担任


    170

    518:
    本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 13:02:48.77 ID:/YwIJZXm0.net
    俺がガキの頃、25年ぐらい前は知的障害者でも普通の学級にいて普通に授業受けさせられてたっけな…

    俺が小4の頃やっと特殊学級とか作られてその後ある程度隔離されてたが、今はどのぐらいまで隔離されてるんだかな。

    俺の幼なじみの女の子(A子とする)の話。

    小学校一年の頃。A子は頭がよくリーダーシップもあり優秀な子だった。でも席替えをすると、いつもクラスの知的障害者(Bとする)の隣にさせられる。

    Bはかなり重度の知的障害者で、まともに授業も受けられずA子の邪魔ばかりしていた。それどころか毎回授業自体の邪魔をしてくる。

    そのたびに隣のA子が担任(女)に

    「だめでしょ!なんでBくんの面倒見て上げられないの!」

    と殴られていた。(当時は体罰なんて大した問題にはならなかったのです)

    席替えしても何度も何度もBの隣にさせられるA子、ついに担任に

    「なんでいつもわたしがBの隣なんですか!?」

    突然ビンタされて吹っ飛ぶA子。

    担任「A子、あんたは優秀なんだからBくんの面倒見なきゃいけないんだよ!それもわからないならもう私の授業なんて受けなくていい!」

    とA子の机ごと窓の外に放り投げた。これにはクラス全員騒然状態。悪びれてないのは担任とBだけ。

    A子は黙って机を拾いに行った。今思えば小1なのに泣きもしないA子、メンタル強すぎ。

    担任の暴挙は2年生に進級しても変わらなかった。(俺らの学校は、2年ごとに担任とクラスメイトが変わる制度だった)

    Bの暴挙も相変わらずで、A子の服やら教科書やら机やらはいつもBのヨダレでべとべと。

    Bは、休み時間になってもA子のそばを離れないでべっとり。おそらく担任がそうしろって言ってたんだと思われる。

    ある日、Bが担任の腕に噛み付くという事件が起こる(A子はそれ以上に噛み付かれて、常に噛み跡やアザだらけだったんだが)

    ブチギレた担任、A子を逆恨み、お前の責任がなってないからだ!と叫び、A子の教科書やら筆箱やらを2階の窓から落とした。(教室は2階に移っていた)

    A子はさすがにこれには怒り、ランドセルをひっつかむと筆箱を拾って入れたかと思えばそのまま帰宅。そのまま1週間ぐらい登校拒否に。

    この件にはさすがのA子の親も激怒し学校に押しかけてきた。担任とA子親の間でひと悶着があったらしいが、担任おとがめ無し。

    後から知ったことだったが、担任は校長の娘だった…

    一応形だけの謝罪はしたようだが、A子もBのお守り役をさせられる状態は変わらず。

    そして学年は3年生に。俺、A子、Bもまた同じクラスに…担任は今までのバカ女から、ややまともな新しい担任(男)に変わったが…

    そのせいか、もうA子の隣が常にBになるということはなくなったが、3年生終盤で事件は起こった。


    34

    71: 
    おさかなくわえた名無しさん 2010/10/16(土) 15:40:26 ID:LMiXqqwF
    小学2年の時、転校生の男の子がやってきた。

    みんな、まだランドセルはピカピカで厚さも15センチくらいの頃だけど、その子のランドセルは厚さが5センチくらいしかない上、色もハゲハゲで革が擦り切れているようなすごいしろものだった。

    その子はひと言も口をきかず体格も小さかった。

    1週間くらいして、朝のホームルームに担任がなかなかやってこないのでザワザワしていると、血相をかえた担任が教室に走りこんできて、その子を抱きかかえると、教室のテレビの下にある台の中に隠して

    「じっとしていなさい!」

    と言い、私たちには

    「静かに!何があっても口を開けてはいけません!」

    と言った。

    そこに遠くからワァワァ騒いでいる声が近づいてくると、教室の扉をガラっと開け、チョー怖い顔の男が入ってきて、

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2018/01/14(日) 16:29:48 ID:nBO
    年始に姉から聞いた話。

    姉の娘、つまり私の姪は小学校中学年なんだけど、担任の先生が、
    ふんわり言葉ととげとげ言葉というものを授業で取り上げたらしい。

    ふんわり言葉というのは、相手を傷付けない優しい言い回し、表現のことで、
    とげとげ言葉は名の通り、強くて人を傷付ける言い回し、表現のことを言うそうだ。

    姪の担任はまず、一週間程クラス全体でふんわり言葉を使うように呼び掛けた。
    すると、皆ちょっとよそよそしい感じにはなったものの、特に何も問題なく過ごせたらしい。

    しかし、その後、姪の担任は「今日は一日、皆でとげとげ言葉を使ってみましょう!」とやってみたらしい。

    どうも担任は、一日とげとげ言葉を使う
    →ちょっとピリピリした嫌な空気になる
    →「ほら、とげとげ言葉って嫌だね、
    みんな、ふんわり言葉の大事さが分かったでしょ!」
    とやりたかったみたい。

    このページのトップヘ