叔父


    403

    260: 名無しさん@HOME 2012/05/24(木) 11:22:17.91 0
    自分と似た話を読んだので、厄落としがてら書かせてください。 

    5年前、自分が27歳の時に、婚約した。正直もてない男で初彼女だった。 
    合コンで知り合った人で、半年ぐらいつきあってプロポーズした。
     
    彼女はその時、

    「26歳。母が早くに亡くなったので、家事手伝いで家にいる。時々自営業やってる父を助けて、事務をしている」

    という話だった。
     
    プロポーズしたので、相手の家にも挨拶にいったし、何も問題ないと思ってた。
    そしたら、ある日両親が俺を呼びだした。(俺は会社の寮に入ってた) 

    俺が結婚すると知って、両親と同居している叔父が、
    勝手に手をまわして興信所に頼んだらしい。
    ちなみに叔父は結婚で失敗して、体壊した人。


    364

    243: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/03(日) 00:08:31.72 ID:HByB08OB
    叔父がタヒぬ間際に、人をコロしたことを俺と父に告白したことが衝撃。 

    暴走族全盛期に叔父の奥さん強○されてコロされた。一緒にいた娘も鈍器で殴られて両眼失明。


    229

    721:
    まるゆ 02/06/28 08:37
    自分の叔父。国立T大学経済学部卒業。国家公務員試験をパスしたのに、
    某一流商社に就職。毎日、スーツ着て大手町にさっそうと通勤する姿は
    子供心に「カッコいい!」と思っていたのだが・・・。


    67

    631:
    本当にあった怖い名無し05/01/07 16:52:53 ID:Xk1BFrwc
    自分が小学生の頃、父の単身赴任中、母が病気で入院したことがあって、叔父の家に1ヶ月ほど預けられた。

    その家には、「おじちゃん」という人がよくやってきた。

    「おじちゃん」は、近所で一人暮らしをしている老人(60代ぐらい)で、酒やビールと惣菜を数品持参して、叔父と一緒に晩酌をしていた。

    その日、「おじちゃん」は酔いつぶれて寝てしまった。

    自分が起こそうとすると、ものすごく嬉しそうな顔をして寝ている。起こすのをためらっていると、「おじちゃん」はぱっと目を開いた。

    そして自分の顔を見ると、

    「お?おー…、ボクか…。」

    と深いため息をついた。

    「おじちゃんなー、今、すごーくいい夢みてたよ。おじちゃんが生きてた中で一番幸せな時間だったなー。」

    と、まだ酔いが覚めていない赤い顔をほころばせながら言った。どんな夢か聞いてみると、

    「ボクには言ってもわからないだろうなー。もうちょっと大きくなったら教えてやるよ。」

    と言った顔は本当に幸せそうだった。そして千鳥足で家に帰っていった。

    このページのトップヘ