怪我


    417

    633:おさかなくわえた名無しさん2007/01/21(日) 08:52:25ID:BVri1Ack
    うちの兄が子供の頃、家に、「おたくの息子さんが女の子に怪我をさせました、骨折です」
    と担任から電話が。
    おとなしい子なのに、とママンが理由を聞くと、顛末はこう。
    兄か休み時間に図書室にいたところ、始業ベルが鳴ったのにそのメスガキが外から扉を
    押さえつけて意地悪心で閉じ込めた、と。
    で、あせった兄が力任せに戸をあけたところ、指をはさんで骨折。


    890

    445: 名無しさん@おーぷん 2015/08/03(月)23:56:12 ID:jJH
    昔、イオンに入ってるチェーンのアパレル店で人生初のバイトをしてた
    研修時間がおわり、いざ戦力として働けるようになってすぐ
    バイトに行く際、車が一時停止無視で私の方にハンドルを切り突っ込んできたので、おもいっきり轢かれた
    病院に行って検査した結果、手に繋がる神経の一部がちぎれていた
    運動神経は無事だったんだけど、靭帯も傷んで翌日はベッドから起き上がれないまま痛みに耐えることになった
    結局握力が戻らなくて、自分の鞄さえ持てないくらいになった

    あと感覚神経やられたので、触覚もダメになった
    一月して動けるようになり、バイト先に挨拶に行った
    店長はガチギレして、穴が空いた分をなんとかしろと言われた
    医者からは腕を無理に動かさなければ筋肉が弱らないよう、軽い運動は許可されていたので、人出が足りない日の3時間だけバイトに出てレジ打ちだけすることに決まった
    医者の診断書を出して、大人しくレジ打ちに専念していたとき、人の波が引いた時に店長や他のバイト(全員年上)がやってきた
    似非関西弁バイト「診断書みたで、神経きれてんやろ?」
    私「はい」
    ギャルバイト「切れてるのに動いてるじゃんw」
    ケバイト「大げさw中2病じゃんw」
    似非バイト「なんやねん、手動かんかったらおもろかったやん」
    私「運動神経ではないので」
    店長「じゃあ動かさないとなぁ?」
    私「無理に動かしてはダメなので」
    クソ店長「リハビリかねてきてるんでしょ?ほら動かしてあげるよ」
    そういってクソ店長に腕をつかまれ、ぐるぐる腕を回され、傷んだ靭帯のあたりをグリグリえぐるように押され、勢いをつけて思いっきり引っ張られた
    何かブチッと肩で嫌な音がした
    クソ店長「これで治りが早くなるなぁ、俺、治療費貰わなきゃなぁ」
    結果、

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2018/01/15(月) 09:37:50 ID:d8K
    我が家は共働きだったが1ヶ月ほど前から旦那が怪我の関係で専業主夫になった。
    なので今は家事などを頑張ってくれてるのだけど料理が…。
    いや、味はいいんだ。美味しい。たまには失敗もするけどまだ専業主夫になって1ヶ月だし全然許容範囲。
    ただ組み合わせが絶望的。
    昨日はハンバーグと照り焼きチキンと肉団子、一昨日はステーキと豚肉の味噌炒めとロールキャベツ。
    とにかく肉肉肉。何度言っても肉肉肉。毎日肉祭り。
    たまには野菜も食べたいってお願いしてなんとかロールキャベツが出た。結局中身肉だけど。
    言い方が悪かったかなと思って、ただ切っただけのサラダでいいから野菜を出して欲しいって言ったら小皿にひとつまみ程度のキュウリが出た。それも私だけ。
    旦那、そのうち肉に溺れてシぬんじゃないだろうか。

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2018/01/19(金) 11:21:21 ID:6Ss
    私が2歳くらいの時の話。
    公園で走り回っていて、何かに躓いて転んだ。
    けっこうな勢いで転んだのでそりゃもう痛かった。
    そういう時、子供って泣く直前に数秒タメるじゃん?
    私もそうだったんだけど、その数秒の間に
    目の前のベンチに座っていた優しそうなおばちゃんが立ち上がって、転がってる私の前にしゃがんだのよ。
    あ、助け起こしてくれるのかな、痛いの痛いのとんでけってしてくれるのかな、って子供心に思ったんだけど
    次の瞬間、おばちゃんは両手をグーにして私の目をまっすぐ見て
    修造ばりの力強い声で「頑張れッ!!」て言ったのよ。

    それがあまりにも衝撃的だったもんだから涙が引っ込んじゃって
    そうするといつまでも地面に転がってるわけにもいかないから
    おずおず自力で立ち上がったら、おばちゃんは
    自分で立てたね~えらいね~って褒めてくれた。
    それまでは私が転ぶと親や通りすがりの人が「大丈夫!?痛くなかった!?」って助け起こしてくれるのが普通だったんだけど
    そうか、自分で立ち上がればいいんじゃん!って目から鱗が落ちた。

    一部始終を見ていた母(少し離れた所で私が遊んでるのを見守ってて、
    転んだのを見て駆け寄ってくる途中だった)も何か思うところがあったらしく
    それからは私が転んでもすぐに手を貸さずに
    私が起き上がるのを待ってからヨシヨシしてくれるようになった。
    後になって聞いてみたら
    「それまで過保護なつもりはなかったけど、何もできなかった赤ん坊の頃から育ててるからその延長でいつも手を出してた。初めての子供で勝手もわからなかったし。
    でもあの一件で、もう赤ん坊じゃないんだ、もっと手を離していいんだ!って気付かされた」
    と言ってた。
    母子ともども、ちょっと成長できた体験でした。

    90:にゃんこ速報 2015/04/22(水) 17:32:58 ID:i1C
    「家を建てることを考えてる」ってよく言ってて、「家族構成の似てる家の色んな間取りとか研究したいから」というので、
    何度かしか話したことのない子の同級生ママさんを家に上げてしまった。

    後日そのことを聞いた別の同級生ママさんから、「あの人帰った後、家に変なシールが貼られてない?」
    と言われて、驚いてしまった。
    「まさかな」と思ったけどちょっと探してみたら、寝室のベットの陰に地図記号みたいなマークの書いてある紙のシール
    が貼ってあった。
    寝室をチラッと見せて入れた覚えはあったけど、いつのまに、って感じだった。

    そのシールのことをその教えてくれたママさんに相談したら、
    「とりあえずそのシール頂戴。いい知り合いがいるから」と言われて渡した。
    渡した際、小さなノートみたいなのに貼ってて、それに既に同じシールがいっぱい貼ってあって、
    気持ち悪くて悲鳴あげてしまった。
    「あの人色んな人んち行って、同じことしてるのよ。うちが初めの方だったけど」と言ってた。

    2か月ほど後、その例のシール貼ってたママさんが自転車乗ってて自損事故起こして入院したらしい、と聞いた。
    初めは足の怪我で済んだ、と聞いたけど、次に聞いた時は思ったよりひどくなったらしい、と聞いた。
    半年後には、歩けなくなってまだ入院してると聞いた。
    学年の切り替わりのタイミングで、そのママさんの子は「お父さんの実家で暮らすことになった」と挨拶して
    転校して行った。

    このページのトップヘ