a8b204e9-s

    847: 名無しの心子知らず 2011/08/14(日) 00:11:21.39 ID:3BDfHBLN
    よくわからなくなってきました 
    例えば自分の子を保育園に預けパートに出て、風邪や熱で早退や当日欠勤しなくてはいけない時って必ずありますよね 
    実母がそういう場合、迎えなど手伝ってくれますが金銭を請求すると言われました


    20de4dfe-s

    178: 名無しさん@おーぷん 2016/10/29(土)12:26:07 ID:roK
    子どもの頃から母に「お姉ちゃん(私のこと)だけが頼りよ」って言われていい気になっていました。
    はっちゃけという言葉があるけど、28年間ずっとはっちゃけてたんだと思う。

    「妹はいい加減な子」「お父さんはあんな人だから(父=サイマーパチンカス)」
    「お姉ちゃんがいてくれないと家はダメになる」
    「タヒにたい」「離婚したらお姉ちゃんは付いて来てくれるよね?」
    「妹はお父さんにあげればいい」「お姉ちゃんだけいればいいわ」

    ↑が口癖の母に
    「タヒぬなんて言わないで」「離婚しなくていいよう私が頑張るから」
    「私が大きくなったら楽させてあげる」
    を言って慰めるのが昔からの私の役目で、実際そうするんだ、そうするべきだと信じてた。
    妹は要領のいい子で、家事から逃げて友達と遊んでた。
    私はバカだから「頭が痛い」「具合が悪い」っていつも寝てる母の代わりに家事をしてた。
    父が家にお金を入れないから、高校になったら掛け持ちでバイトした。
    行きたい高校はバイト不可だったからバイト可の高校にした。
    妹は高校卒業したらさっさと出来婚して家から逃げた。
    母は「出来婚なんて」ってぶつくさ言ってたけど、いざ孫が生まれたらデレデレ。
    父もデレデレ。家にはお金入れないくせに、孫にはなんでも買ってやる。

    そしてこのたび、私は家を追いだされることになりました\(^o^)/
    手取り17万で家に12万入れて、家事も9割やってたのに
    「孫の顔も見せてくれない親不孝な娘はいらん」だそうで
    親孝行な妹夫婦が同居するんだってワラタ
    28歳にしてようやくはっちゃけの夢から覚めた私には残高72402円の普通貯金があるのみ。
    「お年玉貯金?何それ?」「あんたが無駄遣いするからでしょう」
    あーそうですか。

    25日の給料日まで頭下げて置いてもらって、ようやく今週脱出した。
    今月も12万をアテにしてたみたいだけど冗談じゃねー、それあんたらにやったら
    私はどうやって独り暮らしするんだよw
    家具も布団もない部屋でとりあえず今ゴロゴロしてる。

    自由なんだろうけど、喜びも悲しみもない。


    92b553df-s

    916: 名無しの心子知らず@無断転載禁止 2015/09/08(火) 09:23:46.64 ID:qGnx0Y/8
    うちは旦那が亡くなって、それでもいい人たちだと思ってたから
    孫の顔見せに行ってたし、義実家に泊まらせてもらったりもしてたんだけど、
    お盆の一週間前に連絡があって
    年をとって何日ももてなすのは辛いし、
    予定もあって留守にするからホテルに泊まって、と言われた。

    それは仕方ないことだと思う。

    でもお盆直前で探したけどホテルもビジネスホテルしか空いてないし、
    義実家周辺の地理も詳しくなく友達も予定もないなか3才の子と二人きりで三泊もするのは辛いなー、
    荷物も多いし、子どもが泣いたら他の客にも迷惑だし。
    と思って、行くこと自体を中止したら、
    その後に来た手紙で「こちらの意図が伝わらず孫にも会えず残念でした」
    と書かれイラッとした。

    飛行機の距離でも頑張って行ってたのに、
    これからはホテル代金もかかるから法要や葬儀以外は
    行くのを止めようと思った。


    4bbf04a3-s

    450: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/08/28(月) 11:21:11.79 ID:W+UzmcZx0
    俺実家と妻実家の孫に対する温度差が凄い。 
    妻実家は近所住まいで孫多数でスキル高い、俺実家は車で1時間の距離で初孫、だから孫スキル低いのはわかるんだけど、なんというか、熱意がない様に思う。例えば、孫と遊ぶより、自分らの日帰り旅行を優先する、みたいな。


    3a06aa81-s

    810: 名無しの心子知らず 2005/10/08(土) 08:17:19 ID:hZ/W42Lw
    うちのウトメは私の親に行事をやられると「ウチの孫なのに」と言う。 
    じゃ、ウトメさんにやってもらいましょうと言うと「別にあなたたちの子供 
    なんだから、あなたたちがすればいいのよ」と逃げる。 
    じゃ、こちらでやらせてもらいましょうと勝手にスケジュール組むと 
    ケチをつけてきたり、節句の時はいきなりなんの連絡ひとつもなく鯉のぼり買って 
    きて設置してった。 
    兜は買ったけど、鯉のぼりはどうしよっかーと話してた矢先だったから良かったよ。 
    だぶったらどうするつもりだったんだろう。 
    ウトメは一言連絡してくれればすむことをしないで勝手に判断、勝手に行動する 
    から困る。

    この前、小学校の話になった。旦那が「嫁子の両親がランドセルだけは買って 
    あげたいって言うから、買ってもらうから」と言ったことがたいそう気に入らなかっ 
    たようで先日ランドセルを送ってきたよ、ウトメ。息子まだ1歳だよ。 
    「ウチの孫だから、こういうものはウチが用意するのが筋だ」とウト。 
    「そうねぇ。嫁子はうちの嫁だから、あちらさん(私の親)が買うべきものでは 
    ないしね」とトメ。 
    旦那がキレて「なんか忄生格悪いな。俺の親として恥ずかしい」とかウトメに言って 
    たがなんかわかってない。


    ed7c5961-s

    598: 名無しの心子知らず 2018/10/10(水) 20:00:32.73 ID:+buGhESa
    出産して退院したときトメから孫に会いたいと言われたんだけど 
    「うちの両親もまだなので待って下さい」と言ったら旦那共々意味が分からないと言われた 

    まずは両親に抱いて欲しいと思うんだけど変かな? 
    母は妹夫婦の新婚旅行に行ってるから一週間程度待って欲しいだけなんだけどね


    260

    828: 名無しさん@HOME 2011/03/26(土) 00:22:48.02 0
    流れ読まないし下ネタお下劣話なので嫌いな人は読み飛ばして

    トメが毎晩のように押しかけて後継ぎまだかと小一時間居座るので軽くノイローゼ気味になった
    旦那がぎっちり〆たら今度は旦那が出張で家に居ないの時に限って来襲するようになった
    結構出張が多い仕事なので結局トメの来襲回数も大して変わらず先週もトメ来襲していつもの聞き飽きたセリフを
    並べてくれた
    「後継ぎは嫁の義務でうんたらかんたら、嫁は男の子を生んで初めて○○家の嫁としてうんたらかんたら」
    しばらく立て続けの来襲だったからこっちもイライラしてたしつい口が滑った

    「子供できないのは旦那君のほうにも原因あるんです」
    「まー!私の可愛い○○ちゃん(マジでこう言った。キモい)に何の問題があるって言うの?あなたのほうこそ」
    ヒートアップしてエンドレスでしゃべり出しそうになったのをさえぎってもう一度
    「○○君にア○ルに入れても子供はできませんって言ってください。」
    「・・・え?嫁子さん何言ってるの?」
    すっごい微妙な顔で固まったトメに理解できてないのかと思ってわかりやすく言ってみた
    「だーかーらー、いくら頑張っても尻の穴にいくら出しても子供は出来ないのって言ってるの!私は前でも後ろでも
    いいけど旦那君が後ろでばっかりでしたがるから子供が出来ないの!」
    「」


    12

    223: 名無しさん@HOME 05/01/07 18:37:07
    私ではなく、見ず知らずの女の子たちによるスカなのですが
    先日トメと二人でデパートの上で食事していました。
    話の内容はいつものように同居と孫マダーで、今年もこれかとうんざり。
    「同居はいいわよ。何が嫌なの?」
    「私達のこれからのこともあるんだから、ね?」
    「孫ちゃんが生まれたら私が面倒見てあげられるし」
    お約束のフレーズが繰り広げられる中、
    隣の席に、20代半ばくらいのOLさんと思しき女の子3人組が。


    798

    121: 名無しさん@HOME 2008/12/04(木) 02:32:27 0
    トメ、マゴコールうざい。

    顔見るたんびにマゴマゴマゴマゴマゴマゴ。
    「うるせー、お前の息子のち○こが役立たずなんだよ!」
    って~言っちゃった。


    377

    188: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 17:09:55.05 ID:lTnxkZ1G0.net
    子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。 
    普段から穏やかな母と、明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。 

    途中で母が
     
    「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけたのよ♪」
     
    と笑顔で押し入れを開けて、下の段を見るために座ったのだが、いつまでも動かない。
     
    探している感じでもない。

    「どうしたの?」

    と軽く肩を叩いたら、母の身体は静かに床に倒れた。

    このページのトップヘ