DQN返し


    425

    07/10/07
    義実家の癌、tome。

    1.人目のない所で《よくもうちの子をたぶらかして!このあば○れ!》と罵り引っ掻き物を投げる。
    《妊娠したぁ!?いつやったのよ!その時息子は出張じゃなかったぁ!? やっぱり金目当ての偽装結婚だったのね!?おろせ!今すぐ病院行くわよ!》と私を無理やり車に押し込む。
    (トメに蹴り入れて交番へ駆け込みトメ確保、呼び出されたウトや夫の前でマヤるトメに事態はうやむやに)
    ※それ以前トメから基礎体温や排卵予定の表の提出を請求されていた(無論スルー)。ちなみに夫の出張は一泊二日の超短期。
    2.こんな事をしといて義父や夫、夫兄弟の前では《あー♪嫁子ちゃんの髪いい匂いするぅ♪》とクンクン。
    《最近の若い子は発育が違うわねぇ♪ウエストor脚or腕なんてこーんな細いのに胸は大きいなんて羨ましいわぁ♪》と各部位を触る。執拗に。
    そして会う度繰り返す(スルーor拒絶or驚いた勢いにみせかけ頭突きやらグーパンやらの打撃反撃)

    3.生まれたて子供にDNA検査を要請(無論スルー、余りに執拗だったので適当に理由つけてウトメ夫、3人のサンプル貰って検査。結果はウトがパパンじゃない夫は誰の子?みたいな感じ)

    まぁ長くなるのでここらで止めます。
    トメは息子達との関係もそんなによろしくなく、会うのは専らウト関連の用事や年始、冠婚葬祭程度。
    結婚前は無関心というかネグレクトな母親がこんな事になって夫は混乱。夫兄弟も混乱。
    そんな感じの結婚生活。

    まあアホなトメだし疎遠っちゃ疎遠なんで適当にやり返して
    pgrしつつ夫にあんたのかーちゃん変人?と愚痴ってたが
    夫がウトの子じゃないと判明したんで部外者ながら問題提起。
    夫の精神的ショックも甚大になるので迷いはあったが。

    まず夫に、次にウトに全て正直に打ち明け、念の為と言うか
    前々から妙な感じがしていたので夫の姉、弟、妹にも説明の上DNA検査を受けて貰った。
    結果全員ウトの子ではない。
    かといって全員完全な兄弟関係でもない。


    96

    275:
    1/2 2011/12/25(日) 22:04:36.74
    流れを読まずに、人生初の(ぷち)DQN返し。
    ぷちの割には長文でごめん。

    私と旦那はゲーム好き、近距離別居トメはゲーム嫌い、ウトは鬼籍。
    私夫婦は共働きで、ゲーム代はそれぞれの小遣いをやりくりして出している。
    ゲームをするときは、大体その日の家事を全部終わらせて、翌日に響かないよう、軽くプレイするだけ。

    トメは合い鍵こそ持ってないものの、私の休日にはほぼ毎回凸してくる。
    そしてリビングや寝室にしまってあるゲームを探し出す。
    毎回しまう場所を変えても、探し出す。

    「まーだピコピコ(ゲームのこと)やってるの? そんなだから子どもができn(ry」
    (↑それなりにいちゃいちゃしてる。夫婦ともに不妊じゃない。単に運が悪いだけ)
    「ピコピコばっかりしてる嫁の料理なんて、まずい(ry」
    (↑炭か生か濃すぎるものしか出さないトメよりは、マシなつもり)
    「旦那ちゃんのお給料から、こんな無駄な物買うなんt(ry」
    (自分の給料から出してるんだけど)

    いい加減うざったいし、大食いのトメへの昼食代もばかにならないし、()内のことを、私から何度言っても、旦那からきつく〆てもらっても、理解してもらえない。
    そこで、旦那の許可を得て、ぷちDQN返し決行。

    437:にゃんこ速報 2013/09/24(火) 16:56:28 0
    今思い出したけど、ナチュラルにDQ返ししてたかも?
    結婚当初同居だったんだけど、夫もトメもコトメもセ□リ嫌いだったんだよね。
    でも私の大好物で、生産地の友人から送ってもらってたの。
    匂いが嫌いらしかったんだけど、当時交互に夕飯担当してたから
    セ□リの料理作ってたの、「こんな美味しいもの食べれないなんて夫君かわいそう!
    みんなも好きになるように私がんばる!!」って今思えばクソトメ思考過ぎた。

    お陰で夫はセ□リを生でポリポリいけるようになった。
    食事は各自で用意しましょうとなった。
    色々あって、今は新幹線の距離になったしセ□リのお陰かも?

    にゃんこ速報:名無しさん@HOME 2011/10/14(金) 13:59:41 O
    コトメとコトメ子にしたDQ返し。
    連休中に旅行に行く予定がコトメが「一緒に連れてけ」車に勝手に乗り込んで便乗してきた。
    旦那がブチ切れても車から降りようとしない。仕方ないから「往路だけ」車で載せて行って、現地でまいてやった。
    コトメとコトメ子は迷子になって買い物の大荷物を抱えて右往左往。電車の乗換も分からずふらふらで帰宅したらしい。
    私達は現地でお泊まりプランだったから、それを知ったのは帰宅後。コトメとコトメ子は着拒してたから快適に過ごせました。

    このページのトップヘ