慰謝料


    aaa3e406-s

    876: 名無しさん@HOME 2019/02/09(土) 03:44:28.00 0.net
    先週土曜日の話
    弟嫁が不倫をして話し合いの場での弟がやばすぎた

    うちは両親が共に亡くなっているので自分が弟側で出席
    私、弟、弟嫁、弟嫁両親、間男、間男両親、弁護士で話し合い
    慰謝料の話になり弟嫁側は一括で支払う事になったのだが、間男側が文句を言い出して減額要求
    裁判を行えば減額はできる可能忄生があると弁護士が説明
    しかし裁判は嫌だとごねる間男達

    そこで弟が一言
    「それだったら相杀殳する方法がありますよ」とこれでもかって笑顔で言う

    そうしてくれ!と偉そうな間男
    次の瞬間、テーブルにあった灰皿で間男の頭を殴り、そのままイビキをかくまで間男を殴る

    弁護士と弟嫁父と私で間に入りやっとの思いで止めたあと弟が一言
    「これで治療費とそちらがこちらに請求できる慰謝料で相杀殳でいいですよ」と笑顔

    その場がびっくりするぐらいシーンとなり間男父が
    「そちらの提示した金額を支払います。相杀殳ではなくていい、勿論今起こったことを警察に届けるつもりもない」と
    尋常じゃない量の汗をかいて言い出す

    話し合いが終わり弁護士が私に
    「あのまま止めなかったらタヒぬまでやっていたでしょう。
    今まで何人も担当してきた中で弟さん程の覚悟を持ってあの場にいた人は見たことない。
    相手側の父親がそれを察する事ができる人で助かった。弟さんを病院につれていってあげてください」と言われた

    不倫発覚後から弟はご飯を家でも立って食べるようになった時点で気づいてあげるべきだった・・・


    843dee8d-s

    175: 名無しさん@HOME 2008/02/05(火) 22:45:03 O
    逃げたいけど、逃げるだけの理由になるでしょうか。
    家庭板でも、セクハラウトの話はよく見るし、時には忄生的暴行未遂の話もあったりしますよね。
    でも、私、本当に忄生的暴行されました。
    二泊三日の監禁、SMプレイによるケガもセットで。
    旦那は出張で不在でした。
    当然通報、逮捕。旦那は激怒、謝罪。

    旦那には落ち度も罪もありません。
    でも、ウトの子供である旦那を見ると吐きそうになります。
    今は私は入院してて、面会も控えて貰ってます。
    今後、どうしたらいいんだろう。
    この場合、私から離婚を言いだしたら慰謝料とられるのかな。


    5bde9bb5-s

    12: 名無しさん@HOME 2010/02/19(金) 11:39:14 0
    嫁との離婚を考えているんだが、嫁が慰謝料を払いたくない
    といってゴネている。 
    嫁の貯金額をある程度把握しているので、
    それを全額払いだす程度の金額だから払えない訳じゃない。

    離婚には応じるが慰謝料は払いたくない、と
    引き伸ばし作戦に出てるとしか思えない。 

    素直に離婚したくない、といえば
    条件次第では離婚を思いとどまってやるのに、
    姑息な作戦にでているのが腹が立ってしょうがない。 

    愚痴でスマン


    423

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/28(土) 11:27:58.86 ID:caxvikA/0
    案の定俺の子じゃなかったwwwwwwwwwwwwwww 
    前々から怪しいと思ってたけど騙された振りしてたwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 
    慰謝料たんまりふんだくって離婚するおおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwうっひょwwwwwwwwwwww 


    983

    818: 名無しさん@HOME 2008/10/21(火) 19:03:59
    コトメは超プリン体質の女。 
    たまたまうちの姉と高校短大が同じで、その時から 
    「略奪好きな女」として有名だったらしい。 
    昔のアイドルみたいな顔だけど、スレンダーなナイスバディ、 
    舌足らずな話し方で次々と人の彼氏を陥落したという。 
    そのコトメ、就職してからも次々と男を変えていたが、 
    やっぱりと言うか何と言うか相手のほとんどは既婚者だったらしい。 
    「いつか痛い目見るんじゃないか」って思ってたけど、とうとう相手の奥バレで慰謝料請求。 
    しかも300万! 

    ブランド好きで特に貯金も無いし、トメに泣きついたんだけども
    トメも金コマで、こっちが仕送りしてやってる位…
    ウトとは離婚していて、頼れないのを分かっているので家に来た。
    でも家も幼児と園児がいるし、300万なんて絶対無理だと断り
    相手と話を付けて分割でも何でもして自分で払えと言った。
    コトメは半狂乱で「借金なんてしたくない!そんな300万も払わなきゃいけない事してない!」
    と叫んで逃走。
    ここからして間違ってるwこっちが仮に出すとしても貸すだけだっつーのw
    トメはオイオイ泣いて「一体何でこんな事に!何でこんな目に会うのよ!
    私はあれだけ不倫はダメだって教えたのに!あんなに苦労するって言ったのに!」
    ウトメの離婚理由、トメの浮気。
    しかもコトメはウトの子じゃなかった(これがウトに頼れない理由)。
    こんなんでも母だからと援助していたけど、夫も呆れちゃってた。
    なので
    「確かに苦労しますよね、配偶者に浮気されたら。
    ウトさんも夫を一人で育ててて、ホント苦労しただろうなって思いますよ。
    親の因果が子に報い…ですかね?
    不倫同士の子供ですしね」
    トメポカンとしたあと真っ赤になって帰って行った。
    今の女は浮気されたら慰謝料がっぽり取る位当たり前っすよ。


    49a7e91a-s

    12: 名無しさん@ピンキー 2014/02/11(火) 09:16:03.48
    妻が浮気を告白してきました。 

    同時に離婚も要求されてます。 

    理由はレスが長い事、愛情が冷めた事、新しい彼氏と一緒になるつもりだと。 
    財産分与は無し、慰謝料も欲しければ払うと言ってます。 
    仕事とはいえ、ここ一年位は禄に相手もしなかった自分に責任はあるとは思います。 
    はっきりと、俺よりも彼氏に抱かれている方が幸せだと言われました。 


    a4b216ee-s

    193: 名無しさん@HOME 2018/09/14(金) 00:20:09.08 0
    5年前に父親が不倫して離婚した、現在19歳の娘です 
    母親に引き取られました 

    ざっくりですが、 
    ・母親が「慰謝料も養育費も無しで離婚した、生活が苦しいから働け」と言うので中卒で働き出した 
    ・中卒はまずいと思って去年から定時制に通っている 
    ・面会も連絡をとることも許されなかった父親と偶然再会した 
    ・実は財産分与も慰謝料も養育費も父親はきっちり払っていた 
    ・私は進学していないのに、一般的な高校、大学入学のタイミングで父親に臨時のお金を請求して受け取っていた 
    ・私には1円もまわってきていない 
    ・その事を問い詰めたら「不潔男の娘が苦労して不幸になるのが面白かった、ざまぁみろ」と帰ってこなくなった 
    ・住所は知らないけど、慰謝料で買ったマンションがあるらしいのでそこにいると思う 

    まとめサイトくらいでしか家庭板を知らないので、フェイクとかよく見かけるので、とりあえずこれだけ書きます


    8912e66e-s

    114: 名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日)11:28:12 ID:47w
    3年前の事だが元夫の不倫が原因で離婚する事になった。
    不倫のカミングアウト、離婚の請求は元夫がしてきたんで私はそれに同意、あとは慰謝料とかお金関係を詰めるだけってとこで元夫がごねだして、
    「遊びの不倫なら制裁されて当然!
    だけど俺達のは本物の愛だから慰謝料請求なんておかしい!
    お前はちゃんと祝福すべきだ!
    祝福しないなら離婚してやらない!」
    と喚くんで調停にもつれ込んだ。


    2afca63f-s

    608: 素敵な旦那様 05/03/15 09:53:37
    6年間10才年下の女を独身と騙して付き合ってたら,裁判起こされて慰謝料200万円請求された.
    最悪・・・
    全財産ぱあ.
    そこまでやる女だとは思わなかった,オレ.


    869

    390: 可愛い奥様 投稿日:2013/10/09(水) 13:35:01.66 ID:luaGCKPH0
    夫の家政婦兼性.処理係になっています
    発端は私の浮気が原因なので多少のことは我慢するつもりでしたがもう限界。
    興信所を使って証拠を突き付けられ、離婚寸前までいきましたが
    泣きながら謝罪し、再構築を懇願し条件付で受け入れてもらいました。
    夫の出した条件は半年間、夫の言う事を何でも聞くといったものでした。
    それからの生活は以前と激変し、お小遣いは10万>0

    このページのトップヘ