390

    101:名無しさん@HOME:2012/07/05(木) 18:52:13.83 ID:0
    母は36歳の時に病タヒしたのだけど、1年ほど ある男性からストーカーされていたらしい。
    当時は知らなかったのだが勤務先の取引先の人だそうで、
    父が不在の時や出稼ぎで2ヶ月留守にしている間に家に押し入ったりと、かなり激しかったらしい。
    当時はストーカー規制法なんかないし、押し入られるまで警察も動いてくれなかったんだって。
    確かに小3の頃、父の不在時には弟と3人で叔母の家に身を寄せた時期があった。
    私は従兄弟と遊べるから楽しいとしかおもってなかったけど。
    警察介入して、母の職場から相手の職場と本人にも圧力がかかったため
    諦めてくれ一件落着・・・かに思えた。

    それから一年半後、病で母急逝。

    葬儀や49日その他を終え、お骨を骨壷から出して袋に入れるために墓を開けると骨壷が空っぽ。


    377

    188: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 17:09:55.05 ID:lTnxkZ1G0.net
    子供たちを連れて実家に遊びに行った時のこと。 
    普段から穏やかな母と、明るい父と、同居の妹一家と、みんなで楽しく話していた。 

    途中で母が
     
    「そうだ、○○(長男)にいい本を見つけたのよ♪」
     
    と笑顔で押し入れを開けて、下の段を見るために座ったのだが、いつまでも動かない。
     
    探している感じでもない。

    「どうしたの?」

    と軽く肩を叩いたら、母の身体は静かに床に倒れた。


    312

    755 :本当にあった怖い名無し:2013/01/27(日) 01:26:05.29 ID:zm94APK30
    俺の母親はまじめで温厚で、父がタヒんでからも介護の仕事を続けながら、4人の子供を育ててくれた。

    母が怒ったり泣いたりする所も、人の悪口どころか軽いグチを漏らした所すらも見たことがない。

    小2のときの話。

    深夜兄2人と同室の部屋で寝ていると母に

    「火事だ!」

    とたたき起こされ家の外へ逃げた。

    「ついにうちでも事故が…」

    とか考えてたことだけは覚えてるけど、それ以上のことはパニックで頭にない。


    249

    177:
    おさかなくわえた名無しさん 2013/09/10(火) 19:54:21.26 ID:qz5raMxw
    追突事故で思い出した衝撃的というか奇妙な縁があるなぁという感じの話。

    私は車好きの大学生で、バイト代が貯まった時に
    丁度いい出物があって車を買ったのが今年の始め。

    当たり前だけど新しい車は買えないから買ったのは20年前の車。
    前々から欲しかった車種だし、色々手が加えてあったから
    お買い得だったなーと思いつつ先方から車を引き上げて、 
    ナンバーを取るまで置かせてもらおうと思って実家まで持ってきた。
    そうして帰宅した私と車を見て母親がすごく驚いた様子で

    「どうしてこれなの!」

    と言ってきた。

    「自分の稼いだ金で買うのだから、何を買ってもいい」

    って言ったのそっちじゃん!と思いつつ、話を聞いて初めて知ったのが、 


    135

    14/11/13
    うちは姉、兄、私の3きょうだい。

    ありがちだけど、母方の実家(農家)で総勢30人くらいでお年始の宴会してたら、
    丸1年会ってなかった兄が女になって凸ってきたww

    「女として生きたいんですゴメンナサイ」

    って土下座wwww 一同ポカーンwwwww
    こに本家の酒を飲み尽くして近所の酒屋に追加配達を頼みに行ってた
    酔っ払いの母がビール瓶抱えて登場。


    205

    749:
    可愛い奥様 2009/09/16(水) 02:55:43 ID:UJMTNuHaO
    高校生のとき、母が事故でタヒんだ。
    父はだいぶショックを受けていて、葬儀のあった夜、客人達を見送ったり雑用をこなした私がうちに入ってきたのを見て、母さんが帰ってきた!と叫んだほどだった。

    その後も朝から私を母と間違えたり、私のことを母の名前で呼んだりしてた。 
    私自身も母をなくして辛かったから、ある日父に向かって、お母さんはタヒんだんだ、もう帰ってこないし私はお母さんじゃないと怒鳴って、泣きながら家を飛び出した。

    おば(母の妹)の家に行ってそんな話を聞いてもらっていたら、おばから、私は母に似ているから、みたいなことを言われた。

    だけど私はずっとうちの中では父親似だって言われたし、母もことあるごとに、私は何から何まで父にそっくりだって言って笑ってたから、びっくりした。

    でも幸いなことに父はだんだんそういう状態から抜け出していって、仕事にも復帰して家事も半分こして、二人暮らしで大学も出してもらった。

    つい先日、母の遺品を改めて整理してたら、着物用の古いバッグが出てきた。中には、宛先不明で母に返送されてきた手紙がいっぱい入ってた。 

    日付は、私が生まれる前後のもので、宛先は知らない男性の名前。なんで戻って来るの分かってて出しつづけたんだろうって思った。 

    母には悪いと思ったけど、中身を読んだ。 


    157


    396:
    名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金)15:26:25 ID:AP2
    男と逃げたと思ってた実母が、実は逃げてなくて母の故郷で病タヒしてたと知って衝撃。

    母がいなくなったのは俺が高校生の頃。

    うちは父兄俺が同じ競技をやっていて、幼稚園に入る前から一家でその競技に打ち込んでた。
    もともと父がその競技で有名な人で、俺ら兄弟もサラブレッドと言われちやほやされていた。
    我が家はその競技中心に回っていた。

    母はその競技の経験ないただの女。

    父は

    「おまえにできることは俺たちのサポートをすることだけなんだからな」

    ってよく言ってた。

    土日も夏休みも盆正月もなくずっと競技に打ち込む日々だった。


    116

    669: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/04/30(日) 11:11:13.10 ID:CnvHKwcdx
    相談させてほしい。離婚どころか、母親からも縁を切られるかもしれない。
    あと、他の方とは違い俺の場合は精神的浮気なんだ。
    しかも相手は俺の母親。

    かなり長いが、書き溜めてあるのでざっとでいいから読んでほしい。
     ・相談者の年齢職業
      29歳 営業マン 年収 手取で520万くらい
    ・嫁の年齢職業
      21歳 専業  以前は俺の会社の工場勤務 (生産事務) 
    ・婚姻期間   
      1年2カ月位 交際はその前に1年半くらい
    ・子供の人数、年齢  なし
    ・わかってるなら間男の年齢職業
      間男でなく俺の母親 53歳 週2パート勤務  
      父は57歳、零細企業だが役員なんで年収はそこそこ 
    ・過去の不倫の有無(夫婦共に)
      妻は間違いなく無し。俺はちょくちょく風イ谷には行ってた
    ・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか
      もちろん再構築。 と、いうより以前通りの関係に戻したい


    62

    52: 名無しさん@おーぷん 2014/05/16(金)20:33:59 ID:???
    カーチャンがいつかタヒぬ生き物だと実感した瞬間。
    健康診断にひっかかって、再検査してもやっぱりそうで入院が決定して
    ああ、カーチャンっていつまでも生きててくれるわけじゃないんだと初めて実感した
    理屈じゃわかってたんだがそれまで身近に起こるものだと思ってなくてパニくった

    カーチャンはロボットのように丈夫で、働いて帰ってきたらメシつくって
    洗濯して家をきれいにして風呂を沸かして親父の面倒をみるそういう生き物だと思ってた
    メンテせずとも永遠に動くような気がしていた
    でもそんなことあるわけないよな…

    でも焦燥感があるだけで別に何するわけでもないんだよな
    頼られもしないし、何かしてくれとも言われない
    見舞いにくらい行った方がいいんだろうけど
    なに持って行ったらいいかもわからない
    バスの乗り継ぎ方も知らない


    28

    3: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)21:53:18 ID:rLM
    旅行の途中で食事どころに寄ったら近くの席で部下が自分の悪口を言っていた話。

    俺の会社は結構飲み会が多い。酒の席では無礼講のような感じになって俺の彼女いない歴=年齢が酒の肴になる。
    彼女いたことない奴なんて俺しかいないのでだいたいはバカにされるのだが部下のAという女性だけは親身にアドバイスをしてくれた。

    何年か前たまたま長めの休みが取れたこともあり母親を旅行に連れてった。
    孫とか気にしなくていいからねと言われるものの婚活がうまくいかない申し訳なさもあって
    母親が前々から行きたがっていた先に車で連れて行くことにした。

    途中食事をとるためにレストランに入る。料理を待っているとなにやら聞き覚えのある声が聞こえる。
    「〇〇って彼女いたことないんだって」「適当なアドバイスを真剣に聞いてるのがマジ滑稽」など。
    ちょっと気になって声のするテーブルを見たとき、楽しそうに話すAと目が合う。

    このページのトップヘ