離婚

    413:にゃんこ速報 2014/01/28(火) 00:43:49 0
    悪夢のような半生を吐き出す
    スレチならごめん

    元夫は優しい人だった
    夕食を食べながらいつもさりげなく「美味い」
    弁当を作った日は「ありがと」と言って出勤して行った
    休日の買い物はいつも付き合ってくれて荷物も当然のように持ってくれた
    私が仕事で遅くなり元夫が先に帰った日は風呂の用意を済ませ
    料理までは出来なかったけど直ぐに料理が出来る様に準備していてくれた
    皿洗いも時々してくれた。ゴミ出し当番もやってくれた
    結婚記念日や誕生日には他愛の無いものとは言え必ず何かを買って帰って来てくれた
    お金も全部私に任せてくれた

    私は当然の事だと何の感情も抱かなかった。完全に感覚が麻痺していた
    私はそんな優しい元夫をこっぴどく裏切った

    700:にゃんこ速報 2017/01/20(金) 01:23:10 ID:omxgfKZP.net
    初めまして!
    初めて投稿致しますので、伝わりづらかったからごめんなさい。
    当時
    私、19歳で実家の手伝い(おばあちゃんが美容師)
    元旦那、34歳でトラック運転手、バツ2、レオパレス暮らし。とある場所で知り合い付き合う結果に
    当時は、物凄く優しかったです。
    元義母とも会うという事になり、菓子折りを持って会いに行き、優しい元義母。(しつこいから嫌いでしたが)
    がっ!!!!1年付き合って妊娠発覚し、デキ婚へ。悪阻が酷く、臭いのする物全てダメな勢いで吐いてました。ご飯がまったくもってダメで、食を口にする事が出来ませんでした。(年中点滴)
    そしたら一気に元旦那が変わっていきました。
    たかが妊娠なのに、家事もろくにできない。
    ご飯が手抜きで不味くなった。
    こんなのご飯と言わない。
    ろくなもんも作れないでクソ嫁が。などなど
    ちなみに、掃除洗濯まであら捜ししてきました。
    普通4時になったらカーテン閉めろよ。
    洗濯物(まだ乾いていない)いつまで干してるの?
    フローリングの溝が汚い。冊子が汚い。
    俺のプラモが埃被ってる。
    お前それでも母親になるんだろ?などなど…
    ちなみに元旦那と喧嘩すると、6時間~8時間くらい電話で話されます。
    お前は何もわかってない!!!
    って言われて同じ話を永遠と…
    そんな中でも子供が産まれる嬉しさの方が勝ってて、泣きながらも耐えていました。
    ですが、あまりのストレスでよくお腹が張るようになり、とうとう出血。
    流産の危険があるとの事で入院へ。
    ですが、私が入院中もお見舞いにも来ず、飲み歩き。
    そしてたまたま付けてたニュースのインタビューで元旦那写り、酔っ払って「独身人生イェーイ」って叫んでましたよwww
    もー怒りでまたイライラしてたら、また出血…
    テレビも見ない様にしました。
    まぁ1週間で退院しましたが、元旦那が「寂しかったんだよ?」と(笑)

    866:にゃんこ速報 2016/02/25(木) 11:51:39 ID:q46
    元旦那に女子供を養う気はないと言われた。
    三つ子の男の子を妊娠したが、経済的にも余裕があったし義母と同居、更には実母が近くにいてくれる状況だったので生むことは決まっていた。
    しかし実際産まれてみると元旦那ら息子らを邪険に扱うようになり義母も私も激怒。
    元旦那がいなくても人手があったおかげで余裕をもっていたのが気に食わなかったんだって。
    昔の女は一人で何人もの子を育てていた。三つ子くらいなんだ、一人でやれよ情けない!とグチグチ。
    その時に女子供を養う気はない。人生においてこんな無駄な事はないと言っていた。
    なら何故結婚した?子作りした?そんな疑問も屁理屈で言い返して、こちらの気持ちを不快にしていく。
    義母は情けない情けないと泣きながら離婚を勧めてきた。
    私の職はがっつり稼げる。完全に元旦那に寄りかかっているつもりはなかった。

    490:にゃんこ速報 2015/12/20(日) 21:00:05 ID:CL4
    ずいぶん昔のことだけど、この季節になると思いだす修羅場。
    夫(今は元夫だけど、当時は)が外に女を作って、家に帰って来なくなった。
    今ならさっさと別れる知恵も社会状況もあるけど、当時は
    「私のどこがいけないんだろう」「いつかあの人の目が覚めてくれるだろうか」とシクシクメソメソ。
    娘は小学1年生、「パパはお仕事が忙しくてなかなか帰って来られないんだよ」というのを信じて
    たまに夫が顔を出すと、すっとんで抱きついていた。

    12月も20日を過ぎた頃(つまり今頃)、夫に離婚を切り出された。
    夫は転勤族で、結婚してから2、3年ごとに赴任先が変わっていた。
    なんと不倫女とは前の赴任先からの付き合いで、今の赴任先に連れてきていた。
    次の赴任先にはその女と2人で行きたいから、離婚したいという。
    目の前が真っ暗になった。

    タヒのうと思った。妙に律儀に、年内にタヒのうと。
    でも娘をどうしよう。夫に渡すくらいなら…。
    学校が冬休みになり、「パパは忙しいから、ママと2人で旅行に行こう!」というと喜ぶ娘。
    へそくりとか独身時代の貯金とかを持って、当てもなく旅に出た。
    当てはないと言っても、気持ちは固まっていた。
    一面の真っ白な雪景色の中で…。
    書いていて、若い自分があんまりバカでがっかりしてきた。続きます。

    にゃんこ速報:名無しさん@おーぷん 2018/01/06(土) 13:25:35 ID:j5i
    正月に義実家で旦那が従姉と致していた

    つい数日前の出来事。
    まだ色々テンパっているので乱文+説明不足な点があったらごめんなさい。

    当方、一昨年の暮れに結婚した新婚嫁。
    ウトメとコトメとも良好な関係を作れていて、28日から義実家に連泊させてもらっていた。
    義実家は大ウトメさんたちが同居していて、大トメさんが元旦生まれってこともあって親戚中が集まった。
    義実家は二階建ての大きい造りの家で、私家だけでなく遠方から集まった親戚は義実家に泊まっていた。
    そのなかに新年早々盛っていた従姉もご主人と子供たちを連れてきていた。
    元旦は朝から酒宴であまり酒に強くない旦那は早々に酔っぱらって二階で休んでいた。
    私は酒宴に参加しつつトメさんとコトメと一緒に料理の追加を作ったり、大トメさんとカラオケでPUFFY歌ったりしていた。
    (大ウトメさんの趣味がカラオケで、自宅に一式ある。)
    ウトさんが孫(コトメ子)とデュエットしていた時、突然コトメの怒鳴り声が二階から聞こえた。
    カラオケ+総勢50人弱の親族がわいわいやっている音よりも大きな声だった。何事かとトメさんと私を含む数人(従姉父含む)が二階にあがっている間も怒鳴り声は続いていた。
    で、掃除機を振り回して件の二人を殴りつけているコトメを見つけた。
    旦那も従姉もまっぱだか。(以下サルども)

    一瞬で酔いが醒めた。
    それからは修羅場。平凡に生きて来た人生で、まさかこんな出来事に遭遇するとは思わなかった。
    従姉の父とトメさんがその場でサルどもを殴った。サル語で言い訳じみたことを言っていたけど、コトメがきっちり合体していた瞬間を目撃していた。
    (旦那のアレには近藤さん)
    ネ果のサルどもを数人がかりで一階に引きずっていって、ことの顛末の説明と新年の祝いと大トメさんの誕生日を台無しにして申し訳ないと謝罪して、酒の勢いもあってこ○しかねない勢いでリンチと説教。騒ぎに子供たちが泣き出し、数人の女性陣が連れだしていた。
    私もかなり興奮した口調で二人を責めたけど、自分が何を言ったのかよく覚えていない。聞いた言葉も言った言葉も覚えられないくらい頭の中がまっしろだった。
    何も考えられないまま近隣の親戚宅に一晩ご厄介になって、西日本と東日本の距離を次の日に私両親と弟が迎えに来てくれました。

    両親と弟の顔を見て泣きました。
    それまで現実味がなかったというか、情けない話ですが悪い夢でも見ている気分で何も考えられませんでした。
    実家に帰って帰路にもらったらしくインフルエンザでダウンして、そのまま昨日まで寝ていました。
    その間、トメさんから連絡があり、あのサルどもの仲が酔った一回の過ちではなく、もう何年も続いた不倫だったこと、従姉夫婦が離婚に向けて動いていること、私も離婚を希望するのであればできる限りの保障をする等の話がありました。
    サルどもは最初、酔った勢いで一回こっきりだと言っていたし、旦那からのメールでもそう書かれていたので、半信半疑ながら信じたかった気持ちを裏切られた気分です。
    元旦に親戚の追及に旦那はシラと切ろうとしたみたいですが、従姉のほうが途中から開き直って逆ギレして最低でも5年は続いた仲だと自爆したようです。
    (まっぱだかで合体していた写メをコトメから証拠としていただきました。)

    私が復調し次第離婚します。
    仕事を持っているので生活に困ることはないのですが、離婚の話し合い+新居探し等があるので新年早々こんなことを上司に相談して休みをもらいました。
    正直、書き込んでいる今でも悪い夢を期待している自分がいて、何から手をつけていいのかわからずに書き込みました。
    新年早々気色の悪い文章を投下してごめんなさい。
    友人にこんな話はできなくて、誰かに聞いてもらいたくて書き込みました。

    10:にゃんこ速報 2016/03/06(日) 09:54:07 ID:RNa
    物静かでいつもニコニコしていたわが母が
    元夫に「こ○してやる!」と飛びかかった時が衝撃というか修羅場というか。

    夫が元夫になったのは、嫁いびり放置で私が病んだから。
    姑にやられた事は大したことないんだけど、アポなし訪問、作ったごはん強奪、
    元夫から合鍵もらって家探し(私の物だけ。夫の物はしない)
    嫌味、罵倒、携帯に罵倒満載の留守電を一日に何件も残す等々。
    元夫に訴えたが「それくらいいいじゃんw」で全部スルー。
    約一年で病んだ。
    今思い返すと当時は自分を病んでると思ってなかった。
    ある日、元夫が何かこっちに言った時「それくらいいいじゃんw」て言葉がスラっと出てきた。
    そしたら元夫が凄くビックリした顔をしたので面白くなって、以後ずっと
    元夫が何を言っても「それくらいいいじゃん、それくらいいいじゃん」て繰り返し続けた。
    ふざけてんのか!と怒鳴られても、ニヤニヤしながら「それくらいいいじゃんw」
    と言い続けた。
    元夫は最終的に気味悪がって近寄らなくなったけど
    元夫に対してはもうその言葉しか出てこなかったから言い続けた。
    姑は「キチ外、出て行け、ヱッタ!」と留守電わんさか。
    でも私が病んでたから同じく気味悪がってアポなし訪問は減った。
    その代わり窓の外から泥投げられたりした。
    私は泥掃除しながら「効いてる効いてるw」とか思ってた。病んでる自覚は全くなかった。
    不思議なんだけど、元夫と元姑以外には普通に対応できて
    仕事も特に問題なくこなせていた(事務で6割ルーティンなせいもある)。
    当時の同僚いわく「テンションが高くておかしかったけど、すごく上機嫌なんだと思ってた」だそう。
    一カ月くらいその状態が続いて、ある日親戚が果物を届けに来てくれた。
    親戚は私を見てギョっとした顔して、「何か辛い事があった?」と聞いてきた。
    覚えてないけど、私はすごくテンション高く返事をしたらしい。
    親戚から親に連絡がいって、翌日の夜、アポなしで両親が来た。

    120:にゃんこ速報 2016/12/21(水) 23:11:53 ID:X1r
    もう済んだことなので愚痴です
    正社員共働き、旦那の社宅に住んでた頃
    ある日仕事の昼休みにトイレでの嘔吐が止まらなくなった
    家事は私がしてたので、旦那に「しんどくて夕飯作れなくなったから買ってきて」とメールした
    速攻で「残業だから無理。作らなくていいから買ってきて」と帰ってきた
    「吐いてるのに無理だよ」と送ったけど返信は待てども待てども来なかった
    胃を空っぽにして吐き気をこらえて早退
    近所のお弁当屋さんに電話で一人分予約してたらまた気持ち悪くなり、水を飲んでまたトイレでひとしきり吐いた
    三時間はトイレに篭ってた
    トイレで少し意識が飛んで、目が冷めたら19時半、弁当の予約時間から一時間も過ぎてた
    マスクを二重にして袋を持って牛歩の歩み私でお弁当を取りに行った
    帰り、社宅仲間と帰宅する旦那と鉢合わせ
    社宅仲間に「えっ、今晩弁当っすかw」と言われたけど、口を開いたら吐きそうで黙ってた
    「愛想悪」と言われ、社宅仲間は旦那に別れを告げて先に行った
    旦那は私に「お前挨拶しろよトロいな。ソレ俺の飯?」と私の手から弁当だけ奪って先に帰った
    その後自宅に戻るともう限界で、玄関からトイレに直行してこもった
    苦しくて泣きながら吐いた
    気づいたらトイレで気絶してたらしく、扉を叩く音と女性の声で目を覚ました
    扉をあけると、旦那と姑がいた
    旦那は私を見て「ほら出てきた。ガキみたいに拗ねてんだよ」と吐き捨てたが、姑は私を見て真っ青
    「救急車呼びなさい!」と叫び、ポカンとする旦那を張り倒して姑が救急車をよんでくれた
    「寝てただけだろ!?」「こんな顔色の人間がいますか!?」「は?普通じゃん」「このアホンダラぁ!!」
    と旦那と姑のやりとりだけ耳に残ってた

    救急車に運ばれたとき、私の顔色は真っ青を通り越して土気色になっていたらしい
    原因は過労と急性胃腸炎だったけど、夏場だったので脱水症状でタヒにかけていた
    姑がいなかったらトイレでタヒんでたかもしれない
    点滴して検査したら、内蔵に異常が見つかって二ヶ月の入院
    二ヶ月後に体調が戻らず、転院してまた二ヶ月の入院
    一時帰宅したら流しからドブの匂いがしてコバエが沸いてゴミが溜まってた
    何もする気が起きなくて病院に戻ったら、後日旦那が
    「なんで家を片付けてくれなかったんだ」と離婚届を持ってきた
    「働いてないんだから俺に離婚されたら困るだろ」と笑って言われた
    記入して取りに来るのを待っていると、姑が札束を抱えた旦那を連れてやってきた
    札束を渡されて謝られ、離婚届を渡したら考え直して欲しいと言われ、姑に往復ビンタを喰らってた
    入院中に無事に離婚が成立したが、旦那が姑の目を盗んで連絡を入れてくるのが不愉快
    「また一緒に働いて一緒に家庭を築いていこう」だって
    家庭築いてたの私だよね
    私がなんで過労と言われたのか理解してないのかな
    馬鹿すぎて実家に届く手紙が目障りで不愉快で気持ち悪い

    このページのトップヘ