バッグ


    135

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/16(土)01:34:08 ID:AHQ
    彼女「プラダのバッグ欲しい」

    俺「プラダって創業者誰なの?」

    彼女「え?」

    俺「いつ創立されたの?」

    彼女「知らんけど」

    俺「何かもわからんくせに欲しがるのかよwww」


    3

    444: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/04/02(日) 10:19:34.60 d
    厄落としの意味で…
    私の学生時代はバブルのど真ん中だったんだけど、私は景気のいい話とは無縁の、どちらかと言えば貧乏な学生だったの。
    大学3回生のころ、今思えば「総量規制」ってのが入っていきなり景気の雲行きが怪しくなったあたりだったんだろうけど、バイトの帰り道に小さめのバッグを拾ったのね。


    351

    656: 1/4 2009/06/17(水) 17:05:21 ID:Ewi2MyXg0
    今でも不思議でワケわかんないんだけど、俺の幼なじみが遭遇した話を書きます。長いです、ゴメンナサイ。

    幼なじみは女なので、名前は仮にA子とします。もう5年前になるけど、A子は当時23歳だった。

    そこそこ美人なんだけど、性格がかなり変わってて近寄りがたい雰囲気の女なので当然彼氏もいなくて、俺はよく

    「誰かイケメンを紹介してくれ」

    と言われていた。

    ある日、仕事から帰ってきた俺は、家の前でA子とカチあった。(家が隣同士)いつもは軽く立ち話をするのだが、この日はA子がこんなことを話し出した。
    「今日、たまにはバッグのそうじでもするかーって思ってさぁ。いつも持ち歩いてるトートバッグの中身を、テーブルの上にぶちまけたの。

    まるめたゴミとか100円玉とか板ガムとかいろいろ出てきたんだけど、その中にさあ、なんか畳んだメモが1枚あってね。なんだろと思って開いたらさ…ほら、コレなんだけど読んでみ」

    そう言って、1枚の紙切れを渡してきた。何かのDVDの予約受付票(販売店とかにまとめて置いてあるやつ)の裏に、ボールペンで雑な文字が書きなぐってあった。

    『●●●であなたを見かけました。とても気になっています。どうしても声をかけることが出来なかったので、こうしてメモを書きました。

    俺は20歳、××大学の学生です。顔はよくラルクのハイドに似てると言われます。個人的にお会いしたいです。電話かメールください。090-****-****、メルアド***@***~』

    俺は思わず

    「うわキモ」

    と口走った。

    ●●●とは、近所にあるレンタルビデオ店。××大学も近所にある。

    その自称ハイド君は、いっさい気配を悟られずにA子に忍び寄り、肩から提げているトートバッグの中にこのメモを放り込んだのだろうということだった。

    A子は

    「面白そうだからこれからメールしてみる」

    と言いだした。

    この頃のA子はとにかく彼氏に飢えてたし、なんつうかバカだったので、こんなおかしなアプローチにもロマンスを感じてしまったんだろうと思う。

    俺は別に止める理由もないので

    「どうなったか後で教えてね」

    と言ってその場はオシマイ。

    そしてこの日から俺に、ハイド君にアクセスしたA子からの詳細メールが届いた。

    このページのトップヘ