歳の差婚


    410

    70: 名無しさん@HOME 2008/04/30(水) 13:00:47 0
    やっと気分的に話できるようになったので、書きます。
    私たち夫婦は8歳年の差カップルで私が上。

    私の年齢的なこともあり、結婚してすぐにあかちゃんが欲しくて
    最初の子を一年目に産んだ。
    一年おいて2人目に挑戦するも、初期流産。

    その後稽留流産→初期流産→タヒ産と続いて、
    診断は「不育症」

    長い長い時間と私たちにとっての大金をかけて治療して
    一昨年にとうとう妊娠した。

    とにかく安静に、平穏にとのんびりペースで過ごして8ヶ月目が正月。
    さすがにもう大丈夫だろうと、ここでやっと義実家へ報告を兼ねて正月の挨拶に行った。
    義実家は雪国ではないが、毎年そこそこ積もリ、スキー場も側にある程度の田舎。

    この10年間、イビリ続けたトメもさすがに喜ぶそぶりを見せており、
    夜遅くなって、スリップも心配だから泊まっていけと言う良ウトの言葉に従う事にした。

    すいません、一旦切ります


    192

    910: 可愛い奥様 2011/10/21(金) 14:23:35.19 ID:h6uqzDxf0
    しょぼくれたおっさんだった元友人は、10歳以上年下の結構美人な奥さんをもらって
    自分はモテる。イケてる。と変な自信付けて勘違いしたんだと思う。
    それまでは見てるこっちが恥かしくなるくらい奥さんloveで誠実な態度だったのに、私がいる前でも
    「お前(奥さん)ウゼェんだよ!タヒね!」「あっち行ってろバカ!」とかドン引くような扱いするようになっていった。

    その頃から出会◯系や職場の女性など複数と不倫しているらしく、聞きたくないしやめろといっても
    俺モテモテ武勇伝を聞かされることが多くなった。
    そんなことに耐え切れず奥さんは遠方の実家に帰って離婚してほしいといわれたそうだ。
    元友人は「専業子持ちでどうやって生活するの?wできないでしょ?俺は離婚しないであげてもいいよ」みたいな
    上から目線で話し合いのような物をしていたみたいだった。


    273

    98: 名無しさん@おーぷん 2017/08/14(月)16:08:05 ID:f3y
    20代のとき、かなり年の離れた男性と結婚した
    男性には10歳の子供がいて、交際時にかなりなついてくれてた
    男性がかなりずぼらで、ゴミだらけの家を掃除したりおしゃれのお手伝いをしたりしたら大喜びで、「お姉チャンがお母さんになってくれるなんて夢みたい」
    と言ってくれた

    でも結婚し母になったら、急にその子からいじわるをされるようになった
    私が作ったご飯をたべずに捨てて、夫が帰ってきたら「ご飯をくれなかった」と泣きついたり、体育でできたアザを見せて「ぶたれた」と言ったり

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2015/10/27(火) 11:53:06 ID:5RN
    A子の母親はA子が中1のとき亡くなっていて、看護士さんだった。
    母親のことが大好きだったA子は、自分も看護士になった。
    そして父親によく似たタイプの男性と20代で結婚。歳の差結婚で、12~13歳違った。

    でも30になるかならないかでA子が体に不調。
    A子は前述のようにタヒんだ母親を尊敬していて、母のとおりにやりたい!という強い希望があった。
    A子の話だと、A子母は看護士の仕事して、家事育児すべてやって、父方のナントカさんの看病も巡回して、
    そして近所付き合い、親戚付き合いもマメで、嫁姑仲もよく…
    というスーパーウーマンだったらしい。

    A子の姑さんは、ものすごくキツいってわけじゃないけど、まあどこにでもいるレベルの嫌味な人。
    旦那さんは悪気はないし悪い人でもないけど、結婚するまで実家住まいだったからか、何もしない人。
    A子が先んじて何でもやってしまうから、余計「自分はしなくていい」と思ったんだと思う。
    夫の親戚一同、家庭板に出てくるようなキティガイじみた人じゃないけど
    みんなどことなく片親育ちのA子を軽んじて、看護士ならうまくこき使えると思ってるような人たち。
    みんなどこにでもいる「ちょっとイヤ」レベルの人でしかなかったんだけど
    A子が「私がやらなきゃ、私がやらなきゃ」で全部引き受けていたせいで
    どんどん皆A子に甘えておっかぶさっていった。

    このページのトップヘ