恐怖


    532


    94: 名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土)12:18:14 ID:fuj
    衝撃、というか恐怖体験。

    田舎生まれ田舎育ちの私。
    おばあちゃんちとか鍵をかけてないくらいの田舎。
    大学進学に伴い、都市部で一人暮らしを始めることになった。

    引っ越しの時、従姉
    (同じく都市部に進学、就職、結婚。この時は出産の里帰りしてた)に
    「鍵は絶対にかけること!帰って玄関ドアをくぐったら、何より先に施錠!
    チャイムが鳴ったらまず扉越しに応答!
    宅急便が来たらドア開ける前に
    『送り主は誰になってますか』って聞く!
    受け取りはドアチェーンをかけたまま、
    受取状だけ受け取ってハンコついて
    『荷物はそこに置いといてください』って言って、
    扉の前から人がいなくなったことを確認してから回収!」
    と厳しく言われた。

    まったくピンとこなかったけど、従姉の言いつけなので守っていた。

    ある日、チャイムが鳴って
    「宅急便です、お荷物お届けに来ました」
    と男の人の声がした。
    実家から荷物が来るときは必ず連絡があるのに、その時はなかったし
    通販も頼んでない時だったのでなんだろうなと思いつつ、
    いつものように
    「送り主は誰になってますかー?」とドア越しに聞いた。

    そうしたら、わずかな沈黙の後、バン!とドアが鳴って(多分殴ったか蹴ったんだと思う)
    それっきり何の音もしなかった。

    ドアを叩かれた時点でビビって硬直したけど、
    郵便受けに不在票もなく、家族や友人の誰も何も送ってないことが確認できて
    それが完璧に不審者の仕業と確信した時が恐怖と衝撃の頂点だった。

    あまりにも怖かったので親に泣き付いて引っ越し。
    大学の女子寮に入ることになった。

    窮屈で不自由も多かったけど、あんな怖い目に合うよりマシだった。
    本当に怖かった…生まれて初めて、はっきりとした害意にさらされたっていうか。
    厳しく言ってくれた従姉にはすごく感謝してる。





    529

    529: 名無しさん@おーぷん 2016/06/23(木)15:10:46 ID:oRU
    駅から徒歩10分の場所に住んでるんだけど、うちの庭を通ると駅までショートカットできるからか通行人が耐えなかった
    看板を立ててもサクを設けても効果なし

    ある日通行人の男性がトイレかしてくれませんかと来た
    我が家は26と22の年頃の娘がいるし、下/着を部屋干ししてるところだったしで「年頃の娘がいるので」と断った
    すると顔を赤らめて「20過ぎて何が年頃だ!そんなババアに興味あるか!」とブチ切れて出ていった
    ババアって、あんた50の私と大差無い見た目やない
    なんで娘たちの年齢知ってるの
    不快に思いながらもこんなことがあったと家族に告げ、警察に相談もして、庭の通り抜けなんとかしようと話した翌日


    462

    123: 名無しさん@おーぷん 2015/09/24(木)02:04:37 ID:KR0
    ふと深夜に思い出したことを書かせてください

    あの日は夜勤明けでけたたましいピンポン連打に目を覚ました
    時刻は夜中の2時。何事かと玄関に行くと「開けてください…」という男の声。
    以下、男との会話私「いま何時だと思ってるんですか?!ていうか用件は!」
    男「あなた、お金を落としましたよ…それを届けに来たんですからドア…開けて…入れてください…」
    私「どこでお金を拾ったのかと、私のものだとなぜわかったか説明できますか」
    男が言うにはアパート近くのスーパーで私が買い物をしたとき落としたのを拾ったんだ、と
    確かに仕事帰りにスーパーへ寄ったし、ズボラなものでたまたま鞄に入れてた給料袋からお金を出したのでそのとき落ちたのかもしれない
    私「それが本当だとしても、普通は直後に落としましたよとか声かけますよね?」
    男「いや…俺も仕事があったし…仕方なく家をつけて…仕事終わったから来たんです…」
    もうツッコミが追いつかない
    仕事中にスーパーで買い物してお金落とした女に話かけもせず、家までつけてくるかw
    しかもこんな深夜に仕事が終わる会社なんて近所どころか町内にないってのwww(※超ド田舎)
    私「お金って千円くらいでしょ、あげますから帰ってください。ご近所にも迷惑なんで」
    男「そんなこと言わないで…お菓子、買ってきたんですよ…一緒に食べましょう…」
    あああああ!!コイツ絶対、頭おかしい!お巡りさーん!
    私「ちょっと、いい加減にしないとマジで警察呼びますけど?!」
    男「………わかりました…」
    ドアスコープから覗くとしょぼくれた男の姿が一瞬見えた。強気に出たけど本当はめちゃくちゃ怖くて玄関にへたり込んだ。


    337

    318名無しさん@おーぷん2017/09/09(土)23:51:43 ID:1ZE
    知らない番号から電話が来ておばさんの声で

    「鈴木さん(仮名)?」

    って聞かれた。でも自分は田中(仮名)。

    「いいえ違います」

    って答えたら

    「じゃあ誰?」

    って言われてびっくりしたし、少しイラッときたから

    「誰って、言いませんよ。しかもいきなり失礼じゃないですか」

    って言ったら電話が切れた。


    339

    183: 本当にあった怖い名無し:2011/12/19(月) 12:44:59.75 ID:pslRNVgh0
    俺の実家は、とある新興宗教をやっていた。それなりに有名な宗教団体。

    世襲制で、父親で6代目、信者もそれなりの人数がいた。家族構成は、祖父、祖母、父親、俺の4人。

    母親は小学校高学年の時に出て行った。

    祖母いわく

    「嫌になったんよ、色々と」

    だと。

    悲しかったのは確かだけど、幼少期の家族の思い出は父親と母親の喧嘩、祖母にイジメられて泣いてる母親くらいしかないので、まぁしょうがないなって感じだった。
    話は中学生の時なんだけど、うちには俗に言う、寺院、教会みたいな施設がある。30畳くらいあって、ご本尊、賽銭箱が置いてある。

    たまにだけど、その賽銭箱から小銭を拝借してたりしてた。残念ながらか、幸いか、俺は全く信仰心はなかった。

    ある日、賽銭ドロしようと思って懐中電灯片手に夜中施設にいってみた。小銭ちょろっとくすねて、部屋に戻ろうと思ったんだけどなんとなく、ご本尊って何があんだろ?って妙な好奇心が沸いてきた。

    そろそろと結界をまたぎ、ご本尊に近寄った。形状は仏壇のデカイ版みたいなのの中に、小さな社(やしろ)がある。音がしないように、ゆっくりとその社の扉を開けてみた。

    中身はあんま細かく書くと団体特定されると思うので伏せる。

    大したモン入ってないなーなんて思ってたら、奥のほうにきんちゃく袋発見。あんまり長居したくなかったし、なんとなくそれをもって自室に帰った。

    小銭を財布にしまいつつ、きんちゃくの封を解いてみた。


    351

    656: 1/4 2009/06/17(水) 17:05:21 ID:Ewi2MyXg0
    今でも不思議でワケわかんないんだけど、俺の幼なじみが遭遇した話を書きます。長いです、ゴメンナサイ。

    幼なじみは女なので、名前は仮にA子とします。もう5年前になるけど、A子は当時23歳だった。

    そこそこ美人なんだけど、性格がかなり変わってて近寄りがたい雰囲気の女なので当然彼氏もいなくて、俺はよく

    「誰かイケメンを紹介してくれ」

    と言われていた。

    ある日、仕事から帰ってきた俺は、家の前でA子とカチあった。(家が隣同士)いつもは軽く立ち話をするのだが、この日はA子がこんなことを話し出した。
    「今日、たまにはバッグのそうじでもするかーって思ってさぁ。いつも持ち歩いてるトートバッグの中身を、テーブルの上にぶちまけたの。

    まるめたゴミとか100円玉とか板ガムとかいろいろ出てきたんだけど、その中にさあ、なんか畳んだメモが1枚あってね。なんだろと思って開いたらさ…ほら、コレなんだけど読んでみ」

    そう言って、1枚の紙切れを渡してきた。何かのDVDの予約受付票(販売店とかにまとめて置いてあるやつ)の裏に、ボールペンで雑な文字が書きなぐってあった。

    『●●●であなたを見かけました。とても気になっています。どうしても声をかけることが出来なかったので、こうしてメモを書きました。

    俺は20歳、××大学の学生です。顔はよくラルクのハイドに似てると言われます。個人的にお会いしたいです。電話かメールください。090-****-****、メルアド***@***~』

    俺は思わず

    「うわキモ」

    と口走った。

    ●●●とは、近所にあるレンタルビデオ店。××大学も近所にある。

    その自称ハイド君は、いっさい気配を悟られずにA子に忍び寄り、肩から提げているトートバッグの中にこのメモを放り込んだのだろうということだった。

    A子は

    「面白そうだからこれからメールしてみる」

    と言いだした。

    この頃のA子はとにかく彼氏に飢えてたし、なんつうかバカだったので、こんなおかしなアプローチにもロマンスを感じてしまったんだろうと思う。

    俺は別に止める理由もないので

    「どうなったか後で教えてね」

    と言ってその場はオシマイ。

    そしてこの日から俺に、ハイド君にアクセスしたA子からの詳細メールが届いた。


    353
    9 1/2 sage 2005/12/13(火) 14:42:19 ID:VyBXFpmr0
    先週の日曜、私の家に友達が子供と一緒に遊びに来ました。

    お茶を淹れてお土産に持ってきてくれたシュークリームを食べながら、一連の姉歯とかヒューザーとかの話を、とりとめもなく夢中で喋っていました。

    子供(女の子、5歳です)はというと、家の中をちょろちょろしながらウチの犬と遊んでいました。
    で、台所で私が何か他のお菓子を出そうと戸棚あさりをしていた時に子供がパタパタ走って来て、

    「おばちゃん、へんなひとがいた」

    って言うんです。真顔で。

    「どこにいたの?」

    って聞くと

    「ドアの向こう」

    だと。すぐ玄関に行って覗き窓に目を当ててみたのですが、誰もいません。すると

    「そっちじゃない、こっち」


    324

    973 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/01/13 11:06
    1年前のことです。

    当時、ぼくは現役で合格した夜間の大学に通っていたのですが、その頃のぼくは、大半のだめ人間がそうであるように新しい環境になじめず、毎日が暗い日々の連続で、しばらくして

    「こんな学校を卒業しても意味がない」

    という甘ったれた考えを持つようになって、ちょくちょく学校をさぼっていました。

    その結果、進行した講義にまったく付いていけなくなり、ほぼ登校拒否になってしまったのですが、甘ったれなものでそのことを親に言えず、仕方なく学校に行くふりをして、毎日ふらふらとファストフード店に入り浸って、途方もない時間をつぶしていたのです。
    その日も、そんな1日になるはずでした。

    夕方の六時過ぎ、いつものように明るく家を出たぼくは、自転車を適当に漕いで銀座へ向かいました。

    そして、今はもうなくなってしまった晴海通り沿いのケンタッキーの前に自転車を停めて、ホットティーを注文し、店員に聞かれる前に

    「ミルク」

    と言うと、トレイを持って2階にあがったのです。

    2階は、通路をはさんで4人掛けのテーブルを2つ置いただけでいっぱいになるような幅の細長いフロアで、階段を昇って左側がトイレと喫煙席。そして右側が窓と禁煙席でした。

    ぼくはタバコがだめなので、いつも禁煙席にトレイを置きます。こちらの席は、なぜか2人掛けのテーブルが多い印象があり、実際、ぼくのように1人で座っている人もちらほらと見かけます。

    あのころは、これを見るたびに

    「タバコが吸えたら、ぼくも友達ができたんじゃないか」

    と考えて、暗くなっていました。その日も、そんなような事を考えながら、本を読んでいたのです。

    30分くらいそうしていたでしょうか。人の動きが視界に入ったので見ると、1人の女性がトレイを運び、ちょうどぼくの真向いのテーブルに座るところでした。

    その女性は40代くらいで、胸まである長い髪をとかさないでボサボサにしていたのを覚えています。

    そこまで見ていてなんですが、特に興味もなかったので、ぼくは本の続きを読むことにしました。1人の客なんて他にもいるし、なによりぼくもその1人だからです。

    ところが、しばらくして不思議なことが起こりました。1人のはずのその女性の席から、話し声が聞こえてきたのです。

    「電話?マナー悪いな」

    そう思ったぼくが何気なく彼女の方を見ると、電話などどこにもなく、彼女はただ、うつろな目をして、誰もいない空間に向けて言葉を発していたのです。

    ……あのさ……ねってやっぱ……でもきの……つい……やめ…

    しゃべり続ける彼女を前に、ぼくは席を立とうと思いました。実際、彼女の影響でまわりの客はみんな帰ってしまい、禁煙席には彼女とぼく以外誰もいなかったのですから。

    しかし、時計を見ると帰るにはまだ早く、最低でもあと30分はここにいなければ親に疑いをもたれてしまいます。

    仕方なく、ぼくは本の続きに目を走らせましたが、内容は全く頭に入ってきませんでした。

    それから10分ほどたったでしょうか。彼女は相変わらずしゃべり続け、ぼくの方も少しずつ馴れてきた頃、ぼくの胸の中で先ほどまでの恐怖心が薄れ、かわりに好奇心が出てきました。

    「一体、何を話しているのだろう?」

    彼女の声はとても小さく、内容までは全く聞き取れなかったのです。念のため目を本から離さず、耳だけに全ての神経を集中させました。


    325

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)14:00:28 ID:NQGTGSmeC
    蒸し暑いし、この間体験した恐怖話を書いていく。

    この間就活で山間の村に行ってきたんだが、そこは頭がおかしい村だったんだ。

    まず、なぜわざわざそんな田舎に行ったかというと、条件のわりに応募者が0で余裕そうだったから。

    事務、高卒の条件なんだが給与25万。土日祝日休み。賞与6か月分。寮費光熱費無料。かなり良い条件だと思った俺は電車に乗って面接に行った。

    朝一で出発し半日後、その村についた。電車で3時間、そのあとバスを2時間待ってバスでさらに1時間の距離。携帯の電波が3Gすら途切れ途切れの受信だった。

    正直不便だなぁ、と思いつつ面接の時間までまだ2時間あったので村を徘徊することにした。
    歩いているだけで村人が声をかけてくるんだ。最初は気さくな人が多いんだなぁと微笑ましかった。しかしすぐにそれが間違いということに気が付く。

    何人かの村人が後をつけてきているんだ。振り向くと数人が白々しく立ち話や草むしりをしている。

    しばらく村を歩いていると個人商店があったから、そこに入ってやり過ごそうとしていたらババアが店に入ってきた。

    店主が

    「来てるよ」

    と囁いていたので怖くなって店から飛び出した。

    そのあと高校生くらいの男数人がチャリで捜索しているのを見かけ身震いした。

    「いたか?」

    「あっちで見たってよ!」

    と大声で会話をしている。高確率で自分を探しているんだろう。

    なぜか今日自分がそこの村に行くことが村中に知れ渡っているみたいだった。俺は怖くなって、少し時間は早いけど面接の場所に行くことにした。

    施設についた俺は、受付の人にあいさつをすませ、少し早くついてしまったことを告げた。すると、予定を早めて面接してくれることになった。

    融通がきいていいなぁ、などとのんきに考えていたがこの後もひどかった。村がおかしけりゃこの施設も相当おかしかった。



    272

    414: 大学2年のときの話 02/09/02 00:25
    オカルトとはぜんぜん関係ないと思うんだけど、本当に俺が体験して、マジで怖かった話。

    大学2年の夏休みの時の話なんだけど、俺はアパートで1人暮らししていて、毎日サークルの朝練で、目覚まし時計を朝6:30にセットしてた。

    わりと音が大きいやつで、スイッチを入れ直さなくても、自動的に朝鳴るやつだった。
    で、夏休みになって実家に帰ったんだけど、目覚まし時計のスイッチを切っていくの忘れてしまっていた。おそらく約1ヶ月間、毎朝6:30に鳴っていたはず。

    このページのトップヘ