189

940: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)10:02:40 ID:AWZ
この間から怒りで震えて、気持ちを鎮めるために投下。
すごく長いです。端的に言えば
・乳飲み子抱えて離婚した
・不義の子と疑われた
・今頃になって子供寄越せと言ってきた
という程度の内容です。

15年前、乳飲み子を抱えて離婚した。
夫が老舗の看板背負った店の跡取り息子だったことから
回りの跡取り待望論が激しく、結婚して2年目にふたりで専門病院の門を叩いた。

検査結果は私には原因はなく、夫の方が少々種の数が少ないとの事。
でも絶望的な数値ではないので望みはあると言われていた。
だけど夫のショックは半端なかった。
回りに早く早くと急かされ続けていた為、いきなり体外受精に踏み切ったのが悪かったのかもしれない。
もっともそれを望んだのは夫の方だったのだが、一度目の体外受精のあと突然夫が治療に非協力的になった。
あんなものは男にとって屈辱でしかないと。
採精室と呼ばれる部屋(工口本、工口ビデオ完備)で「出して」もらうわけだが
それが屈辱だし不自然だと言う。