仕返し


    472

    625: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/21(木) 16:19:36.79 ID:mSZxfjim0.net
    初カキコで生緩い話ですが。
    中学の担任に目を付けられ私は担任にいじめられた。
    私の中学は自転車通学禁止だったのですが近所の方からたまに私の中学の子が自転車通学してると通報があるとなぜか私を呼び出して本当は私がしてるんだろう(私の家は確かに遠かった)お菓子の残骸がトイレなどにあるとそれも私のせいにされる。
    授業は数学の先生だったが私が間違った答えをすると私だけこんな問題も分からないのwwと馬鹿にして周りの友達からも哀れられる位だった。
    当時私は普通のリア充グループに所属していて、DQNグループとも普通に絡みはあったが私自身はピアスも髪染めもしない普通の人なのにそっちはノーマークだった


    441

    190: 名無しさん@おーぷん 2016/10/10(月)22:29:51 ID:6rZ
    旦那と結婚する前に付き合ってた人がDV男だった。
    外面がよく、見えないところを狙って殴るけるをする人だった。
    いつも赤で囲ったところの内側しか殴ったりけったりしなくて
    夏になると腕と太ももと足の赤で囲ったところは避けて
    胸から下の赤く囲ったところだけを狙うという念の入れよう。
    最初は逃げ出そうとしてたんだと思うんだけど、なんかもう気力がなくなって
    DV期とハネムーン期を繰り返してた。
    でもある日背中を思いっきり蹴られてその日から1週間くらい血尿が止まらなくて
    タヒぬんじゃないかと思ったら我慢できなくなってある日、元彼が眠ってる時に
    卵焼きを焼くフライパンでフライパンの柄が取れるまで殴り続けた。


    421

    616:名無しさん@HOME02/09/26 01:22
    叩かれるの覚悟で逆に復讐されちゃったなあ。
    昔私所謂いじめっ子グループのリーダーだったわけで。
    苛める理由は家庭環境がよろしくなかったから・・・って言われてもあちら側からしたら
    凄く理不尽なのは知ってるけどその頃はそんなこと考える余裕もないほどどうかしてた私。
    で、先日苛めてた子と同窓会で会いました。

    ツカツカとこっちに歩いてきて「まあお互い大人だし水に流してくれてるでしょ」と勝手に思ってたら


    402

    169: おさかなくわえた名無しさん 2007/04/17(火) 19:51:18 ID:jLXV+oUU
    休み時間に教室開けてる間に、机に入れていたノートに落書きされた。
    タヒねとか学校来るなといったありきたりなもの。

    そのページだけ破って、書き込まれた字の誤字、筆順の誤りを赤ペンで添削し、書き込まれた罵詈雑言に対しても、ここはもう少しひねりを利かせた方がいいとか色々な本を読んで語彙を増やしてみてはとアドバイス。
    それなりに知恵を働かせたと思われる悪口には花丸に旗までつけて、最後にもう少し頑張りましょうと書いて教室の掲示板に張っておいた。


    252

    234: 名無しさん@おーぷん 2015/12/21(月)12:31:26 ID:lJ2
    やり返したのとはちょっと違うんだけど。長いです。
    実父がDV酒乱だったので、お酒飲まない、暴力しない、博打しない、安定した職についている、借金のない
    金銭感覚のしっかりした、長男だがけしてマザコンでない親孝行の旦那と結婚した。
    しかしモラハラだったw

    「そんなんじゃやっていけない」「お前の考えは社会じゃ通用しない」
    「本気で言ってんの?……はぁ(ため息)」「なってない、やり直し」
    「何もできないんだな」「みんなお前のこと笑ってるよ」「陰で何言われてるか気づいてないの?」
    「ほんと(酒乱の)父親似だな」「レベルが低い」「くだらないことばっか…」
    「まともな話ができるようになるまで口を開くな」
    会話はすべてこんな感じ。不機嫌になると黙る。私が彼の気に入る謝り方をするまで無視が何日でも続く。
    3年もつづくと完全に洗脳状態で、自分が悪いんだと思い込んで奴隷状態だった。
    何しろ旦那は「お酒飲まない、暴力しない、博打しない、安定した職についている、借金のない
    金銭感覚のしっかりした、長男だがけしてマザコンでない親孝行」の完璧な人だと信じきってたし。


    悪い事は重なるもので、配置換えで来た上司が怒鳴り散らすヒス課長だった。
    家庭でもストレス、職場でもストレスで、不眠と吹き出物でさらにストレス倍増。

    ある日家でイライラと課長のヒス発言を思い出していたら、また旦那の無視が始まった。
    いつもなら謝るところだけど、その日は課長で頭がいっぱいでそれどころじゃなかった。
    旦那の無視は一週間続いた。


    88

    303:名無しさん@おーぷん2016/01/30(土)18:28:44ID:ZVP
    復讐と言うにはぬるいかもしれないけど書き込みさせてください。

    毎月20万家に入れていたのに兄夫婦と同居するからと追い出された結果。

    家を出るまで、(父が借金を遺してこの世から退場したので)毎月20万家に入れて私が家庭を支えてきた。
    母は更年期と称して働かず、家事もやらなかったから必然的に私が殆どのことをやっていた。
    ある日母と兄夫婦がいきなり「同居するからスネカジリは出て行け」と言いだした。
    突然のことに反発した私を3人がかりでpgrしてくれた。
    ソファに座っている3人の前で2時間正座してた。
    曰く「お嫁にも行かない極潰し」
    曰く「30にもなって母親に寄生するダメな子」
    曰く「いつまでも親の脛をかじる能無し」
    だって。

    その頃の家の経済基盤はすべて私の稼ぎで成り立っていた。
    母は浪費家ではないけれど騙されやすく、簡単に人を信用してお金を出してしまう。
    (2度ほどオレオレ詐欺に引っ掛かったorz)
    父が遺した借金も、元を正せば母が知人の保証人になった結果負ったものだ。
    父が亡くなった後は実家暮らしだった私が母の生活の世話を惰性で引き継いだ。
    母は私が毎月いくら支払って、いくら家の維持にかけているのか知らなかった。


    27

    12: 本当にあった怖い名無し 2014/03/07(金) 06:02:14.52 ID:a+q/Y0ag0
    ここでいいのか微妙だが、とりあえず書き逃げ

    ドやかましいご家庭の騒音対策に
    近隣ではだいたい耳栓で寝ている
    駐在さんにも訴えたが「うるさいだけではねー」とのことだったので苦渋の選択だったが
    夜のうちにそこんちが焼けていたらしい

    火事の原因はそこんちの息子(中3)の寝タバコで確定済みとのことで
    いちおう事情を聞きに来たおまわりさんには、
    うちも他の家も「寝てましたから何も知りません」と答えたのだが
    駐在さんは騒音トラブルを本署に報告していなかったらしく、
    事情を知ったお巡りさんから怒られてた


    949

    359:名無しさん@HOME2011/08/10(水) 00:04:26.76 O
    婦人系の病気と闘っている方は胸糞悪いと思います。
    すみません。

    卵巣嚢腫で手術をした翌日に病室に来て『子宮とっちゃったんだってー?女やめたんだ?』

    『腹に傷あるんでしょ?見せてよ見せてよ!うっわ!グロッ!オェッ!お兄ちゃん、もう勃きしないんじゃなーい?』
    (思うように動けなかったからパジャマのズボンを下げられた)
    『は?卵巣だけ?意味わかんない。どーせもう使わないんだから子宮もとっちゃえばよかったのに』と言ったコトメ(当時高校生)。


    937

    681:名無しさん@おーぷん2014/06/12(木)16:45:48ID:FYsH7Ppcf
    元旦那にした復讐。
    元旦那は殴りたくなったら殴るような人だった。
    嫁なら殴ろうが何しようが許される存在って認識だったんだと思う。
    私も馬鹿だったから、いつか旦那が普通の人になってくれるはずって思って別れずにいた。
    けどある時殴られて眼底骨折した。
    それでやっと目が覚めた。
    こいつはこういう人間なんだ。これがこいつの普通なんだって。

    すぐ別れようと思ったけど、何かしらやり返してやりたくなった。
    私は元旦那を無視しだした。
    それまでは殴られたら、いたっ...とか思わず声が出たりしてたけど、それすら意識してやめた。
    殴り飛ばされても元旦那の目も見ず立ち上がってまた元の作業に戻る、みたいな。
    最初は元旦那すごくきれてた。
    てめーごときがご主人様を無視してんじゃねーよ!って。
    でも


    829

    50: 彼氏いない歴774年 2011/11/17(木) 20:41:34.02 ID:M+vjObwK
    高校時代に陰険な嫌がらせをしてきていた女の父親が
    私の父が経営している会社(私は跡取りとして役員をしている。人事担当)に面接に来た。
    同情する振りして、仮採用にして貰い三ヶ月後にさよならした。

    このページのトップヘ