暴言


    204

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/18(火)20:32:07 ID:VZQvKsrKo
    冗談に対するツッコミとかでもタヒねって普通に言うのに泣くほどのことじゃないだろ

    637:にゃんこ速報 2015/04/10(金) 21:44:27 ID:HCG
    自分がやったわけじゃなく、傍観してるだけだけど。プッチプチだけど投下

    自分は介護士で、今は特養に勤めてる。
    この業界では珍しく、職場に良い人が多くて働きやすいんだけど
    一人、ものすごく性格の悪い職員がいる。
    仕事も怠惰だし、入所者さんにも陰で暴言吐いてるらしい。
    もちろん指導も入ってるけど、ぶすっくれて全く反省なし。
    辞めさせたいんだけど
    決定的な証拠がなくて辞めさせられない状態だった。

    そんな中、入所者の中で、余命僅かと診断されてたAさんが危篤になった。
    うちの施設は看取り対応をしていて、Aさんは本人の意思で病院搬送はせず
    そのまま安らかに逝くまで見守ることになっていた。
    いよいよかな~という時、職員がAさんの部屋に集まって見守ってたら
    突然Aさんがカッと目を開き、例の性格の悪い女職員のほうを睨んで
    「おまえをゆるさない むこうからみてる」と、はっきりした口調で言ったんだわ
    Aさんが意味のある言葉を言ったのは半年ぶりだった
    自分は驚いて廊下に体育ずわりしたわ
    性格悪い女は青ざめて、あわっ、あわっ って変な声出してた

    まー 実際は、その後性格悪女に何か起きてるわけじゃなさそうなんだけど
    でも大人しくなってありがたい。
    どうも性格悪ブス女、ちょっとした不運とかを全部Aさんに結びつけて考えて、鬱っぽくなってるらしい
    霊能者に大金払ったらしくて笑った

    あと、他の入所者さんたちにもこの話が伝わって
    「あたしもタヒぬ時、あの豚女になんか言ってやるわ!」とか言って
    予行練習してる婆さんがいてそれも笑った

    649:にゃんこ速報 2017/05/26(金) 18:20:39 ID:lUPNWLHg0.net
    同じ家事をするにしても
    丁寧にするのと最低限するのでは違うわけで
    掃除は雑になり、食事は冷凍ものやできあいを買ってくることも多くなってきて
    家事にかける時間が少なくなっているのは間違いなかった

    以前は休みの日は一緒に出掛けることが多かったのに
    友達と会うからと言って1人で出かけることが何度もあった

    もしかすると浮気しているのかという疑問が出てきたのはこのころ
    口で言い争っても嫁に勝てないのは火を見るより明らかなので
    しっかり証拠をつかむことにした

    528:にゃんこ速報 2013/09/27(金) 00:47:24 O
    二日に一回の頻度でアポなし凸、留守の時は(いつの間にか作られた)合い鍵で侵入。鍵変えても後悔なし。
    私や旦那やウトさんがやめろと言っても右から左で家の中を探索するクソトメ。そのほか暴言も頂きましたがそれは割愛。
    箪笥の中漁られて服が数着消えてた上に「こんな派手な下着つけて浮気でもしてるのか」的な内容の置き手紙があって、完全にブチギレました。
    旦那に許可もらって、私の結婚前から貯めてたお金で買ったLDD、あらゆるところに置きまくりました。
    箪笥の中には箱から出してクロエちゃんとダリアさんに待機してもらいました。

    トメ、半泣きで義実家に帰って、今までにないほどウトさんに叱られたらしいです。

    LDD、前々から欲しかったんだけど、旦那が怖がるかなって遠慮してたんだが、今じゃ旦那もクロエちゃんの虜です。
    (LDDは、まぁ、よく出来たタヒ体人形みたいなやつです。ググる場合は自己責任で)

    105:にゃんこ速報 2013/07/30(火) 10:29:01 0
    ついにやってしまった。しかも今朝。
    義母は良い人なんだけど、ウトが最悪。
    義母も旦那もウトが嫌いで、ウトは町内の人にも仕事仲間にも、性格が悪くて嫌われている。友達もいない。
    一緒に仕事してるんだけど、ウトがこれまた仕事が出来なくて最悪。
    私と旦那が仕事をしている横をウロウロしてるだけ。
    そして、旦那が目を離した隙に
    わざわざ私の所に来て、嫌み、暴言等を怒鳴り散らし
    その度に旦那に報告して〆て貰ったんだけど限界が来た。

    今日の朝、仕事をしているとまたまた私の横に来て嫌味を言うウト。
    冷静になって色々聞き返すも、ウト、性格が悪いので
    仕事に必要な道具の場所のある場所を教えてくれず、喚き散らす。
    「だったら自分で探します。」と言って
    仕事場の事務室に行き
    事務室の大きな窓(一階)から、隣にある肥溜めに向かって
    片っ端から事務室の物をブン投げてやった。
    仕事の資料、参考書、椅子、ウトの持ち物、時計、最後にペラッペラに軽い机も中身入ったまま
    肥溜めにブン投げてやった。

    ウトが慌てて走ってきて
    「何してるんだ!?」と言うので
    「必要な仕事道具を探しているだけです。
    けどその前に、この事務所汚いので掃除しておきました。では、実家に帰ります。」
    と言って、そのまま車で40分の実家に帰ってきました。

    さっき旦那がこっちの実家に到着したので
    これから夫婦で、久々に温泉にでも行ってゆっくりしてきます。
    次に二人で働く場所なんかも相談してきます。では。

    このページのトップヘ