d05e55e1-s

    58: 名無しの心子知らず 2010/05/28(金) 01:33:14 ID:E8w6yNGo
    KYかも知れないけど怒り爆発なのでカキコ。 

    差し向かいの小学生が2人いる借家の一家。 
    最初は母子で来て、「お花素敵ねー、見せて貰っていいかしらー?」のノリだったので見るだけならどうぞーと軽い気持ちで庭に入れた。 

    1ヶ月くらい続いたんだけど、ある日「見るだけじゃ悪いから・・・」と不二○ケーキを持って来てくれたので、旦那もいたし初めて家へ入れた。 
    次の日以降、子供だけで庭にくる事があり、見ている親もいないので花を勝手に摘んだりし始めたので「勝手にお庭に入ってお花をとらないでね」、と優しく注意を繰り返し、母親にも「迷惑なんです」と注意していた。 
    その度に「ごめんなさいね!」と謝ってくれていたけど・・・。


    9f724d32-s

    539: 名無しの心子知らず 2010/09/28(火) 12:36:20 ID:0w1FLcL+
    同じく流れきってしまうかも。
    最近起きたことを投下
    自宅の庭で育てていた野菜を盗まれた。
    5歳になった娘と初めて一緒に作った野菜達なのに
    朝起きて水あげようとしたら全部無いとか一瞬、時が止まったかと思った。
    娘なんかショックで熱出すし最悪。交番に被害届だしても
    「こういう場合は犯人捕まる可能性.は低いですよ」とか
    捜査する前から諦めんなよ!とキレたくなるような反応。
    同じ育児板住民の友人に愚痴ったところ
    あぶりだし作戦をやってみよう!ということになった。
    まぁ、庭のフェンスに
    「野菜泥棒さんへ。一週間以内に謝罪に来れば示談にします。
     何の連絡もなければそのまま警察に通報します」
    と張り紙しただけですが。

    泥が謝りに来なくても警告程度にはなるかなーぐらいの気持ちだったけど
    本当に泥が謝罪に来た。


    905

    620: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/14(金) 01:29:54.03
    俺と嫁は生まれた時からの幼馴染で、好きになったきっかけわりと変わってる
    俺が6歳くらいの頃のある日、近所を自転車の練習がてら散歩してた
    嫁の家の前を通ったら、前庭に大きな穴が空いてた
    びっくりして近寄ると穴の中に嫁がいた

    思わず「何してるの?」と声を掛けたら穴の中の嫁が振り返った
    呆気に取られてる俺に嫁はにっこり笑って答えた


    529

    529: 名無しさん@おーぷん 2016/06/23(木)15:10:46 ID:oRU
    駅から徒歩10分の場所に住んでるんだけど、うちの庭を通ると駅までショートカットできるからか通行人が耐えなかった
    看板を立ててもサクを設けても効果なし

    ある日通行人の男性がトイレかしてくれませんかと来た
    我が家は26と22の年頃の娘がいるし、下/着を部屋干ししてるところだったしで「年頃の娘がいるので」と断った
    すると顔を赤らめて「20過ぎて何が年頃だ!そんなババアに興味あるか!」とブチ切れて出ていった
    ババアって、あんた50の私と大差無い見た目やない
    なんで娘たちの年齢知ってるの
    不快に思いながらもこんなことがあったと家族に告げ、警察に相談もして、庭の通り抜けなんとかしようと話した翌日


    194

    379: 名無しさん@おーぷん 2016/12/23(金)23:02:00 ID:5f9
    我が家では庭でハーブを育てている。
    料理で使うローズマリーやバジル、タイムの他
    ハーブティーに使うミントとカモミール。
    もちろん普通の草花も。
    元々は姑が趣味で育ててて、その影響で私もハマり一緒に育ててるもの。
    ミントの他は地植えで、あまり広がりすぎないようにしつつ
    使う時は全体のバランスに気を付けてカットして使ってた。

    が、ある時期から「あれ?こんなところ切ったっけ?」みたいなところが
    ぽっかり穴が空いたようになってることがたまにあり、
    最初は特に気にしてなかったんだけど、
    やっぱりちょっとおかしいなぁと思い始め
    もしかして花泥棒ならぬハーブ泥棒?と思って
    気を付けてカーテン越しに時々見張ってた。

    4:にゃんこ速報 2013/07/30(火) 10:27:20 O
    >>1おつです。
    久々に義実家いったら、まだまだてきめんだったDQN返し。

    「お花に詳しい、女らしいワタシ」がだーい好きなトメ。
    だから、植木職人を父に持つ・華道師範である私の母が嫌い。
    そんな環境で英才教育された、しかもムスコタンを奪った「嫁」の私のことはもっと嫌い。

    いつも我が家に突撃しては花を持参しクイズを出す。
    私だって花は好きだけど、この世の全ての花を知ってるわけじゃないし
    「このアジサイは何て名前(品種)だったかしら?」「このバラの原産はどこだったかしら?」
    とか、知らねーよ!

    もちろん、買ってきたトメは知ってるから、まぁ嫌みったらしくご高説をのたまうのたまう。
    「あらっ、お母様お詳しいのに知らないの~?どこのお花屋さんでも売ってるわよ~?お母様お詳しいのに~(お気に入 りのフレーズ)」
    「常識でしょ?常識!あ、ごめんなさい、私ったら、子供の頃からお花が大好きで~(以下、おしとやかトメ少女時代話の話。毎回言う)」
    見栄なのか何なのか、持ってくるお花は高級そうなのばかりだし。
    男系家族で花トークできなかったのね、あら可哀想な人ワロスワロスでスルーしてたんだけど
    やっぱり週2ペースで来られるとイライラする。アポなしだし。

    で、あるとき、鬼籍の祖父を侮辱しやがった。
    「私なんか家事をパパっと片付けて、お庭のお手入れできるのに。お庭の手入れだけで半日かけるって、お爺様、要領悪すぎじゃない?」
    職人なめんな。仕事の質が違うんだよ!
    祖父が請け負っていた日本庭園と、ベランダ菜園をそのまま路地にしたようなトメの庭と を同列にされたこともムカついた。

    このページのトップヘ