44

    712: 名無しさん@おーぷん 2015/10/04(日)19:55:00 ID:mUJ
    私はスーパーで10年近くフルタイムで働いている。
    様々な基地客と遭遇したけど、昨日物凄い男がきた。
    小さいスーパーなので、午後3時くらいは客がほとんどいない。その男はそんな時間にきた。
    写真をレジ担当のパートさん全員に見せて回り、焦った様子で叫んでた。
    「この女性を探している。出産間近なのに行方がわからなくなった」と言っていた。

    私は写真の女性に見覚えがなく、わかりませんとだけ答えました。他のパートさん同じ。男は女性の旦那だと主張している。
    男が帰ったあと、パートさんのうち2人が実は写真の女性を知っていると言い始めた。


    151

    48:
    本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 23:02:49.57 ID:x6lp+Vyr0.net
    夏になると思い出す。

    当時ちょっと不便な所の研究所にバスで通っていた私。バスは1時間に1~2本しかなかった。(バス停は、お店の前)

    動物がいるので、お盆休みも餌やり等のために当番で半日出社した。

    帰るのにバス停で待っていたら、知らない車が目の前で止まった。

    30前後の男が

    「この先で事故があって、バスは来れないから乗せていってあげるよ」

    と。


    69

    100: 
    名無しさん@おーぷん 2015/01/14(水)18:48:48 ID:J5r
    長文失礼します。

    自分が小さい頃なので、もう20年近く昔の話。

    その日は、子猫を拾って飼うことに許可を得た次の日で、早く子猫の待つ家に帰りたくて学校からの帰り道をダッシュしてた。

    公園に差し掛かったとき、20代前半くらいの男が公園から出てきて、ダッシュ中の私に話しかけてきた。

    男曰く

    「コンタクトを落としてしまって困っている、いっしょに探してくれないか」

    と。

    しかし私はさっさと子猫のもとに帰りたい、ついでに言うと公園から出てきたのに公園横の道路を指差してこの辺に落としたと言い張っててなんか怪しい。

    「すごく急いでるんです!」

    と答えて去ろうとすると

    「いやでも今ほとんど見えてないんだけど」

    と焦った様子で畳み掛けてきた。

    見えてない?!これはチャンス!と思った私は

    「じゃあ私のことも見てなかったことにして下さい!」

    と叫んで走り去った。

    男はなんか

    「えっ…」

    って言ってたけど構わずダッシュで帰宅。

    ひとしきり子猫と遊んだ後、母にそう言えばこんなことがあったと報告。

    母は

    「変な人もいるわねえ」

    と流してしまった…多分時代もあるんだと思うけど。

    数週間後、母に

    「これって!あんた!」

    と言われて覗き込んだ新聞記事には


    39

    908: 
    名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火)11:28:15 ID:7aX
    夏休みなので1人旅を計画し、妹が1人暮らししている県も通りかかったのでその晩は妹のアパートに泊めてもらった。

    妹はちょっと変わっていて、何時に食事、何時に入浴と決まったサイクルで動かないと落ち着かない。

    妹が風呂に入っている間、俺はテレビを見ていた。

    玄関の方から何か、ガチャガチャ音がした。ドアの向こうで数人が何か話している気配がする。スコープを覗くと若い男が数人いた。

    いやな予感がして、音をたてないようチェーンをかけた。かけ終わってほんの数秒後、

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2018/01/20(土) 21:40:57 ID:eb6
    男と付き合ってものすごく驚いた事があった。
    とにかく女の1.5倍以上食べるしどこいってもバンバンドシドシ音出さないと生活できんのか!ってぐらいうるさい。
    電気付けっ放しや風呂温めたあとなかなか入らず冷めて追い焚きとかザラになった。
    トイレが汚いというか、ながさないそして臭い。洗い物があろうと無視して流しで歯磨きうがい。
    それでいて家事の殆どが私、彼の収入がたかいのに生活費は完全折半。

    もしかしたらこの人だけかもしれないけど、とにかく色々衝撃すぎて本当は解散しようかと思った。
    けど父に「戸籍が汚れないとはいえ同棲した事実はちょっと調べたらわかるぞ」
    「きちんと話し合ってお前が手綱を引っ張るくらいやれなきゃ同じ目にあうぞ」と言われて嫌われるの覚悟ではっきり不満をぶつけた。
    喧嘩にはならなかったけど納得いかない感じで揉めた。
    妥協策としてトイレは彼、お風呂場は私。
    居間台所は当番制になった。
    家賃と電気ガスと水道食費は月一交代制。
    「雑費なんてむだだ」って言っていた彼だけど実際台所みてあれがないこれがないと色々買い始める。
    基本的のはあるのにちょっと高めのいいやつを買ってきてそっちを使い始める。
    トイレも汚いだのなんで壁やマットが汚いんだ!っていうので「それあんたの小だよ」っていったらショック受けてた。
    コントロールが完璧で外してないと思っていたらしい。
    絶対たっていたのにその日から座ってするようになって芳香剤や飾りに凝るようになった。トイレペーパーの減りが早いって怒るようになった。
    もう担当場所が変わるたびに雑費雑費だらけw
    人にまるなげしていた時は雑費に金をかけるな!節約しろってうるさかったので本気にしょうげきだった。

    このページのトップヘ