185

    399: 名無しさん@おーぷん 2016/05/09(月)11:48:20 ID:ZM2
    昨日の母の日の出来事
    小2の息子が「母ちゃんに花をプレゼントするんだ!」と言って自分のお小遣い持って花屋へ
    父ちゃんの手助けは無用との事
    たった一人で駅前の店屋まで行き、自分で選んでくるという初めてづくしのミッション

    親としては不安半分、子供の成長を喜ばしいと思うの半分
    ドキドキ待っていたら、得意げに花束持って帰ってきたよ!


    50

    628: 名無しさん@HOME 2012/04/09(月) 20:33:01.82 0
    今朝ニュースを見てたら
    すっかり忘れてた25年(以上)前の記憶が蘇ってきた。

    ばーちゃんの家に遊びに行った時、
    裏山で草花摘んだり虫取りしたりして遊んでた。
    ばーちゃんの家に戻って玄関開けたら
    こっち見たばーちゃんとじーちゃんが
    「ああああぁぁああっっっっ」って叫んで
    私が摘んできた花や草をぶっとばした。
    そして私を抱えて風呂場に走り、
    冷たい、やめてと泣いても残り湯をザバザバかけられた。

    289:にゃんこ速報 2009/09/24(木) 22:51:16 ID:Y1kD6NRm
    昨日見た事件。
    墓参りに行ったら、後ろのお墓に親子連れが来た。
    そのお墓にはもう供花があったんだけど、母親の方が、
    「はい、○ちゃん、お参りしようね、頭をさげて、手を合わせてね」と指導していた。
    可愛いなあ、と見ていたら、
    「じゃあ、お下がり頂戴します、ってご挨拶してね、お花いただきましょう」
    と供花から花ひっこぬいてるの。
    子供の方が「ねえ、どうして?」
    「おうちのお仏壇でも手を合わせてお下がりいただくでしょう。
    手を合わせると気持ちが天国に届くのよ。
    仏さまは形あるものは触れないから、痛む前に気持ちだけ届けてそのおあまりをいただくの。
    ここで誰も見ないまま枯らしちゃうのもったいないでしょう」
    信心深いんだかなんだかわかんない親子だなと思ったところに子供の爆弾発言。
    「だって、およそのお墓だよ。お供えした人がもう手を合わせて気持ち届けてるんじゃないの。
    だったらまた手を合わせなくてもいいんじゃないの」
    他人かよ!と内心ツッコミいれたら、母親が
    「お供えするときに手を合わせて、お下がりもらうときに下さいなって手を合わせるの。
    仏さまもたくさん気持ち貰った方が嬉しいのよ。
    さ、じゃあ、他のお墓にも綺麗なお花あるか捜しに行こうか」
    と、供花抱えて手を繋いで行ってしまった。

    一応、住職さんには報告したけど、なんかいろいろ間違った信心だだと思う。

    4:にゃんこ速報 2013/07/30(火) 10:27:20 O
    >>1おつです。
    久々に義実家いったら、まだまだてきめんだったDQN返し。

    「お花に詳しい、女らしいワタシ」がだーい好きなトメ。
    だから、植木職人を父に持つ・華道師範である私の母が嫌い。
    そんな環境で英才教育された、しかもムスコタンを奪った「嫁」の私のことはもっと嫌い。

    いつも我が家に突撃しては花を持参しクイズを出す。
    私だって花は好きだけど、この世の全ての花を知ってるわけじゃないし
    「このアジサイは何て名前(品種)だったかしら?」「このバラの原産はどこだったかしら?」
    とか、知らねーよ!

    もちろん、買ってきたトメは知ってるから、まぁ嫌みったらしくご高説をのたまうのたまう。
    「あらっ、お母様お詳しいのに知らないの~?どこのお花屋さんでも売ってるわよ~?お母様お詳しいのに~(お気に入 りのフレーズ)」
    「常識でしょ?常識!あ、ごめんなさい、私ったら、子供の頃からお花が大好きで~(以下、おしとやかトメ少女時代話の話。毎回言う)」
    見栄なのか何なのか、持ってくるお花は高級そうなのばかりだし。
    男系家族で花トークできなかったのね、あら可哀想な人ワロスワロスでスルーしてたんだけど
    やっぱり週2ペースで来られるとイライラする。アポなしだし。

    で、あるとき、鬼籍の祖父を侮辱しやがった。
    「私なんか家事をパパっと片付けて、お庭のお手入れできるのに。お庭の手入れだけで半日かけるって、お爺様、要領悪すぎじゃない?」
    職人なめんな。仕事の質が違うんだよ!
    祖父が請け負っていた日本庭園と、ベランダ菜園をそのまま路地にしたようなトメの庭と を同列にされたこともムカついた。

    このページのトップヘ