ID:Pmy7MTDC
    デブ注意


    20歳の時初めて彼氏ができた。
    その時、私は100キロ越えの超巨漢。
    彼氏はイケメンだったと思う。
    「マツコデラックスと小栗旬が腕組んで歩いてるみたいだった」

    とあとで友人に言われた。

    さすがに彼氏のためにも綺麗になりたいとダイエットを決意。
    デブはすぐに体重減るんだけど、次のデートのときには95キロぐらいにはなってた。

    269:にゃんこ速報 2015/04/10(金) 12:18:56 ID:LU5
    友達と自転車で出かけた時のこと。
    うちはちょっと田舎なので車も歩行者もあまり通らないのに道幅が広かったりする。
    そんな道を私が前を走って友達が後ろから付いてくる感じで(直列)、お喋りしながらゆっくり進んでた。
    私達は道路の左端を通っていたんだけど、前方から自転車に乗った男がこちら側に寄ってきてそのまま擦れ違った。
    危ないなーと思ってたら後ろから「きゃっ」と声がした。

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2017/12/30(土) 11:23:52 ID:nTA
    兄嫁さんがやたら兄嫁の同僚男性との結婚を勧めて来る。
    押しに負けて一回だけ会ったことあるけど、不潔っぽいデブだった。
    眼鏡にフケがついてた。
    席につくなり質問攻め。
    「血液型は?星座は?」「え…A型です、射手座です」
    「そうですか、じゃあ好きなスポーツは?」「テニスですかね」
    「そうですか、では好きな食べ物は…」
    って、聞くだけ聞いて全然話題を膨らまさないでただ聞き続けるだけ。
    「ラーメンが好きです。そちらは?」って一回振ったら
    「なんでそんなこと聞くんですか!!」って憤然としてた。だめだこりゃと思った。
    兄嫁に断ったけど「いい人だよ、実家がお金持ちだよ!」としつこいしつこい。
    小姑が行かず後家になるのが不安なのかと思ってたけど
    私に彼氏ができてからも「同僚さんの方が実家がお金持ちだよ!」とやめない。
    昨日も言われたから強めに断った。
    「今の彼氏と来年婚約するんで」
    「え~でも同僚さんの方が実家がお金持ちだよ」
    「どうでもいいです。同僚さんが何兆円持ってても結婚したくない」
    「え~なんでなんで?」
    もうDQNでいいやと思って「同僚さんと夜の営みをできる気がしないからです」
    って言ったら、兄嫁「ハッ!」て顔になってなぜか「そうよね…」って急にそそくさ立ち去って行った。
    今朝は「おはよう」と言う前に「今までごめんね」だって。
    この反応からして兄嫁もあの人と夜の営みは無理なんだろう。
    そんな男性を4年間ゴリ押しし続けてきた兄嫁さんが本当に神経わからない。

    858:にゃんこ速報 2014/05/06(火) 14:31:53 ID:scQah5yra
    数年前に兄に起きた修羅場。
    当時兄は大学生で私は高校生。兄は中学の頃怪我でスポーツを辞めてから太りだし、身長185cm115kgという巨漢だった。
    そんな兄のことをずっとデブだのキモいだのと馬鹿にしてきたA子という奴が近所にいた。年齢は兄>A子<私の順。
    ただ、A子自身も小学生の頃から既に太っていて私としては「お前の方が太ってるだろ!」と思っていたが兄から「言いたい奴には言わせとけ」と言われていたのでグッと我慢していた。

    このページのトップヘ