退職


    545fb81a-s

    596: おさかなくわえた名無しさん 2018/10/06(土) 12:29:20.50 ID:RwUTpRBB.net
    8年くらい片思いしてた人
    学生→新社会人→社会人くらいの時期
    学生の頃は相応にイケイケなイケメンで、新社会人になってから落ち着いた感じになって…って感じで変化の過程も含めてずっと好きだった
    何度か告白したけどはぐらかされたりで、途中お互いそれぞれ相手ができたりだからずっと好きで居続けた訳じゃないけど細く長く交流は続いてた
    30近づいてきた辺りで、その内なし崩し的に結婚とかならんかなーと思ってた

    そんな矢先に向こうは大手企業を退職した
    こりゃ結婚して私が支えるしかない!と思って会社で頑張って資格取得とかしてた
    ご飯作りに家に行ったりして今しかない!と張り切ってた

    そこから何年かたつと胡散臭男になってた
    SNSには投資とFXと仮想通貨の話題
    肩書きが代表取締役社長の名刺を何種類も持ってる(会社名は違っても住所は全部一緒)
    長期海外出張で数ヶ月単位でいなくなる
    自分がいかにお金を効率よく稼いでるからって話しかしない
    あ、なんかヤバいやつかもって思ってたけどまだ冷めてなかった。

    ある日メールしてたら今はシンガポールのホテル暮らしだという
    海が嫌いとか部屋が広いとか言うから純粋な好奇心で部屋と窓から見える風景を送って欲しいと言った
    すると時差があるからここは夜で分かりにくいとか(その時は真昼間・時差は1時間)うだうだ言われ、送られて来た画像は‘写真’を撮った物だった(反射してた)
    冷めた。
    投資もマルチもお金好きも8年越しの恋を崩せなかったのにそのしょーもない嘘と虚栄心に冷めた
    もしかしたら本当にシンガポールの高級ホテルにいたのかも知れないけど何もかもがどうでもよくなるくらい冷めた
    今ではむしろ冷めるきっかけをくれた事に感謝してる
    その後も友達として交流は続いてる
    見た目は激しく胡散臭くなってるけどとりあえず詐欺や脱税で捕まらないようにだけ願ってる


    7df2bbf4-s

    292: おさかなくわえた名無しさん 2019/08/15(木) 13:49:51.15 ID:K+q5cHNk
    現在妻時短で収入比5:2くらいの共働き夫婦
    家事育児は俺は仕事に支障が出ない範囲で出来る限りやってる
    妻の妊娠前から収入差は結構あったけど、それでも仕事にシワ寄せ行く役目は妻が主に担当してくれてるからこその今の年収差であるのは理解してる

    もうすぐ子供が3歳になるんだけど
    これ以上は子供の年齢的に妻の会社では時短取れなくてフルタイムに復帰するか退職しなくちゃいけない
    今でもお互いギリギリなのにフルタイムできるのか…?と話し合いしてるんだけど
    妻は「送りとお迎えの係は1週間交代でやろう」とか「発熱時に休むのは半々ね」とか分担方法を話してる
    退職よりもフルタイムで復帰したいらしい

    家事育児折半するには俺も仕事セーブが必須になるので出世はある程度諦めなくちゃいけない
    家事育児折半したところで元々収入差のあった妻が俺と同等に稼げるとは思えないけど
    それでもトータルでは妻がパートや専業になるよりは正社員二馬力の方が世帯収入アップするだろうから、俺は家事育児折半の共働きでも構わない

    でもそれはつまりそれだけ妻も仕事を辞められなくなるってことなわけで

    「そんだけ分担するなら俺も今後昇給厳しくなるよ。むしろ今より減るかも。定年まで共働き必須になるけど良いんだね?」って言った時のゴニョゴニョした反応…
    こんなんじゃ不安過ぎてとてもじゃないけどこっちの仕事セーブしようと思えないよ…


    8049dd41-s

    674: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/08/13(火) 09:15:11.33 ID:Uc/xcbhM0.net
    小梨30代前半夫婦
    数ヶ月前に嫁が婦人系の病気になって入院した
    嫁は俺の7割くらい稼ぐ共働きで家事分担してたんだけど
    その病気した後で仕事復帰はキツイと嫁が言って(俺は仕事辞めるの反対だった)半ば強引に退職
    現在嫁は小梨専業主婦

    リアルでは言えないけど、もう嫁の体では妊娠出産が無理なんだからせめて共働きして欲しかった
    「子供産むから専業主婦」ならまだ分かるけどさ
    俺に寄生する気満々かよ、と

    俺としては強引に退職されたのとかその他色々あって気持ち冷めたから別れたいけど俺と別れたら実質詰む嫁が必タヒで縋り付いてきてキツイ
    サッサと別れてくれれば俺はまだやり直せる可能忄生があるのに


    330fe153-s

    94: 名無しさん@HOME 2019/08/17(土) 19:37:09.05 0
    【相談用テンプレ】
    ◆現在の状況 嫁が仕事を勝手に辞めてしまった
    ◆最終的にどうしたいか すり合わせが出来ないなら
    離婚すべきであるようなする


    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)30代前半・会社員・650万程度
    ◆配偶者の年齢・職業・年収(手取り額)30代前半・無職・前職は300万程度
    ◆家賃・住宅ローンの状況 会社の家賃補助ありで自己負担額3万円、
    10万弱の物件に住んでる、住宅ローンはありません

    ◆貯金額 家庭の貯金額300万程度
    ◆借金額と借金の理由 無し
    ◆結婚年数 5年
    ◆子供の人数・年齢・忄生別 なし

    ◆親と同居かどうか 別居
    ◆相談者と配偶者の離婚歴、あればその理由 ない
    ◆離婚危機の原因の詳細(長くなっても思い付くものを全て書いて下さい)
    次レスに続きます


    28a94c4b-s

    796: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/29(水) 16:21:43.33 ID:n/h1ULxc.net
    昔居酒屋でバイトしてた時に、清楚系のお人形さんみたいなキレイと可愛いを兼ね備えた子が居て一目惚れした
    ただ、仕事面では全然ダメ!居ても迷惑しかかけない!
    ドジ、ノロマ、鈍臭いの三拍子で、普段も他人と距離を置いてる感じで、たまに口開いたと思ったら
    のっそりのっそり検討違いの事を喋り出すんで、瞬く間に女忄生陣にはめちゃくちゃ嫌われ
    男忄生陣には最初「超可愛い子」で有名だったけど、「付き合うのはねーわw」って感じになってた
    お近づきになりたかったけど、彼女と話すと周りから白い目で見られるんで、なかなか…
    結局彼女は、女忄生陣にイジメられてたみたいで、辞めてしまった
    辞める際になんとか連絡先はゲットしたけど1、2回やりとりしたくらいで
    その後は返信は来ず…時間置いて連絡してみたら、完全に連絡とれなくなってしまってた

    それからしばらくして、俺も居酒屋を辞め転職
    某携帯会社の派遣スタッフとして、某電気屋に入ったら
    なんと彼女が居た(彼女は俺とは違う携帯会社の社員だったか契約社員だったか…)
    居酒屋で働いてたときとは違い、周りのスタッフに物凄く慕われてるようだった
    彼女も楽しそうに働いてて、居酒屋にいる時は暗くてミステリアスな雰囲気だったのに、随分と明るく社交的な感じになってた
    そして、意外な事に、彼女めっちゃくちゃ売るスタッフらしい
    (トロくて、ドジなのは相変わらずで、よく登録ミスとかするらしいけど)


    5f763164-s

    192: 可愛い奥様 2019/08/11(日) 09:45:40.94 ID:Z+y8X+rW0
    どなたかご意見下さい。

    結婚7年、子梨、旦那40代 私30代です。
    旦那は2年程鬱を患っており、長期休職の末
    今年の初めに退職して現在無職です。


    (元々共働きで別財布だったので旦那の収入が頼りの生活
    というわけではなかったです)

    それまでもしんどかったのですが、2月に
    平日だけ実家に帰ってもらうちょっと変わった別居を始め、
    少しは私の精神的負担も軽くなりましたが、

    それでも色々な積み重ねで我慢の限界がきて
    春に私から離婚を切り出しました。

    それから旦那の鬱が加速し、平日がきても帰らず
    アパートに居座ったりと今度は私が参ってしまいました。

    結果、実家に帰ってないならあなたが寝た頃に帰ります
    と言って仕事終わってから外で時間を潰したりして
    家に帰らなくなりました。


    3ed877f9-s

    789: 名無しさん@HOME 2019/06/01(土) 09:07:40.18 0
    専業主婦になれば家事は嫁一人で出来るだろうが、育児を任せられるかどうかどこで判断し信用して子作りしたら良いのでしょうか?
    一度不信感が芽生えたら離婚しかないのでしょうか?

    ◆最終的にどうしたいか
    俺の譲歩として、専業主婦でも構わない
    しかしその場合は家事育児を任せたい
    できないなら子供作る前に離婚したい

    ◆相談者の年齢・職業・年収
    28歳、正社員だが基本給は少なく仕事量や時間に応じた手当が大きい自営業や時給バイト的な面が強い仕事、450万

    ◆配偶者の年齢・職業・年収
    27歳正社員OL年収は400万
    今後昇給はほとんど見込めないが産休育休やその他の制度しっかりあって働く母親に優しい職場


    518d6b06-s

    542: おさかなくわえた名無しさん 2019/06/19(水) 00:48:56.93 ID:+epYWvz5
    愚痴 
    結婚失敗したな~て思う 
    あるあるなのかもしれないけど子供が出来て仕事やめたら旦那の態度がかわった 
    専業なんだから~とか俺が稼いでるんだから~とか言うけど
    私も寝不足だし料理も子供見ながら何品も作れない 

    自分が幼稚園に入れるまでは子供に付きっきりでいて欲しいって言うから辞めたのに
    て言い返すとじゃあ交換する?て言ってくる 
    だから交換しよう私復職した方が年収いいしって言ったら
    俺の立場は~地位は~てぐだぐだ言う
    子供ほしくて結婚したからもう離婚でいいんだけどそれもごねる
    どうしたいのかわからん
    こんな話の通じない人じゃなかったんだけどなぁ


    52fbb2e2-s

    904: 名無しさん@おーぷん 19/06/28(金)03:52:18 ID:9ZI.bm.gb
    結婚して、妊娠して、体調崩して、それでも家事やって、食べて、吐いて、
    無理やり食べて、肩首頭痛に耐えて、毎日通院して、点滴して、買い物して
    家事して、出血に怯えながら懸命に赤ちゃん守って、命削って、やっと出産して、
    体ガタガタで、睡眠不足で、偏頭痛もひどくて、家事もおろそかで、

    それでも赤ちゃん育てて、役所まわって、病院連れて行って、
    自分の病院通いはできなくて、合間になんとか家事やって、
    寝られない生活に頭がおかしくなりそうで、そんなときに保育園入れなくて、

    退職せざるを得なくて無職になって、赤ちゃん抱えて、1人で辛くて
    泣きながら育児して、家事して、
    そうしたら夫から離婚届突きつけられた
    共働きの条件で結婚したのに仕事を辞めたから、契約違反で離婚だって

    こんな夫、こっちから願い下げなのに、今の私は心も体もボロボロで、
    それでも育児しなくちゃならなくて、
    今の私にお金を稼ぐ体力なんかなくて、
    そもそも赤ちゃん抱えて働く場所もなくて

    こんな男にも惨めに縋ってお金を恵んでもらわないと生きていけない
    親権奪われて離婚されたら、すぐ入院しろと言われてる体では
    私の生きていく糧すら稼げない
    なんて惨め

    地に這いつくばってでも夫に縋りつかないと生きていけない
    こんな非道な男の機嫌を取ることでしか、私も子供も今
    生き延びる術がない
    なんて惨め


    78c6350b-s

    543: 名無しの心子知らず 2008/12/08(月) 10:29:54 ID:HJTU67XL
    昨日、夫のダウンコートを買いに夫・三ヶ月赤と一緒にユニクロに行った。

    私が「私もこれ買おうかな・・」と言ったら
    「え~、外出ることもそんなにないし、今までの(7年前に買ったやつ)でいいじゃん
    いらないだろ。早く会計済ませて帰ろう」
    とさっさとレジに並んで自分のものだけ買ってしまったので帰宅した。

    家に帰って、私は赤の着替えやら荷物の片付けやらでバタバタしていたら
    夫が「おい、洗面所の電気つけっぱなしじゃん」とグダグダ言い出した。

    言い訳すると、手を洗ったあと、またすぐ洗面所に行く用事があったので
    そのままにしていただけ。
    それを言うと「言い訳するなよ!もうお前いい加減にしろよ」と
    吐き捨てるように言う。

    何か手伝ってもらおうとするとすぐ
    「おまえずっと家にいるんだからそれくらいやってよ」

    結婚10年目だし初出産だしで
    「何か記念になるものが欲しいな」と言った時も
    「お前記念日女?どうしても欲しいなら勝手に自分で買えば?」
    (明らかに嫌そう)
    なんか空しい・・

    ユニクロのコートくらい、どうして「いつも育児頑張ってるし、
    好きなの買えよ」と言えないんだろう。

    思ってないからだろうね。
    夫としては「仕事しなくて家にいられて羨ましい」が全てみたいだし。
    何を言っても
    「なら俺仕事辞めるから、お前仕事して養ってくれる?
    俺はお前が羨ましいよ」。

    このページのトップヘ