貯金


    750

    4: 名無しさん@おーぷん 2014/07/21(月)09:56:31 ID:SYda62s7N
    当時のスペック

    自分
    32歳
    ちょいぽちゃ
    会社経営者

    元妻
    33歳
    中肉中背
    専業主婦

    小梨

    間男
    28歳、独身
    かなり男前
    病院勤務


    私と元妻が出会ったのは私が27歳のときで、3年付き合った末に結婚した。

    離婚の原因は当初は性格の不一致ということになっていたが、離婚協議中の元妻の態度がよそよそしいのが気にかかり、興信所を雇ったら出るわ出るわ。

    私は28のときに会社を設立し、会社の経営でそれなりに法律にも触れていたので弁護士を付けずに離婚協議をしていた。なので元妻は二人だけでの協議ということでナメていたんだと思う。


    680

    326: 恋人は名無しさん 投稿日:2013/05/01(水) 04:27:56.14 ID:RsBvetspO
    無理な気がするけど、大好きだから悩んでる。
    彼とは2年間付き合っていて、1年前から2人で貯金をしていた。
    28歳の彼には、大学を卒業したての弟がいる。父親は10年前に他界。
    4月、新人研修中の弟が、出来ちゃったから結婚すると言い出した。
    母親は激怒し、反対しているらしいが、出来ているから仕方なく結婚することになった。
    そして、
    私たちの貯金が弟の結婚&出産費用に使われることになった。
    新人研修中の弟には貯金が無く、
    母親は激怒、父親は他界
    それで私たちの貯金が弟たちへ


    私は彼と喧嘩になった。
    彼は、弟の給料から少しずつ返済させるから、貯金が無くなるわけじゃないと言うけれど、
    就職したばかりで妻子を養う弟が、月々どれ位の額を返済できるの?
    私は絶望的な気分になって大泣きしてしまい、別れる勢いだった。
    とりあえず仲直りしたけれど、悲しくて眠れなくなった。

    彼の母親は働いているし、お金に余裕がある様子。
    出来ちゃった結婚を許容できず、弟を突き放すのは分かるけど、
    代わりに私たちの貯金が犠牲になるなんて…

    彼のことは本当に大好きだけど、この弟夫婦と母親とは仲良く出来そうにない
    彼とはきっと無理なんだろうけど、すっぱり別れる決心も出来ない


    642

    80: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/12/18(金) 00:56:55 ID:uKYK2aJe
    彼の部屋に遊びにいった時に突然に「お前、貯金いくらあんの?」と言われて答えたら
    「えーそんだけか~。まぁ学生だから仕方ないな」と言われカチンときていたら更に
    「じゃぁ、全額は可哀想だから40万でいいから払ってよ。」と言われた。

    いやいやいや、何の金だよと思い聞いたら


    116

    344: 名無しさん@おーぷん 2016/05/16(月)00:35:52 ID:5st
    嫁が仕事辞めたいと言い出した
    辞めて家事に専念したいという

    少なくとも、子供が出来るまでは
    共働きで貯金すると決めていただろうと反対したら、


    906(68)

    2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/05/13 00:44:52.63 ID:???
    誰もいないけど語っていこうかな。
    とりあえずスペック。

    俺 29歳
    会社員
    年収500万

    嫁 28歳
    パート
    年収 100万くらい。


    843

    55: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/15 04:56:56.97 ID:E6z+L3GK.net
    俺、27歳 恋人 25歳
    2年付き合って、結婚を意識したからプロポーズした
    結果OKをもらったんだが

    貯金がいくらあるか聞いてきた。まあ、結婚式や新婚生活に必要だから
    本当の貯金額で350万と答えた。俺も恋人にいくらある?と聞いたら貯金は0円。
    銀行残高は数万円とのこと。
    まあ、女子だし入社3年目だから給料もさほど高くないし貯金0も仕方がないかな?と思った。

    そしたら、彼女が
    結婚式はお金がもったいないから、俺の貯金で彼女の大学時代の奨学金を返済して欲しい
    ちょうど残り350万だから、丁度良いと言い出した。

    俺が、ちょっと待ってと断ると
    結婚したら、どっちみち二人のお金で返すのだから今、返しても同じこと
    返済が長引けば、利子が増えるのだから今、一括で返した方が得だと言い出した

    言いたいことはわかるよ
    でも、なんか違うと感じるのは俺だけ?


    442

    275: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 04:47:28.29 ID:PXj1icH9
    3年付き合ってきた彼女にプロポーズしたら
    生活できるだけあるのかと開口一番に貯金額聞かれた
    数年前宝くじ当って2千万資産あるけどこれ言ったら目の色変えるんだろうな
    金目当てかよと思うと一気に冷めた


    386

    909:恋人は名無しさん2014/07/28(月) 15:56:49.57 ID:0u4yymhLO.net
    大学生の頃、両親が亡くなった。

    どうにか卒業して、就職して転職して、今は建設業の職人。
    彼女は父が県議会議員、母は医者、祖父母も医者だった。

    根っからのお嬢様で、ファーストフードなんて食べたことない、
    ファミレスやラーメン屋にも行ったことがないほど。
    扱い辛い人ではあったけど、付き合っていた。
    1年ほどして、彼女の家に行った時に、親御さんから結婚の話になったが
    「職人さんでは…」

    とか

    「家柄が…」

    とか否定的な話をされた。

    彼女とはまだ結婚の話もしてない頃だったが、実質『別れなさいよ宣言』だった。


    233

    331: 名無しさん@おーぷん 2016/09/09(金)19:04:33 ID:2bN
    結婚してもうすぐ3年なんだけど、もう駄目かもしれない
    結婚前に話し合って、子供無しと家計はそれぞれが15万ずつ出し合うと決めてた
    ただ、私の収入は手取り19万で、夫の収入は多分40万以上+家賃とか株やらの収入があるみたい
    家計の中から夫婦としての貯金はしているけど、私個人の貯金は出来ないのに、夫は個人財産増やし続けてる
    家事は折半だから遠慮していたけど、とうとう我慢出来なくなって改善を要求した

    結婚前はいらないと言ったけど、やっぱり子供も産みたいし、年々仕事が体力的にきつくなってきてるから、できれば専業か、パートに切りかえたい
    それらが通らないとしても、家計の負担額は変えて欲しいとお願いした

    夫からの答えは全て拒否
    結婚前に決めたんだから守れとしか言わない
    今の生活だと何の為に結婚したのかわからないと泣いても、お前の要求通りにしたら、俺に結婚した意味あるの?と言われ、半々の負担で不満なら離婚しようかと言われた

    3年近く一緒に暮らしてきて、こんなにあっさり離婚とか口にするのが信じられない
    情とかないのかと聞いたら、相手に平気で負担押し付けるようなのに情なんてわかないと笑われた

    このまま結婚生活続けるか、離婚して出て行くか、今月中に決めてねだって……
    今32で、離婚したとして再婚出来たとして、子供は望めるのかわからない
    給料は上がる見込みないし、生活自体には困らない今の暮らしを取るべきかわからない

    にゃんこ速報:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 14:23:23 ID:iUVndmmu.net
    節約?何それ?そんなことするやつは貧乏人pgrな同期がいる。
    例えば世の中には格安データ通信業者を利用して電話料金及びスマホ料金を節約している人が多くいると思うけど、俺もその1人でそのことを同期に話すとケチくさいと言われた。
    「電話とスマホ二台持って月額料金節約してとか馬鹿じゃねーの?たった数千円の月額料金ケチるためにそんな面倒臭いことしてんの?www」だって。
    このように例に限らず、同僚は手間をかけた節約を馬鹿にしている。これが前提。

    先週、社内の飲み会で貯金の話になった。
    皆大体~くらいと暴露していったのだが同僚は俺との貯金額の差に納得がいかなかったようで「何でお前とそんなに違うん?どんなズルしたん?ズルくね?俺にも教えろ!」と真剣に言ってきた。
    単純に節約しているからと答えても「その程度でそんなに差がつくわけがない。嘘つくな!」と喧嘩腰に。
    終いには「もしかして見栄張って嘘ついた?w本当はいくら?w」とpgr。

    さすがにアホなことばかり言うので周囲が貯金額の差について妥当性を説明し始める。
    「でも、だって、それでも」などの言葉を遮られ、正論で打ちのめされていく同僚。
    意気消沈して一次会だけで帰っていった。

    そして今週、同期は朝っぱらから俺の机に来て

    このページのトップヘ