にゃんこ速報~修羅場・キチママ・生活まとめ~

🐈サレた側 🐈サレ妻 🐈サレ夫 🐈昼顔



    57


    896: 名無しさん@お腹いっぱい。 2023/02/19(日) 08:10:32.97 ID:881PydIOa
    先日父親が亡くなって母親と遺産相続の話での愚痴

    母親が遺産相続の話を持ちかけて来た。いくら相続税がかかるのかとか俺(息子)と折半したらどうなるのかとか。まだ父親がタヒんで1日しか経って早過ぎないかとか思ったし、遺産に興味ないし父親を支えた母親が全部受け取ればいいと言ったんだがハッキリさせたいらしく食い下がる。
    じゃあ一応調べるから遺産のざっくりとした額を教えてくれといったら「それは言えない」と頭を振りながら両手の拳を握りしめた子どもみたいなポーズをしだす。
    言わないなら調べようにも分からないし、言いたくない程信用出来ないのならいらないと言ったら最終的に
    「お前の嫁に知られたり遺産の一部でも渡るのが嫌。嫁に言うな嫁に渡さないなら教えてもいい」的な事を言いやがった。
    まず嫁が遺産目当てと思われてたのがショックで、嫁の方が家柄良く金とかそういうのに一切関心がない。母親とも接して子どもに会わせたり色々してくれたのにあんまりな言葉に失望して、父親の四十九日が済んだら最低限の関わりしかしないと伝えた。
    そんなに嫁が嫌いなのかとか、色々幻滅した



    97


    679: 名無しさん@HOME 2023/01/18(水) 22:34:57.67 0
    老父が30年近く前のブランド物衣類を引っ張り出してきて親戚の大学生にあげてた
    ブランド物とはいえそんな骨董品要らんやろ
    要るか聞いたら是非欲しいという返事だった、ってそりゃ無下に断れないからだろうに
    あーやだやだ



    30


    55: 1/2 2008/11/27(木) 03:12:00 ID:t9xY8xbH
    クレクレされた訳ではないんだけど、個人的に『アンタの、それは無いわ』と思った事投下させて下さい。
    感情入っちゃってるから長くなったらごめんなさい。

    今年、私の実父50代が癌で倒れたの。
    しかも末期まで見つかりにくく、手術も出来ず、その予後の悪さからキングオブ癌と言われる膵頭癌。
    医者チームも一応の努力はするけれど、と、もう余命宣告が出された。



    130


    460: 名無しさん@お腹いっぱい。 2023/01/03(火) 22:41:23.14 ID:9U6MaGmw0
    俺の実家に嫁と子供と正月帰省
    母がたまには息抜きしようと嫁を誘って二人で初売りに行った
    残ったのは父と俺と子供(生後5ヶ月女児)
    父が子供を風呂に入れてやりたいと言ったので風呂の準備をして父に入れてもらった
    もちろん俺が指示を出しながら入れてもらったから危ないとかはなかった
    帰ってきた嫁にそのことを話したら「ヒィー」みたいな声を上げて泣き出した
    何で女の子なのにパパ以外の男の人に風呂に入れさすのっていうのが嫁の言い分
    嫁の父親がオムツ替えしたいって言ったときも断ったらしい
    女の子って言ってもまだ5ヶ月だし、男の人って言っても祖父だし正直細かすぎだと思ってる
    父は余計なことをしたと落ち込んでて可哀想だった
    母は嫁が細かいかどうかは今はどうでもいいからとにかく平謝りしなさいと言っている
    産後の女の恨みはタヒぬまで続くからと…
    母の言ってることが正解そうなのでとにかく謝ったけどまだモヤモヤしてる



    24


    1: 風吹けば名無し 2022/10/05(水) 18:29:28.93 ID:mATitrEx0
    娘(17)「だってユニクロの服を着てるということ自体が
    「私はおしゃれに関心がないうえに貧乏人です」と高らかに宣言してるようなものじゃない!ほんとやめて!」

    ワイ、娘に怒りの鉄拳制裁



    21


    295: 名無し 17/11/07(火) 10:35:30 ID:yjs
    子供のころから自分の家族は少し他と違うと思っていたけど、たぶん「機能不全家族」だったんだと今にして思う。

    父は一応会社員だったけど、飲む打つ買うで給料すっからかんなんかざら
    母はいつもお金で苦労していた

    子供のころは母が可哀そうと思っていたけど、実際は違ったんだ。

    父の放蕩は結婚前から分かっていたらしいし、結婚してすぐに母の結婚前の貯金を使いこんだり色々やらかしていた。
    昔でもあまりにひどい場合、仲人や両親に相談するという手は残されているし、仲人や両親がストッパーとして働くのだけど、母は肝心のことを両親に相談しない。
    「お金がない」とはいっても「なぜお金がないのか」を伝えない。だから祖父母も両親ともに金遣いが荒いんだと思ってた節がある

    さらに夫となる人と話合うこともない。

    子供である自分たちがある程度大きくなったら「お父さんには困ったものだ」と愚痴は垂れ流すけど何も動こうとはしない。もっというとある種のナマケモノか、ちょっと足りない人だったと思う。
    実母に対してそういうことを書くと叩かれるだろうけど、自分が何か動くとか、何かやるとか、責任を引き受けることを極端に嫌ってた。私たちが大きくなると家事は子供にやらせてゴロゴロしているだけだった。
    父がある種の引っ越し魔で何度も勝手に引っ越すのだけど、引っ越しって結構大きなイベントじゃない?まして子供もいると。
    それなのに、「お父さんが引っ越すっていうから」と唯々諾々としたがう。
    引っ越しお金が無いのに無理に引っ越すから食費とかを切り詰める羽目になったり。
    引っ越し先の物件すら父親任せで自分が見に行くとか探すこともない。

    父も自分はさんざん親から色々してもらっているのに、子供には何もしてやらない、勿体ないっていうようなおかしな人だった。

    今も覚えているんだけど、学校行事で早朝に集まる必要があるときに、大体の家は親が車で送るんだけど、私の父は「なんで親が子供のために働くんだ」ってバカにしていた。

    まだまだ思い出すと色々あるんだけど、ほんとうに家庭として全く機能していなかった

    ちなみに父親は悪名高いQ州出身で、親族もそっちの人が多いのだけど、親族の家庭は普通。
    あるとき、父はパチか麻雀か馬か何かで盛り上がり、重要な冠婚葬祭に大幅に遅刻してしまった。その時私たちは親戚の家に泊まってて、子供が眠ってから、大人が集まって父に対し説教していたらしい。怒鳴り声で目が覚めた。
    父方の伯父が私の父に向って「九州男児というのは嫁と子供をしっかり養ってこその九州男児だ、お前はただの放蕩三昧で恥さらしだ」と怒鳴って叱りつけていたことをうっすら覚えている。

    父も母も破れ鍋に綴蓋だったんだろうな。

    話し合いもまともにできない人がまともな家庭は作れないよなーと今にして思う。今はほぼ絶縁している。



    84


    411: 名無しさん@HOME 2010/01/29(金) 09:31:30 O
    相談と言うか夫婦間の事で悩んでます
    書き込みしてもいいですか?



    52


    101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2022/03/04(金) 09:23:42 ID:N4amKuLl0
    愚痴らせて下さい
    夫の無神経さにブチギレそうです

    父が半年程前から腰痛で形成外科に通っていたのですが
    数日前に容体が急変して大きな病院に行ってMRI検査をしたところ
    背骨や腰にたくさんのひどい癌が見つかり、
    今日から入院することに決まりました

    お医者さんいわく治療しても治る見込みがなく
    進行が異常に早いことから先は長くないとのこと

    私は10歳の時に母をなくしているので父のことが大好きです
    夫が仕事の日に合わせ週に1回父はうちに遊びに来ていました

    その時のために父専用のコップを買って
    父が来るたびにそのコップでお茶を出していたのですが
    そのコップが今日なくなっていて、夫に聞くと
    「捨てたよ。だってシぬんだからもう必要ないじゃん。」と言われました

    もう怒りと悲しみで頭がおかしくなりそうです



    81


    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/01(木) 01:25:53 ID:vEgisxWc0
    水飲みに1階に行ったらちょうどトイレ行くために起きた親父と遭遇したんだが
    親父が俺に気付いた時に「起きてたのか、生ごみ……」って言った

    俺が顔面蒼白になると、親父も気付いたらしく
    「あっ、起きてたのか直樹」って言いなおした

    俺は水も飲まずに自分の部屋に逃げて行った



    45


    20: 名無しさん@HOME 2013/09/18(水) 10:54:11.15
    数年前に父がタヒんだとき、自分の貯金と遺産を合わせてマンションを購入した。

    実家住まいだったんだけど、当時婚約中の弟が
    薄給なので出来れば同居したいって話していたので、邪魔な小姑は家を出た。

    一方弟は父の遺産で新車を購入し、彼女と豪遊w

    このページのトップヘ