新郎


    b675b22a-s

    577: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2011/12/23(金) 09:50:06.13
    新婦の友人として披露宴に出席
    なんでか新郎側の両親や友人たちが私のほうを見て
    ざわざわひそひそするのでなんだろう?嫌な感じだなあと思っていた

    新郎のお母様に会場から廊下へ連れ出され
    話を聞いてみたら、新郎の前彼女に私がうり二つだったらしい
    免許証を見せて全くの別人だということを証明
    ただ、新郎も私をみて動揺するかもしれないから
    トラブルになる前に急病ということにしてくれと退場させられた。


    385

    486: 愛とタヒの名無しさん 投稿日:2009/03/22(日) 15:45:51
    数年前、結婚式場で巫女のバイトをしてた後輩から聞いた話なのであいまいなのですが。

    大学を卒業する後輩は、この不幸な結婚式が最後の巫女バイトでした。

    その結婚式は、片田舎の、それも全国展開する庶民のための
    至極一般的な結婚式場ではめったにない最高金額の予約だったそうです。
    新婦は地元の普通の女性。
    新郎は地元出身で、今は俳優の卵として修行しているとのこと。

    新郎の招待客に新郎が弟子入りしている有名俳優夫妻や有名人が名を連ね、 
    何日か前からマネージャーに

    「この結婚式はVIPがいらっしゃるから粗相のないように」

    と、くどくしつこく言われていたそうです。

    さて、結婚式の当日、待てども待てども新郎が来ない。
    新郎はおろか新郎側の親族、招待客含め、新郎側の人間は誰一人こない。


    29

    08/02/17
    新郎が、式に出席した新婦の知人(ほぼ他人)に一目惚れ。

    新郎、脳内が沸く。
    招待状の送付先を調べて新婦知人に会いに行く。
    新婦知人、迷惑だと新郎を追い返す。
    新郎、なぜかトチ狂ってストーカー開始。
    新婦知人、新婦に苦情。
    新婦と新婦両親が新郎を問い詰める。

    新郎、

    「彼女と僕は運命の恋人」
    「君と結婚したのは彼女と出会うためのステップだっただけ」
    「彼女も僕を愛している、それはよく理解している」
    「というわけで別れてくれ」

    新郎新婦、式から1ヶ月で離婚。
    新郎、新婦知人にプロポーズ。
    新婦知人、転居して逃亡することに。その費用を新郎両親に請求する。
    新郎両親、新婦が仲良くもない知人を人数合わせで呼んだせいと責任転嫁。
    新郎両親と新婦両親が裁判寸前。←今ここ

    このページのトップヘ