衝撃


    785b7f8b

    861: 愛とタヒの名無しさん[sage] 2013/06/21(金) 20:36:51.12
    結婚式の「健やかなる時も病める時も~」の誓いで 
    新婦が「やっぱり○○君と結婚したかった」と言い出し、 
    その○○君は新婦の事何とも思ってなかったからパニックになり 
    「新婦さんの事なんか好きでも何でも無いから!!」とはっきり言ってしまい、 
    新婦が半狂乱になり、それを何とか止めようとした新郎が殴られた

    今度は新郎がキレて「誰のためにこんなアホみたいな事してると思ってんだ!」と 
    本当は親族だけのささやかな式にしたかったのに 
    新婦が見栄張って知り合い親戚招待しまくりのチャペル式+大披露宴をしたいと言うから 
    それに仕方なく合わせた事、そのせいで現在自転車操業状態な事などを 
    聞いてもいないのに暴露した 

    更にそれを聞いて「そんな事聞いてない!」と 
    新婦家族がキレて(新婦が大見得を切っていたらしい) 
    馬鹿な事言ってる場合じゃ無いだろう!と新婦に怒鳴り 
    そしたら「私は本気で○○君が好きなんだもぉおおん」と新婦が大泣きし 
    そして○○君がまた「俺は新婦さんの事好きじゃ無い」とばっさり斬って… 

    というピタゴラスイッチみたいな結婚式についこの前出てきたよ… 
    いつまで経っても終わらないから疲れた…


    0b5b7080-s

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/08/26(日) 10:41:15.241 ID:SnjdpeOw0

    あれには勝てんわ、、、
    女「はぁ?野球やってねえの?無しやわwww男なら野球やっとけやぁw」

    女「ライン教えてとかww直球かよwふるふる5秒やってやっからその間にやれよwはい5~4~3~2~1~はいアウト~お前帰れ~」

    強すぎやろ惚れたんやが


    66a99a5f-s

    670: 名無しさん@おーぷん 2018/11/17(土)09:11:32 ID:49c
    先週の事なんだけど、あの日は小5の娘の希望で近所のスーパー銭湯に行ったの。
    温泉とか銭湯が大好きな娘は大喜びで女湯に入って行ったんだけど、何故か慌てて私のとこに戻ってきて「帰ろう!」と手を引っ張りながら言う。


    何事かと思って中を覗いてみたら、身体を洗うとこに娘のクラスメイトの男の子が立っててギョッとした。
    クラスメイトだから当然その子も5年生。
    しかもその子、知らない人が見たら中1~2と間違えても仕方ないガタイの良さ。
    子供には大抵寛大な周りのおばちゃん達も流石に警戒して避けてた。
    ああいったとこって何歳までしか異忄生は入れませんっていう明確な決まりはないけどさ、小5の、しかもあれほどガタイの良い子を連れて入るのは流石にアウトじゃないか…?
    結局、娘が裸見られるのも見るのも恥ずかしいからと言い張ったので別のスーパー銭湯に移動した。
    というか普通5年生くらいにもなると娘のような反応が大なり小なりあるんじゃないの??
    あの子もあの子のお母さんにもそういう感情はないの??


    3ac89bc8-s

    37: おさかなくわえた名無しさん 2011/03/08(火) 05:25:48.20 ID:4chaq567
    この前会社の金を下ろすため、上司と一緒に銀行へ行った 
    上司は下ろした30万円を受け取った後、うしろにいた俺に手渡し、その1秒後に 
    「大金をハダカで持ち歩くやつがあるか!」と言って俺から30万円を取り上げた 
    あのときの上司が何を思ってあんな行動に出たのかいまだに分からん 


    2beb3990-s

    167: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/13(水) 07:07:18.31
    釣り仲間のバツイチの男に去年彼女が出来た。
    今年の3月から同棲を始めた。いずれ再婚したいと言ってた。
    たまたま家へ招かれて行ったらその彼女が、三年間家出した嫁だった。


    1c1af3b0-s

    26: おさかなくわえた名無しさん 2017/01/30(月) 11:56:20.01 ID:j6og2Pul
    趣味の仲間内で「本日のコース 肉or魚or豆腐からお選びください」みたいなちょっと変わった店で飲み会やったらいい炙り出しになった 
    満場一致で魚、店側にもアレルギーの有無聞かれて幸い誰もアレルギーの人はいないってことでほぼ即決 
    問題は「本日の刺身」が活け作りだったことだった 
    そうしたらAが「残酷なので食べる気しません」って声の調子こそやさしいがキッパリといらない宣言
    そうしたらかなりの人数、特に男忄生陣は殆どが「美人の上優しいとか、Aは最高だな!」って大絶賛 
    そんな中私が一切れ食べて「美味しいよ」って言ったら今度はA除く女忄生陣が「美人で優しいAを立てるために 
    残酷で醜い女を演じるとかできた人だね!まあここの男らはあんたとAならA選ぶだろうけど!」 
    結局活け作りは男忄生陣の他は私しか食べなかったけど、趣味仲間の殆どが忄生格悪いと知って胸くそ悪かったな


    94e07d29-s

    187: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/08(月) 19:13:29.99 ID:Kug1M2LP.net
    墓場まで持ちそうにないので少し吐き出させてもらう。 
    15年前に嫁と籍を入れた。嫁はバツイチなので式はしなかった。 
    色々あって8年前に身内だけで結婚式を行った。 
    それから一週間くらいしただろうか、嫁から話があると。 
    式をした何年か前に他県に住んでいる嫁弟家族(嫁弟、嫁弟嫁、嫁弟子二人)が新築した我が家に泊まりにきたことがある。 
    その時に嫁弟に乱暴されたと泣きながら告白された。 

    嫁は自分の胸の内で納めるつもりだったらしいが、結婚式をし新たな気持ちで生活を再スタートするのに、俺を騙しているようで耐えられなかったようだ。 
    ただただ嫁を抱きしめた。 
    嫁は前の結婚の時から鬱病を患っていた。嫁の心のケアを大切にするためと、 
    嫁父嫁母が近くに住んでいて、絶縁すると負担が嫁一人にかかる可能忄生を感じ嫁弟には何も言わなかった。何もなかったように生活を続けた。 
    それから数年。 
    嫁から普通に嫁弟の話が出るようになった。 
    そして今度嫁父嫁母の老後のことについても話し合わなきゃいけないから、うちに泊まりに来るという。 
    ??? 
    乱暴されたって泣きながら告白したのは何だった? 
    嫁の中で割り切っているのかもしれないけど、俺に話してるのに。 
    いい気がするわけ無いじゃないか。 
    また何かあったらとか考えないのか。 
    ひょっとして嫁の中では何も無かったことになっているんだろうか。 
    嫁は鬱病ゆえ精神的に脆いとこがある。 
    もし自己防衛のために忘れてしまったのなら、思い出させるわけにはいかない。 
    嫁弟の話が出ようと、会うことになっても、 
    どんなに怒りの感情がおころうと、表面は平静を装って普通に接することにした。 
    もちろん警戒はする。 
    こんな想いをずっと抱えてる。 
    嫁弟の話がでた時とか強く思い出されて辛くなるがしばらくすれば落ち着いていた。 
    でも3ヶ月前に嫁父が亡くなった。 
    亡くなる前の危篤状態から葬式、その後の手続きで弟嫁が離れの家に5日ほど泊まった。 
    それから後も初盆、嫁弟嫁の入院による見舞いと嫁弟と会う機会が続いてしまった。 
    今までは少しすれば落ち着いていた不安感自己嫌悪がそれ以来止まらない。 
    それでも嫁を守るために、嫁から告白された事、嫁弟に対する怒り、葛藤は胸の内にしまったまま墓場まで持っていかなければならない。


    9341a56b-s

    749: おさかなくわえた名無しさん 2015/08/07(金) 13:19:21.23 ID:RpfDXksP
    可愛くていいなと思ったキャバ嬢と念願かなってディズニーシーへ 
    当日初めてみるキャバ嬢の私服が痛いくらい超ド派手でビックリ 
    行く途中の電車の中で「なんかいつもスレ違う男忄生が必ず私を見る」とか言って勝ち誇った顔して言ってる 
    思わず突っ込み入れたくなったけど  

    しかも電車が混んでるのにも関わらず意地でも座われる席はないかと駅に着くたびにキョロキョロ物凄く体を揺さぶりながら空く席はないか狙ってる 
    ここまでは特に冷めることはないけど 
    あまりにも前後左右動かしてみっともないから注意しようかと思った瞬間 
    鼻毛が見えた 
    これにはマジで冷めた 
    ディズニーシーに着いてもその光景が頭から離れらなくてまったく楽しめない 
    結局緊急の用事が入ったことにしてすぐに帰ることに 
    まあ相手もいつも店に来てくれるかわりに付き合ってくれたのだろうから嫌な顔もしないで承諾して 
    別れ際にこれからも店に通うことを約束して笑顔で別れた後にLINEをブロックした。


    2c326e0f-s

    539: 名無しさん@HOME 2014/07/24(木) 09:44:02.74 0.net
    25年前、家族四人で車で帰省した帰りに 
    見晴らしのいい山の上の展望台で小休憩した 
    もう日が暮れかかっていて誰もいなくて、兄と二人で遊具で遊んだ

    父が「そろそろ行くぞ」と言って、駐車所に戻りながら服をゴソゴソ 
    次第に顔色が悪くなっていく父 
    母が車を覗き込み「お父さん・・・・」と言ったきり絶句 
    父は車に鍵を閉じ込めていた 
    展望台は、自販機と東屋、遊具があるだけで無人で、公衆電話も無かった 
    当時、親は携帯を持っていなかった 
    ちなみに1月上旬だった 
    通りかかる車を待ったけど、数時間たっても車は通らず 
    屋根のない東屋で朝まで待つには、真冬の山頂は厳しすぎた 
    で、父が車の窓を割って鍵を開けた 
    山を下りてすぐの店でガムテと透明なごみ袋で窓をふさいで家に帰った 
    子供だった俺には、ずっと無言の母と、気まずくてしゃべりっぱなしの両親の間の空気が怖くて 
    このまま離婚したらどうしようと泣きそうだった

    このページのトップヘ