114

446: 名無しさん@おーぷん 2016/04/11(月)02:24:44 ID:zIc
文章下手なので読みにくいですが。

16歳のころ夏休みに5日間工場で短期バイトをした。
その時期はその業種の年に一度の繁忙期(例えばクリスマス前のケーキ工場のような感じ)で、
短期バイトや常勤のパートさん、指導係の社員さんなど、かなり工場内は人で溢れていた。

指導役の一人にAさん(当時33歳)という男性社員がいて、短期バイト集団をよく気をかけてくれていた。
33歳のAさんは16歳の私からみればものすごく大人だったが、気さくな雰囲気の人で休憩中にもたまに話していた。
その中で一度
A「◯◯(私)はいくつ?」
私「16です」
A「フレッシュだな~」
私「そうですよ~」
みたいな会話をした。

そんなこんなでバイトが終わりお給料でホクホクの夏休みを過ごしていたある日その工場から電話があり出たらAさんからだった。
2~3言普通の会話をしたあとで、突然「■日空いてる?」と聞かれ、またバイトかと思い「空いてますよ」と答えると、
「その日は俺とデートだよ」と言われた。

意味がわからず思考停止していたら、「今仕事中だから改めて詳しく決めよう。また電話するね」と言われ、最後に「フレッシュな味を食べるの、楽しみだよ」という言葉で一方的に切られた。