942:にゃんこ速報 2015/03/30(月) 16:42:36 ID:sPI
今はもうアラサーなのでそんな元気もないけれど、若い頃の私は正義厨だった。
子供の頃の通知表には、「正義感が強く~」という言葉は高確率で書かれてあったし、自分自身も警察官になりたかった。
だからといって、学級委員長やリーダー格になるような性格ではなく、どちらかと言えば大人しい性格。
それでいて、クラスの子が何か悪いことをすれば、誰よりも先に先生に告げるというタチの悪い子供だった。

確か、私がハタチくらいのころ、母と電車に乗っていた。
電車は満員とまではいかないけれど、私が乗っていた車両の席は埋まっていて、立っている人が数人いた。
私と母は席に座っていたんだけど、どこからか女の話し声が聞こえてきた。
どうやら女は電話で話しているようで、かなりの大声。
しかも緊急を要する会話ではなく、世間話。しかも下ネタ。
みんな聞こえないふりをして、俯いていた。
そんな中、私は「迷惑!」と思った時には席を立って、女の声の方へ歩いていった。
女は同い年くらいの人で、私は女に「五月蝿いんですけど!」と怒鳴った。
すると女は、目が合ってもニヤニヤしながら電話を続けた。
私はもう瞬間湯沸かし器のように怒りが込み上げてきて、女に取っ付きかかった。
それで抵抗する女から電話を取り上げて電源を切ってやった。

電車を降りたあと、その一部始終を見ていた母から「アンタ、恥ずかしいよ」と言われた。

母によると、周りにいた人々も私についてヒソヒソと話していたそう。
「黙ってりゃいいのに」とか「どっちも迷惑だよ」とか。

私は正しいことをしたと思っていたのに、世の中の大人からすればどっちも恥ずかしい行為だったことが衝撃的。

ちなみに私は今、基本スルーで生きています。