一人暮らし


    462

    123: 名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木)02:04:37 ID:KR0
    ふと深夜に思い出したことを書かせてください

    あの日は夜勤明けでけたたましいピンポン連打に目を覚ました
    時刻は夜中の2時。何事かと玄関に行くと「開けてください…」という男の声。
    以下、男との会話私「いま何時だと思ってるんですか?!ていうか用件は!」
    男「あなた、お金を落としましたよ…それを届けに来たんですからドア…開けて…入れてください…」
    私「どこでお金を拾ったのかと、私のものだとなぜわかったか説明できますか」
    男が言うにはアパート近くのスーパーで私が買い物をしたとき落としたのを拾ったんだ、と
    確かに仕事帰りにスーパーへ寄ったし、ズボラなものでたまたま鞄に入れてた給料袋からお金を出したのでそのとき落ちたのかもしれない
    私「それが本当だとしても、普通は直後に落としましたよとか声かけますよね?」
    男「いや…俺も仕事があったし…仕方なく家をつけて…仕事終わったから来たんです…」
    もうツッコミが追いつかない
    仕事中にスーパーで買い物してお金落とした女に話かけもせず、家までつけてくるかw
    しかもこんな深夜に仕事が終わる会社なんて近所どころか町内にないってのwww(※超ド田舎)
    私「お金って千円くらいでしょ、あげますから帰ってください。ご近所にも迷惑なんで」
    男「そんなこと言わないで…お菓子、買ってきたんですよ…一緒に食べましょう…」
    あああああ!!コイツ絶対、頭おかしい!お巡りさーん!
    私「ちょっと、いい加減にしないとマジで警察呼びますけど?!」
    男「………わかりました…」
    ドアスコープから覗くとしょぼくれた男の姿が一瞬見えた。強気に出たけど本当はめちゃくちゃ怖くて玄関にへたり込んだ。


    405

    10/07/21
    ほんのりスレから。時空の歪みと思えなくもない。


    603:本当にあった怖い名無し 2010/07/18(日)01:49:24ID:xk9ta+DF0
    学生時代は大学近くのアパートで一人暮らしをしていた。

    1階だったので、入居前は上の階の人の生活音なんかを心配していたが、いざ入居してみると上の階の人が静かな人なのか、はたまたアパートの造りが良いのか、足音、テレビの音、音楽、話し声なんかは全く聞こえてこなかった。
    ただ一つ気になったのが、2週間から1ヶ月に1回くらいのペースで聞こえる「落下音」だった。

    手に握れるくらいのサイズの何かを、人の腰くらいの高さから床に落とす「カタンッ」という音が時々聞こえてきた。

    でもまぁ他は静かだったし、物を落とすのは仕方ないな、と思って大して気には留めていなかった。

    ある日、アパートの大家さんに会ったときにその話をすると、その部屋には誰も住んでいないと言う。

    落下音は確かにするのでおかしいと思い、大家さんと一緒にその部屋を確認しに行った。確かに人は住んでいなかったし、家具類もなく人が生活している様子もなかった。


    406

    28:
    名無しさん@家庭ちゃんねる:2014/03/05(水) 10:28:55
    2年程前の話です。
    俺が大学進学で上京して一人暮らしのためアパートに引っ越した。
    そしたらそのアパートの1階にすごく綺麗な女の人が暮らしていたんだ。
    俺が引っ越してきた時からすごく愛想よくてさ。
    向こうからにっこり笑って挨拶してくれたり、道でばったりあった時は
    話しかけてくれて、雑談とかしてくれたんだよ。
    俺はそれまであまり女の人と話したこともなかったから、
    それがすごく嬉しくてさ、その人が外に出てるのを見掛けたら
    俺もわざと出掛けたりして話したりしてたんだ。

    でもいつも一人でいるし、男の人が出入りしているところを見たことがないし、
    もしかしたら彼氏いないのかな?こんなに綺麗なのになんでかな?って
    ちょっと不思議に思ってた。
    いや、このころはもう好きすぎて

    「彼なんていないでくれ」

    って祈ってたと思う。


    30:名無しさん@家庭ちゃんねる:2014/03/05(水) 10:37:31
    ある日、意を決して

    「彼氏さんとかいないんですか?」

    って聞いてみたんだよ。
    そしたらちょっとびっくりして、すごく意味深に笑って

    「いないよ。どうして?」

    って言われたんだ。
    俺はもうどぎまぎしちゃってDTまるだしで恥ずかしかったんだけど
    「い、いえ、なんか彼氏さんとか男の人が遊びに来たとこみたことないなあと思って」
    というのが精一杯だった。
    そしたら


    313

    14/01/19
    2年前まで大学生してた時の話。特にオチはなく、霊現象ではない事を先に言っておく。

    アパートの1階で一人暮らしをしてたんだが、2週間ほど毎晩窓を思いきり叩かれた事があった。

    近くに友達(以後A)が住んでるのでそいつの仕業だと思い、窓を開けるも誰もいない。

    メールしても大学で会っても

    「知らねーよ、俺じゃないしww」

    と。
    結構本気でAのイタズラだと思っていたのだが、Aと俺の部屋で飲んでいた時、また窓が叩かれた。少しの間沈黙が流れ、Aが口を開いた。

    A「最近お前言ってたのって今の?」

    俺「うん、つかお前じゃねぇのかよマジで誰だよ!!」

    窓を恐る恐る開けるA。だがいつものように誰もいない。

    A「いねーな…つかヤバくね、お前。何かやっただろ」

    俺「何もしてねーよ」

    実際本当に心当たりがないのだ。そしてこの翌日の夜、ついに窓叩き最後の日が訪れる。



    272

    414: 大学2年のときの話 02/09/02 00:25
    オカルトとはぜんぜん関係ないと思うんだけど、本当に俺が体験して、マジで怖かった話。

    大学2年の夏休みの時の話なんだけど、俺はアパートで1人暮らししていて、毎日サークルの朝練で、目覚まし時計を朝6:30にセットしてた。

    わりと音が大きいやつで、スイッチを入れ直さなくても、自動的に朝鳴るやつだった。
    で、夏休みになって実家に帰ったんだけど、目覚まし時計のスイッチを切っていくの忘れてしまっていた。おそらく約1ヶ月間、毎朝6:30に鳴っていたはず。


    2

    237: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 18:08:24.00 ID:OEkS+GT3
    自分の体験じゃなくて近所で起きた衝撃的な話なんだけど

    20すぎの軽度知的障害の女性が親に見捨てられて一人暮らしすることに
    (ちなみに顔は可愛くて太眉すっぴんの平井理央みたい)
    工場のアルバイトをしてみるが使えずクビになったりを繰り返しているうちに風●のスカウトを受ける

    性的なことへの知識がない女性は自分にでもできるお金に困らない仕事ということで喜んで入店


    89

    426:
    彼氏いない歴774年 2011/10/18(火) 07:26:17.72 ID:f0zBvncY
    思いがけず、隣の部屋の女性をストーカー被害から救ってしまった。

    女性は夜の仕事なので、昼間寝ていて夕方出勤してたらしいんだけど、私は引っ越してきたばかりだし、生活サイクルが違うので一度も会ったことがなかった。

    私が仕事から帰ってくる7時~8時くらいに、隣の部屋に帰ってくる(と思ってた)

    20代後半~30代前半くらいの男性とエレベーターで一緒になったりしたので、てっきり男性の一人暮らしだと思い込んでた。

    ある日、私が出勤しようとした朝に、その部屋から女性がごみ出しに出てきた。

    その部屋の男性の彼女だろうと思って適当に朝のあいさつして通り過ぎようとしたら、たまたま近所に住む大家さんが来て、

    「最近痴漢の被害が多いから、あんたたち2人とも女の一人暮しなんだから気をつけるのよ」

    と言った。

    あれっ?と思った私は女性と大家さんに

    「あれ?でも彼氏さん?もしかしてお兄さん?と一緒に住んでますよね?」

    と言ったら女性の顔がみるみる真っ青に。何でそんなこと言うのかと言われて、よく見かける男性のことを言ったら、


    71

    704:
    名無しさん@おーぷん 2014/11/25(火)19:29:49 ID:8yc
    とんでもない勘違いをされてしまった話。

    俺は賃貸マンションで独り暮らしをしているんだけど、左隣のA夫婦がギターをよく弾いていた。
    彼らは夜遅く弾いているわけでもなかったし、何時間にもわたって弾いているわけでもなかったので俺はそれほど気にしてはいなかった。

    そうしたらある日、管理会社から俺に電話がかかってきたんだよね。

    そして

    「匿名であなたに苦情が来ていまして」

    と言われたので驚いたわ。
    続けて管理会社のその人は

    「ギターがうるさいようなので、止めていただけないでしょうか」

    と言った。

    だから俺は、ギターを弾いているのは俺ではなく左隣のA夫婦だということを伝えた。
    ついでに匿名さんの誤解を解いておいてくれないかとも頼んだ。

    そうしたら

    「すみません。苦情の電話は非通知でして、私どもも誰なのか把握できてないんです」

    と言われてしまった。

    後味悪すぎるなあ…と思ったよ。

    それから管理会社の人はA夫婦宅に電話をしたようで、翌日からギターの音は聞こえなくなった。

    俺は、苦情をしたどこかの誰かに勘違いされたままではあったが、とりあえずA夫婦がギターを弾くのをやめてくれたのは良かったと思ったな。

    それから半年くらい後にA夫婦はどこかに引っ越していった。
    そして引っ越してから数日後にA夫婦から俺に手紙が来ていた。


    67

    631:
    本当にあった怖い名無し05/01/07 16:52:53 ID:Xk1BFrwc
    自分が小学生の頃、父の単身赴任中、母が病気で入院したことがあって、叔父の家に1ヶ月ほど預けられた。

    その家には、「おじちゃん」という人がよくやってきた。

    「おじちゃん」は、近所で一人暮らしをしている老人(60代ぐらい)で、酒やビールと惣菜を数品持参して、叔父と一緒に晩酌をしていた。

    その日、「おじちゃん」は酔いつぶれて寝てしまった。

    自分が起こそうとすると、ものすごく嬉しそうな顔をして寝ている。起こすのをためらっていると、「おじちゃん」はぱっと目を開いた。

    そして自分の顔を見ると、

    「お?おー…、ボクか…。」

    と深いため息をついた。

    「おじちゃんなー、今、すごーくいい夢みてたよ。おじちゃんが生きてた中で一番幸せな時間だったなー。」

    と、まだ酔いが覚めていない赤い顔をほころばせながら言った。どんな夢か聞いてみると、

    「ボクには言ってもわからないだろうなー。もうちょっと大きくなったら教えてやるよ。」

    と言った顔は本当に幸せそうだった。そして千鳥足で家に帰っていった。


    39

    908:
    名無しさん@おーぷん2015/08/18(火)11:28:15 ID:7aX
    夏休みなので1人旅を計画し、妹が1人暮らししている県も通りかかったのでその晩は妹のアパートに泊めてもらった。

    妹はちょっと変わっていて、何時に食事、何時に入浴と決まったサイクルで動かないと落ち着かない。

    妹が風呂に入っている間、俺はテレビを見ていた。

    玄関の方から何か、ガチャガチャ音がした。ドアの向こうで数人が何か話している気配がする。スコープを覗くと若い男が数人いた。

    いやな予感がして、音をたてないようチェーンをかけた。かけ終わってほんの数秒後、

    このページのトップヘ