義父


    37

    185: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)18:53:00 ID:WbJ
    旦那親と同居だったんだが、
    義母が亡くなって百日法要が終わった頃から義父の様子がおかしくなった。
    最初にあれ?って思ったのは、しょっちゅう探し物をしてて
    「何探してるの?」って聞いても言わないの。
    黙ってあちこち、それこそ家中探してる。
    暫くしたらテレビ見てるから「見つかったの?」って聞くと無視。
    そんなことが何度かあって、もしかして認知症だったらどうしようって不安になってきた。

    そのうち夕焼けを見て「今日もいい天気になりそうだ」とか言い出してちょっと待て、みたいな。
    人間ドッグは毎年行ってて、喜寿を迎えても薬ひとつ飲んでない健康自慢の義父だったから
    改めて体の健康と認知症は別なんだと思って、今後の長い介護を思うと正直怖くなった。
    だけどそれとは別の想定外の恐怖が訪れた。

    ある日、義父に襲われた。


    932

    351:名無しさん@おーぷん2015/10/09(金)08:41:23ID:XJC
    結婚して2年後、脳溢血で倒れた義父が要介護4になった。(夫は父子家庭)
    これぐらいなら特養の順番も早く回ってくるだろうから
    それまでの間頼むと頭を下げて頼まれて、
    当時私は仕事をしてたけど在宅に切り替えることも出来たから
    私が家にいた方がいいと思った。
    が、1年経っても順番など回ってこない。
    介護は多少慣れたとは言え相手が男セイなので精神的にきつかった。
    申し訳ないけど異セイの下の世話は本当に苦痛だった。
    ある時、接待だったと夜中にお酒のにおいをぷんぷんさせて帰ってきた夫が
    「おい!ちゃんと親父の面倒見てるか!」と言った。
    「やれることはやってるよ」と言ったら
    「俺の親父だ、手ぇ抜くなよ!」とぬかしやがった。
    「そう思うなら自分でやりなよ、あんたのお父さんでしょ」って言ったら
    「介護は女の仕事だろ。あほか」と言ってグースピーzzzz
    この一件がどうしても忘れられなかった。
    酔ってる時だからこそ本音でしょ。
    この時点で離婚すべきだったのだと今なら思うが、
    結婚してまだたった2年、親が心配すると思ってしまい、
    (介護のことで十分心配かけてたし)
    心の底に爆弾抱えながらその時は我慢した。
    が、それから一ヶ月ほど経って、
    いつまでもキッチンで飲んでたので
    「お義父さんも寝たから私も先に寝るよ」って言ったら
    「女はいいなー、糞の始末だけしてればいいんだから」ときた。
    翌日家を出た。


    549

    163: 名無しさんといつまでも一緒 2007/08/04(土) 10:19:58 0
    最悪の形で不倫がバレた
    彼と一緒にいる時に義父が事故で危篤状態に
    携帯の電源切ってたから夜中まで連絡取れなかった
    私の上司にまで連絡行って大騒ぎになってしまった

    葬儀の時旦那が挨拶する時に
    父は自分の娘のようにかわいがっていた私が自分のタヒに際にホテルにいたと
    天国で知った時どんなに悔しいかと言ったらしい
    一週間経っても旦那と連絡取れないし子供にも会えない
    実家も追い出された
    もう私がタヒにたい


    90

    14:名無しさん@HOME2011/01/24(月) 17:26:08 0
    このお正月に、義父に
    「食後にお茶飲みたいな。」と言われた。だから入れてって事でしょうね。
    「へーそうなんですか。私は食後だからってのどかわきませんね。」 と、ただの会話として返事をした。

    義母がびっくりして、
    「お茶の見たいって言うことよ。お願いね。」 とフォローする。
    「何で?」
    「嫁でしょ。」


    200

    410: 名無しさん@おーぷん 2014/09/16(火)11:05:39 ID:???
    15年ぐらい前のことだが、義父が病タヒして少し経ったある日、義母から連絡があり
    弁護士さんが連絡してきて、義父が残した遺言状を読み上げるらしいから集合と言ってきた。
    そこには義父が残した遺産がひとつひとつ明記されていて、妻と子供たちにどう分配するかが書いてあった。

    男ばかり4人兄弟(夫は3番目)だけど、長男夫婦は妻が義母と折り合いが悪く
    結婚して5年ぐらい同居してたらしいがその後別居になり(私が結婚する前のことなのでよく知らない)
    妻に遠慮して長男自身殆ど家に寄り付かない状態。
    次男夫婦は夫の実家そばに家を建て、元々看護士だった次男妻は色々面倒看てたらしい。
    うちと末っ子夫婦は隣県に住んでるので年数回帰省する程度だったので
    相続について特に期待もなく、やらないって言うならそれでヨシ、
    くれるっつーもんを貰うだけと言うスタンス。
    うちと末っ子夫婦は割と仲が良いので、一緒に車で向かう途中にそんなふうに話をしてた。
    でも長男と次男に関しては、もしかしたら揉めるかもねーとも。
    案の定、義母受け取り分を除くと次男ひとりに厚く、残りはほぼ3等分という感じだった。
    (フェイクだが、割合としては土地家屋は義母、現金で次男2000万に対して長男600万、三男四男500万ぐらい)
    で、長男は同居していた5年間を持ち出して怒り心頭(よくある話w)。
    ここで弁護士さんが、

    このページのトップヘ