急逝


    41

    289: 名無しさん@おーぷん 2015/10/27(火)22:06:36 ID:Acq
    結婚して5年経って、あれこれ手を尽くしたけど妊娠できなくて
    子供を諦めることにしたころ、旦那の弟が急逝した。
    まだ10ヶ月の女の子を残して。
    義弟の奥さんってのがしょーもない女で、子供を引き取る気はないって。
    自分は収入のアテがないから育てることは無理だし、
    子供がいたら再婚できないしってハッキリ言った。
    保険金が出ただろうと思うけど、どうも大した額で入ってなかったみたいで
    どれぐらい出たのかは知らないけど「これっぽっちじゃ私ひとりで精一杯」とか言って
    これからひとりで子供を育てるって姿勢は見せなかった。
    元々夫婦間で離婚話が出てたのをこの時初めて知った。

    当時の本音を言うと、なんでこういう所にはポコッと簡単に生まれるんだろうと
    それがちょっと呪わしかった。
    義父母とも、うちに孫を望めないからタヒんだ次男の子を手放したくはなかったようで
    私も旦那と血のつながりがある赤ちゃんだと思うと愛おしかったのもあったし
    父親にタヒなれ、母親がこんなんじゃかわいそうだとか思っちゃって
    私たち夫婦が養女に迎えて育てることにした。
    義弟の奥さんは「そうしてくれると有難い。これで安心して出て行ける」と言った。
    この時の気持ちはなんとも形容しがたいものだった。


    909

    253: 名無しさん@おーぷん 2016/11/04(金)23:43:28 ID:PW3
    父が脳出血で急逝した。
    母のことが大好きな父だった。仕事の虫だったが、年に一度必ず家族旅行に連れていってくれた。
    私たち兄妹の進路について真剣に相談に乗ってくれる、真面目な人だった。
    後1年で退職することとなり、倒れる1ヶ月前の正月に家族で集まったとき、
    「退職金は、母さんと二人きりの世界一周旅行に使うからな、お前らは期待するなよw」
    と言いつつ、すでに一人立ちしている私たちにお年玉をくれるような人だった。

    父の葬儀が終わるまでは気丈に振る舞っていた母だったが、49日法要が終わり納骨が済んだとたんに心労で倒れ、
    しばらく兄夫婦の家で面倒を見てもらうことになった。
    私は、父の遺産や遺品の整理を任されたため、休みの度に実家に帰り、家の整理を行っていた。
    面倒なお金の処理が終わり、父の書斎を片付けていたときだった。
    本棚の奥に、何か隠されていることに気がついた。
    本を全て避けてみると、隠されていたのは古いA●だった。
    古くさいVHSのパッケージが、10本以上。
    あちゃーと思いつつ、あの真面目な父がねぇ、とおかしくもあった。
    興味があり見てみると、全て同じ女優さんのA●。そしてその女優、なんか見たことがある。
    顔や体にある特徴にデジャブを感じる。

    このページのトップヘ