後悔


    188

    848: 名無しの心子知らず 2012/07/28(土) 15:15:59.33 ID:F8mYvfNQ
    2歳になる息子に琉空(ルキア)と名付けて後悔してる。産後ハイだったんだ。
    モモエリの息子の名前をカッコいいと思ってしまった。
    旦那はリクにしようと言ってたのに押しきってしまった。
    名前聞かれるたびに憂鬱になる。ごめんよ息子。


    132: 名無しの心子知らず 2011/04/16(土) 10:27:37.75 ID:SZqsXHgK
    二人目出産フィーバーが落ち着いたのか今日いきなり猛烈に後悔が襲ってきた…
    男の子二人とも名前がマンガちっくすぎる。
    読めるけど他の読みには出来ない名前だ、変えられない。
    どーしよー!

    今思うとかれこれ一人目妊娠中からフィーバー+お花畑が続いてたみたい、目覚めるまで長かった orz
    旦那はまだフィーバー中だし旦那案の名前だから変えたいなんていえない
    愚痴スマソ


    489

    408: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/05 19:39:46.37 ID:???
    もう疲れたよ。
    子供1歳になったしもっと自由の時間が増えると思ったけど変わらない。
    嫁のせいで友達と遊ぶのも週2。
    お小遣いもすぐ使うからって週に1万。しかも昼飯代込。
    朝だってアラームうるさいって朝からギャンギャン起こしに来る
    帰ってきて風呂入って飯食ってゲームして。
    その間娘起きてくるからうるさくてゆっくり食べられないし
    食後ゲームしてたら話しかけてくる
    毎日たいしたことない話。友達いないからって俺ばっかりに話してくるな。

    友達と遊びに行くのも私と娘はまた留守番?って聞いてくるけど
    午前中に買い物に車出してやってる
    稼いでないやつには十分奉仕していると思ってるよ。
    愚痴いわないとやってけないよ…


    182

    699: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 18:53:28.14 ID:+Tv/MRU3
    娘に「妃奈子(ひなこ)」と名付けて後悔しています。

    ひな祭り生まれだったので、「ひなこ」という響きの名前にしたくて、名付け本に載っていた中から、字面がいいという理由だけでこの名前を付けてしまいました…

    言い訳をすれば、名付け当時はキラキラネームといった言葉がまだなく、名付け本にも変な名前は乗っているとは思っていませんでした…でも、普通の人だったら「妃」の入った名前は避けますよね。

    娘に直接、文句を言われたことはありませんが、もし自分の名前が気に入っていなかったらと思うと申し訳ないです。

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2016/10/05(水) 22:10:08 ID:0JL
    最近何処かのまとめサイトで「夢の結婚式のために貯めた1千万を姪の治療費に渡す」という話を見て、色々と思い出したので書き込みます。
    私の話はそれとは真逆です。つまり姪を見こ○しにしたという話です。不快に思う方はスルーして下さい。オッサンの独り語りです。
    10年以上前、ある日妹夫婦から生活の援助を頼み込まれました。
    当時彼らには小さい娘がいたのですが、旦那がクビを切られどうにもならなくなったということでした。
    私は当時(今もずっとですが)独り身で、自分で言うのもなんですが大きな会社に勤めてそれなりの稼ぎを得ていたので、当てにされたのだと思います。
    そのとき私と彼ら夫婦の3人で話し合いの場を設けたのですが、結局援助は断りました。
    具体的な話し合いの内容までは流石に覚えていませんが、断った理由ははっきり覚えています。
    私は金を貸すつもりだったのに彼らは金を貰う予定だったため、最後まで折り合いがつかなかったからでした。
    結局彼らはそのまま離婚し妹が娘を引き取ったもののいわゆるネグレクトになり、妹が実家に娘を置いて夜逃げ同然でいなくなったため、
    娘は田舎に住む私の母(当時父は既に他界)が面倒を見ることになりました。この辺りは伝え聞いただけなので詳しい流れは分かりません。
    元々私自身家を出てからあまり家族付き合いはしていなかったので。
    それからしばらくして、その娘のことで親戚一同話し合うからお前も来い、と実家に呼び出されました。
    実家での話合いは、娘の養育が母の(年齢・金銭の両面で)負担になっているため親戚の誰かが引き取るか決めようとのことでした。
    そのとき強く記憶に残っているのは、話合いの頭で「引き取った家族に私が毎月幾らの援助をする」ということが既に決定事項のように伝えられたことでした。
    その後の話合いでもその場にいた全員から、金だけ出して口は出すなという無言の圧力を受け、私は静かにブチ切れていました。
    結局話合いの途中で「金づる扱いされるだけなら自分はこの話に一切関わらない」と吐き捨ててその場から逃げ、その後親戚とは一切の連絡を断ちました。
    断ったつもりだったのですが、それから数年して連絡が入りました。あの娘が交通事故で亡くなったという知らせでした。
    結局あの話合いの後も母が面倒を見ていたそうです。そして母が一瞬目を離したすきに娘が道路へ飛び出したとのことでした。
    娘の葬式にも妹もその元夫も帰ってきませんでした。母がボロボロに泣いていたのが印象に残っています。

    413:にゃんこ速報 2014/01/28(火) 00:43:49 0
    悪夢のような半生を吐き出す
    スレチならごめん

    元夫は優しい人だった
    夕食を食べながらいつもさりげなく「美味い」
    弁当を作った日は「ありがと」と言って出勤して行った
    休日の買い物はいつも付き合ってくれて荷物も当然のように持ってくれた
    私が仕事で遅くなり元夫が先に帰った日は風呂の用意を済ませ
    料理までは出来なかったけど直ぐに料理が出来る様に準備していてくれた
    皿洗いも時々してくれた。ゴミ出し当番もやってくれた
    結婚記念日や誕生日には他愛の無いものとは言え必ず何かを買って帰って来てくれた
    お金も全部私に任せてくれた

    私は当然の事だと何の感情も抱かなかった。完全に感覚が麻痺していた
    私はそんな優しい元夫をこっぴどく裏切った

    このページのトップヘ